社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


時間がある、ないの使い分け


新しい事に挑戦する時や社員に今までと違うやり方を求める時などに頭に思い浮かぶ考え方があります。

それは「時間がない」「時間はある」。

まず「時間がない」と考えるケース。

町の人口が減って抜本的な何かをしなければならない状況。
その抜本的な対策が例えば中心市街地開発的な複合施設だったとします。
これをやるには10年単位で時間がかかる、だから今から考え始めないと10年後、町がさらに疲弊する、あるいはやりたい人が揃ってるうちにやらないとその人達が年老いちゃったり、やる気がなくなってしまう場合「時間がない」と考えます。
つまり時間がないと言う「危機感」です。
こう言う「危機感」が大事と考えます。

次に「時間はある」と考える場合。

会社のある部署の現状がなんとかなっていたとします。
しかし、一方で課題もあるのでこれを変えたい。
そういった時に「時間はいくらでもあるから達成するまでやり続ける」と言う場合。
例えば「挨拶」が課題だったとします。

今度からこう言った挨拶をしましょうとまずは言います。
人間はその時わかってもすぐには変われません。今まで染み付いたやり方から抜け出せません。
そうなったら根くらべみたいなものでいくら時間がかかってもいいからできるまでやる、つまり「時間はある」モードです。
「時間はある」モードと忍耐や粘り強さはセットです。
うまくいけばリスクは少ないし小さいけど達成感があります。

「変わらない事」が蔓延してる今の社会で物事を「時間がない」「時間はある」の面から推進するやり方は「変える」方策としてアリじゃないのかなあと思います。




スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索