FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
5
14
28
29
30
06


新建築 住宅特集まとめ読み


辻野建設工業で定期購読していた新建築住宅特集が更新し忘れにより、ここのところ滞ってたのでまとめてバックナンバー送ってもらいました。

まとめて読むことにより業界の流れを感じて見ました。

まずは10月号の特集「家開き」最前線。

住まいを街に開放する事例として当社が2016年に施工した西野の家が紹介されてました。



ああ、あの家はそういう風に理解されてるのだなと、施工という立場ですが社会のありように一つの投げかけをする役割を果たしたかもしれません。



続いて12月号特別座談会「超高齢化社会で住宅はどう変わるか」
建築家4人がそれぞれ手がける実践紹介。


実践1 人のあるまちの風景(金子千恵)


実践2 ふたつめのエントランスとピアノサロン/徒歩10分圏内のサテライト書斎(岩瀬諒子)


実践3 窓が開くニュータウンの〈母〉の家(藤村龍至)


実践4 玄関小商い(家成俊勝)


建築家と翻訳されるアーキテクトは単なる建築技術者ではなく、総合的な知識を持つ「大技術家」が本来の意味だそうです。

ですからこれからのアーキテクト(建築家=設計者)は商い、人々の心や関係性、コミュニティ、歴史などいろいろな要素を読み解き、提案する必要があります。

しかもそこにリノベーションやコンバージョンが絡んできますから、まさに多様な知識と直感が必要となる訳です。
難しいけど、これを乗り越えなければ、次のステージに立てない。次の時代に耐えられない。

まとめ読みしながら、そう感じましたねぇ。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索