社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
8
9
15
16
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


少しずつ進む事の危うさと大事さ。


一昨日と昨日は辻野建設工業にて設計スタッフが断熱、気密、換気についての集中講義を受けました。

辻野建設工業では現在、社内で断熱、気密、換気についてのあり方を再構築しようとしています。

今回の基本理念は換気から入ってまして機械に頼らず新鮮空気を導入し室内空気を自然排出するパッシブ換気と言う考え方を柱としてます。
そのためにはそれなりの断熱性能と気密性能が必要と言う事で今回はその設計手法について学んだわけです。

普通はこれ位の年間灯油使用量にとどめたいからこれ位の断熱性能が必要とだと言う順番で来るのですが、適度な自然換気を達成するためには適正な断熱と気密が満たされていると言う理屈です。

結果的にはやや同じことなんですが。

ところで今回の住宅性能の見直し作業についてもそうなんですが我が社のものの進め方は自分で言うのもなんですがまどろっこしいと言うかつまり遅いと言うか。
場合に寄っては時間がかかりすぎたり実現のタイミングを逸したり。
特に今回は「あいの里モデルハウスをやるぞ」と宣言してからしばらくたってしまって自分でもこりゃまずいな~と思ってるところです。

本来であれば実施目標期日を決めそれに向かって全力で作業を進めるべきなんでしょうが。
私に推進力がないからそうなっちゃうんでしょうね。

ただ、地味に物事を進めることに良いこともあって拙速を防ぐとか、間違いを修正できるとか、より良い考えが浮かぶとか、より良い情報が入るとか。

今までその時は良いと思っても時間がかかるうちにそれはダメかもと思い始めて結果的にやらなくて正解だったと言うこともままありました。

熟慮と決断は使い分けが大事ですね。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索