社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


富山県、高岡市・富山市を訪れました。

富山県高岡市のホクセイプロダクツさんを訪問するため、昨日、北陸新幹線「かがやき」で高岡入りしました。


今朝は6時過ぎから散歩。
高岡古城公園を歩いてたらラジオ体操の音がしたので飛び入り参加。


高岡大仏


山町筋の土蔵造りの町並み


金屋町の格子の町並み


旧南部鋳造所キューポラ


瑞龍寺

を見て回りました。
歴史的建物群に日本らしさを堪能しました。

ちょうど今日は高岡御車山祭(たかおかみくるまやままつり)が開かれており北陸銀行高岡支店社屋からお祭りを見学する機会に恵まれました。

高岡御車山は天正16年(1588年)豊臣秀吉が後陽成天皇を聚楽第に迎える時に使用したもので、二代目当主前田利長公が1609年高岡城を築くにあたり町民に与えられたとされます。


高岡観光の他では辻野建設工業あいの里モデルハウスあいえのデッキにつけた壁掛けを作っていただいた折井着色さんを訪問。


銅板や着色するのに糠や大根おろし、酢、タンニンを使ってると伺いビックリ。
それぞれ用途は違うようですが昔の人は植物の成分を把握し使い分けてたようです。


バーナーであぶり着色しを繰り返して色を出します。
銅の持つ色の成分を引き出し青や赤、茶色に染めます。
素人が出来上がったものを見てもわからないですが、何らかの形でその工法の希少性を訴える事ができたら良いです。


高岡には能作さんという鈴の伝統工芸品で成功してる会社がありますが、折井さんのところも能作さんに続けとニューヨークの設計事務所に売り込みをかけてるそうです。
グローバルな本物市場に挑戦する姿は私達も見習わなければいけません。


午後は富山市に移り、富山大和と言うデパートの催事場で開かれている北海道物産展を視察。


ホクセイプロダクツさんにアポを取って頂き担当課長さんに話を聞く事が出来ました。

伺った事は
○1日10万円くらい売れないとペイしないと思う。
○売れる為にはノウハウがあるので、新規は厳しい。
○和菓子、パン、てんぷら系があると良い。
○声のかけ方、棚の高さや見せ方、物語性など色んなノウハウがある。

当別から何かを出店するためには、よくよく戦略を練らなければいけないよう思いました。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索