社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


第36回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。

昨日は第36回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。

テーマは「アイヌの生活文化から現代の北海道人が学ぶ知恵」でした。
講師は財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構のアドバイザー貝澤文俊さん。貝澤さんは二風谷生まれです。

アイヌ思想では霊や神が重要。
万物にはカムイ(=神)が宿っていると考えました。
イオマンテ(ヒグマなどの動物を殺してその魂であるカムイを神々の世界に送り帰す祭り)やオプニカ(霊をシカの魂を神の国に送る儀式)があります。人が死ぬ時はその人の生前使っていた茶碗のかけらなどを一緒に埋葬するそうです。
P1010213.jpg

貝澤さんは普段はエコツーリズムのガイドとして山歩きをすることが多いそうです。アイヌの方は山に入る時、米や麦などのお土産を持っていくそうです。また腰にひもを巻き山の悪い神(ウエンカムイ)を追い払うのだそうです。悪い山の神がついてくるので呼び合うのに人の名前は呼ばないそうです。
P1010212.jpg

アイヌの主食はサッペ(サクラマス)、チェプ(サケ)などの魚なので川の近くに住んでいました。
アイヌの人はひもを作るのにオヒョウニレやシナノキを使いました。木の皮を剥ぎその繊維をよってひもをつくりました。ちなみにカラマツはもともと北海道にはなかったそう。
P1010214.jpg

P1010215.jpg

P1010222.jpg

P1010220.jpg

P1010221.jpg

このひもはチセという家の屋根を葺くときに使いました。ちなみにチセは掘立小屋ですが、土に接する部分には腐りづらいドスナラやハシドイ、エンジュなどの木を用いました。また、チセにその原理が多用されている工法として「三脚」があります。3本の木を組み合わせて1tの石を持ち上げる強度にできます。

昨日はアイヌの薬(ちなみにアイヌ語で薬はクスリと呼ぶそう)のいくつかを紹介していただきました。朝鮮五味子(レプリハ)、ヒトリシズカ(イネハム)を煎じたお茶をいただきました。レプリハは神経痛に効くそうですがなかなか刺激的な味でした。アイヌの中で特に大事な植物はアイヌネギ(キトピロ、行者ニンニク、プクサなどいろいろな呼び名があります)。魔除けや薬に使いました。
P1010219.jpg


P1010217.jpg

アイヌネギは当別にも沢山ありますが、種が落ちてから一枚目の波が出るまでに4年かかります。その葉が4枚になるのが7~8年目。ですからアイヌネギをとるときは4枚葉のうちの2枚をとるのがよいそうです。

P1010224.jpg

最近、有名になっている「イオル」ですが、はじめてその意味がわかりました。「イオル」とは衣食住から儀式まで、生活に必要なものをすべてまかなう領域のこと。川の支流が一つの「イオル」を形成していたそうです。「イオル」の考え方は現代人にとっても循環型暮らしを考える上で重要なヒントになりそうです。

ということでアイヌの自然を敬い、謙虚で素朴な暮らしぶりと比較すると、我々がいかに自然に対して横暴な振る舞いをしているのか・・・と反省させられました。

さて、次回のまちなか暮らし研究会~エコ編~は

日 時:2011年1月26日(水)18:30~20:00
場 所:札幌市豊平区豊平7条8丁目1-15 NPО法人 手と手 カフェ 「パーリッシュ」
テーマ:「これがピクルス!」
講 師:野菜ソムリエ 長谷部直美さん
参加費:500円
申し込み:辻野建設工業㈱営業中野まで0133-23-2408(電話)n-tomo@tsujino-gr.co.jp(メール)

です。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索