社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
21
25
26
27
28
29
30
31
10


すごいの一言


今日は当別東裏の住宅の引渡しでした。
引渡しと言っても家はまだ完成していません。
床張りや壁の仕上げ、建具取りや造作キッチン取り付けなどかなりの建主さん工事が残っているからです。
建主さんは家具工房旅する木の須田さんです。
私はこの工事を通じて須田さんの情熱というかエネルギーに感動と言うか、尊敬の念を感じました。
この建物はドア、窓そして床の板一枚一枚がが家具なんです。
それを作った須田さんの執念、すごいに尽きます。
ぱっと見でわかりづらいかもしれませんがこれらを自分で作った須田さんの時間と苦労は思うにあまりあります。
普通、引渡しは建築会社と建主さんがやりましたね!言ったり場合によっては建築会社が感謝されたりするわけですが、今回のように引渡し時に建築会社が建主を尊敬するケースはあまりありません。




須田さんが自分で作った木製サッシの金具は日本で使った事のない金具がついています。
取り付け方法の説明書はドイツ語の専門用語。これを必死に解読するのに須田さんは頭の毛が抜けたそうです。
また、大工さんに間に合わせるためにほんの数10m離れた家に帰らずアトリエのある学校に何日間も泊まり込んだそうです。
床板を一枚ずつ手で作った時は頭がおかしくなりそうだったと言います。
奥さん曰く、究極にのめり込ん時の須田さんの言葉遣いは子供の様になったんだそうです。
私はわが社がそんな家づくりに関われた事はありがたいというか幸運というか表現できる言葉があまり見当たりません。
冬前には完成すると思いますが、これは一つの歴史やドラマのような家作りだったと思います。
そのドラマが当別で演じられた事は偶然か?必然か?そんな事を考えさせられる工事でした。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索