社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


第34回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。

昨日は第34回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。
テーマは「食品の加工と保存方法」
講師は地方独立行政法人 北海道総合研究機構 産業技術研究本部 食品加工センター 食品技術支援部長 錦織 孝史様でした。

P1000715.jpg

P1000716.jpg

P1000717.jpg

冒頭に食品加工研究センターの業務内容をレクチャー頂きました。
北海道の食品製造加工出荷額は2兆1000億円もあり、今後、北海道は競争力を持った道産食品の創出を図る予定です。
平成19年度に食品加工研究センターを通じて実用化になった商品の出荷額は76億円程度。主に加熱水蒸気処理技術、植物性乳酸菌利用技術、発酵技術、酵素利用技術が使われています。
例えばその中にはニンジンジュースを保存するために乳酸菌を使ったり、卵を産み終わった鮭を酵素処理、煮熱処理によって削り節にする技術、乾燥酵母による酒造が含まれています。

P1000725.jpg

フリーズドライ技術を使い様々な商品開発をする浦幌の事例が興味深かいものでした。

P1000727.jpg

イチゴをフリーズドライにしまわりにチョコで固めたお菓子、野菜や具を即席麺やお茶漬けにする事例紹介がありました。

P1000728.jpg

P1000729.jpg

P1000730.jpg

P1000731.jpg

P1000732.jpg

その他、フリーズドライは最近、野菜を粉にして健康食品に使われることも増えています。

後段は薫製の話題がありました。
錦織さんのお薦めの薫製はホタテです。簡単な方法はホタテに下味を付け、茹で、フライパンの中にチップを入れその上に網をかけホタテを並べフタをする。カセットコンロなどで3時間ほど熱するとすばらしくおいしいホタテの薫製が出来るそうです。

薫製が食物の保存性を高める理由は煙に含まれるアルデヒド類やフェノール化合物、有機酸などの殺菌効果よりも加熱による水分低下と調味料添加による水分活性低下によるものだそうです。

食品加工研究センターにはいろいろな加工商品の成功事例が豊富にありそうで、時間を見て別途お話を聞きたいと思いました。

ということで次回のまちなか暮らし研究会~エコ編~は

日 時:2010年11月13日(土)9:00~10:30
場 所:夕張郡長沼町東6線北15号 ℡0123-89-2001 北海道立総合研究機構 中央農業試験場
テーマ:「実のなる木の知識を得よう」
参加料:500円
申し込み:辻野建設工業 営業部 中野 0133-23-2408(tel)、0133-23-3591(fax)メール n-tomo@tsujino-gr.co.jp

です。








スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索