社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
7
10
15
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


ドイツの窓


ドイツの街を歩いていて気づいたこと。
窓が内開きである事。



ドレーキップだな~と思って調べてみたら、なんとドレーキップはそもそもドイツ語で、回して(ドレー・Drehen)、傾ける(キップ・Kippen)の意でした。
本場に来て失礼な無知を修正する事が出来ました。

ドレーキップは1940年代からドイツで普及。

北海道でも窓は引き違い窓よりレバーを使って開け閉めする縦滑り出し窓が気密性が良いとされてますが、ドレーキップ窓も気密性、断熱性が高いと言う特徴があります。



ついでにその窓のデザインですが、T型窓が多いなと思いました。

T型窓とは私の造語ですが、窓桟がT型になってるということです。
ドイツの窓は基本的に縦長で上に欄間の固定窓が付いて下の窓が開閉する、そんな感じが多いような気がします。

次に気づいた窓の事。

窓の取付け位置が凹んでる。


これはブロック造が多いからでしょうか?


そして凹んだ窓の下部にはローコストだとこんな写真の感じの窓台が付いてたりします(写真は窓台じゃないですが)。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索