社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
3
7
13
24
26
27
28
29
30
31
07


一点突破の販路開拓


北海道医療大学と当別町、当別商工会で商品化した「とうべつ玄米リゾット」を辻野商店が販売することになったのは以前このブログで書きました。

このリゾットは辻野商店が自社商品化したものではなく、町が商品化したので誰か売ってくれませんか?と言うスタンスで引き受けました。
一個500円の食品を全部で1万食作って500万円の売上を開拓するハメになったのです。

そのプロセスはいかがなものか?とは思いますが、販路開拓も一つの勉強やネットワークづくりの一環かと考えこの数ヶ月取り組んできました。

その結果、この度生協のご当地トドックに採用され9月のチラシに掲載されました。

今のところの実績は当別役場さんの防災備蓄として3500個、商工会の医療大新入生用に800個、医療大の備蓄用に1000個、そして今回のご当地トドックで800位と約6100個が販売済みだったり予定だったりします。

あと残りを店頭販売やふるさと納税、マスルート開拓で売っていかねばなりません。

これまで何度か商談会で出会ったバイヤーに面会したりサンプルを送ったりしました。
日本アクセス北海道さん、国分さん、くみあい食品さん、三洋堂(字が違うかも)、北洋銀行や札幌信金さんなどなど。

来年1年は何とかやらなきゃいけないので引き続き防災備蓄営業や道の駅での新規販売、味やパッケージの改良を手がけます。

その他にも商談会への出品、マスルート開拓やリピート受注営業、すでにできた人脈に対する提案や協議もやってかなきゃいけません。

地方企業や農家の弱点は販路だと言われてます。

プロダクトアウト、つまりマーケットからの支持があるかないかわからん状態で思いだけで商品化しちゃって失敗を繰り返すケースが多いわけです。

トドックのチラシに商品を載せるには誰と話したら良いかとか東京のバイヤーはどうやって商品をスーパーやデパートに売り込んでるか?とかそもそもバイヤーやキーマンとどうやって知り合えるのかとかは我々、田舎もんにとってはブラックボックスなんです。

たかがリゾットされどリゾット。

商流の謎を解き明かす作業を引き続き進めたいと考えております。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索