社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
1
5
9
11
15
20
26
27
28
29
30
09


太美にできたホーマックニコット


昨日、太美に住んでる方と話ししていて「ホーマックニコット、お客さん入ってるねぇ」との情報を得て、どんなものかと偵察に行きました。

偵察と言っても別に何かのライバル意識とかスパイ活動ではありません。

ホーマックニコットができた事で太美の住環境や既存店への影響がどうなのか?感じてみたかったのです。

ニコットができた事で買い物利便性が高まったとすれば、太美の居住環境が向上し、周辺土地の商業地としての価値が増すわけで近隣住民や私達、建築業者や人口増を目指す町にとってはプラス要因。
雇用も増えるし。

あるいは大手チェーンの出店により既存店が苦戦したり町の個性が減退したりようであれば、ある意味マイナス要因と思います。
景観的にも画一的な町と言う印象を与えるかもしれません(賑わって良い景観であると思う人もいるでしょうが)。

そして知りたいのはホーマックニコットがどうして太美に出店したのか?当然、市場調査してある程度の購買力を期待し、投資を回収できると見込んでるはずですが、本当に太美にそれだけの購買力があるのかどうか?

あるのだとすれば地元の企業にも成功のチャンスはあるのか・・・?

前置きはともかく入ってみました。

ニコットはいわゆるホームセンターですから当然のごとくDIY的な商品は充実してます。
当別本町にもニコットはありますからその辺は期待通りでした。
もちろん、新しいですからキレイで清潔な感じがします。


当別本町のニコット、あるいはホームセンターの印象と大きく違うのは飲食品コーナー。




野菜からお惣菜、生鮮品、飲料やお酒の品揃えがとても充実していました。
私が店に入ったのは5時過ぎでしたが、そこそこお客さんが来てました。

という事でニコットの出店目論見は成功すると感じました。

一方、地元企業への影響はどうかという事ですが、これは何とも言えないなと。
当然これだけの品揃えやオペレーションノウハウ、新しい店を立てるだけの資力は既存店には無いでしょうが、かといってもお客さんがモロ、バッティングしてるかどうかは疑問。
逆に差別化戦略、あるいはコバンザメ戦略を取る方が賢明なのか?とも感じました。

この辺の議論をもう少し深掘りして、太美のまちづくりや将来について考察し、それぞれの立場の人達がこれから未来にどう立ち向かっていくのか?
そんな必要性を感じました。

「太美にニコットができた」

それだけと言ったらそれだけの話題ですが、その影響をどう捉えるか?
実際行ってみた感じ「プラス」でしょうね~。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索