社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
21
25
26
27
28
29
30
31
10


第33回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。

先週の話ですがまちなか暮らし研究会~エコ編~をおこないました。

今回のテーマは「泥炭地と泥炭」
講師は北海道大学名誉教授の梅田安治先生です。

当別町付近には泥炭からピートモスを作っている会社もあり泥炭地がたくさんあります。
昔の人は泥炭ストーブも使っていたと言うことですから、今回のテーマは泥炭の有効活用を出来ないものかと考えたわけです。

最初に泥炭地のできるプロセスについて教えて頂きました。
泥炭地には水位の高い順から低位泥炭、中間泥炭、高位泥炭があるそうです。

P1000544.jpg

また、泥炭を構成する植物としてはミズゴケ類、ツルコケモモ、スゲ類、ヨシなどがあります。

P1000544.jpg

先生のお話によると泥炭にはいろいろな活用方法があります。
*土壌改良材・園芸用床土

*燃料・ウィスキー・薫製
 燃料としての泥炭は燃焼効率が悪いのでわざわざ掘った泥炭を遠くまで輸送するとなると割に合わないであろうとのことでした。
 泥炭はウィスキーにはモルツとして香り付けに使うとのこと。イギリスにはあちこちにウィスキーの蒸留所があるそうです。
 薫製ですがこれは簡単にできるとのことですから今度やってみようかと思っています。
 大きなフライパンの中に泥炭と桜やヒッコリーのチップを入れその上に網を敷き、ソーセージを載せていぶすと薫製が出来るそうです。

*断熱材・建築資材
 泥炭で断熱材ができると良いですね。

*泥炭浴
 下の写真を見せて頂いたのですが、これは泥炭の中に女性がつかっている様子。
 ヒステリーによいそうです。

 P1000559.jpg

*生ゴミ処理

以上、梅田先生はどうやら80才近いそうですがとてもとてもお元気ではつらつとした口調でお話しして頂きました。
当別町には国道275号線沿線に篠津中央土地改良区という農業基盤整備を行う機関があり、その建物の中に泥炭博物館があり、泥炭に関心のある方にはお薦めです。
いずれにしても泥炭は有限資源なので大切に扱わなければならないと思いました。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索