社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


タイ考

反政府派によるデモ騒ぎの中、タイから帰ってきました。

タイではなかなか無料Wi-Fi環境が整ってなくブログが書けなかったり、メールを見れなくてもどかしかった。
奥さんに言わせると私は病的にスマホ見過ぎだそうですが。

帰国日の1月13日はバンコク市内で主要交差点占拠が行われましたが私達は朝一でバンコクを離れアユタヤ経由で空港入りしたので全く不便はありませんでした。

今回の旅は前半はバンコク市内の寺院(ワット (วัด) )巡りが中心。

暁の寺院。


エメラルド寺院。


タイの歴史は最初の国家とされる
スコータイ王朝(1238年 - 1350年)から
アユタヤー王朝(1350年 - 1767年)
トンブリー王朝(1767年 - 1782年)
チャクリー王朝(1782年 - )
と変遷したそうです。
今の王朝は初代ラーマ1世から数え現ラーマ9世(プミポン国王)。

2日目はバンコク郊外の水上マーケット見学。


今回の旅の目的は勿論観光ですがその一方で
⚪️今後の仕事でタイとのつながりの可能性を模索する
⚪️子供達に外国を見せて視野を広げてもらう
という目的を考えました。

行って発見したのは車(トヨタ、ホンダ、ニッサン)、オートバイ(ヤマハ)、家電(パナソニック、キャノン)
、スーパー(マックスバリュー)、外食(丸亀製麺)などちょっと見ただけでも沢山の日本企業が進出していたことでした。
既にそれだけの経済的結びつきが進んでいたことがわかりまず収穫でした。




農村部は水田が広がり三毛作で米生産が盛んな様子でしたが、水田一枚の大きさはさほどではなく、機械も小型だったり、道路脇に肥料の袋の置かれている様子を見ると農業はあまり効率良い感じはしませんでした。




最終日はアユタヤ視察。






子供達は像に乗り、その後世界遺産や夜景を見学し帰途についたのでした。

さて、一度の旅で全てがわかるわけではありませんが百聞は一見にしかずでタイを肌見に感じた旅でした。
今月は北洋銀行が出先機関を設置するということですし、千歳~バンコク直行便がとても便利なこと、政治リスクはあるもののタイからの観光客も増えるしタイ国民の所得も長期的には増えるだろうから今後ともタイには注目したいと思います。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索