社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
21
25
26
27
28
29
30
31
10


家具の製作について聞く

最近、辻野建設工業で設計標準化に向けての会議をしています。
その流れで大工がちょっとした丸棒や溝を掘った細かい木材加工ができないか?と考えました。
早速、地元の家具工房「旅する木」の須田さんに家具屋さん的機械の使い方について教えて頂きに行きました。

まず原料となる板材を選びます。
IMG_0447.jpg

1面をカンナ掛けします。須田さんに機械の名前を聞いたのですが、通称的な言い方が主流のようです。
この一面カンナ掛け機械は「テオシ」と言います。10~15万円程度。
次に「ジドウテオシカンナ」で他の面にカンナをかけます。
「ジドウテオシカンナ」は30~50万円くらい。
IMG_0448.jpg

「ショウコウバン」で最後の面を短くカットします。
「ショウコウバン」は15万円くらい。
IMG_0449.jpg

「ルーター」で丸面に削ります。
丸の半径を変えるには刃を取り替えます。この機械で溝を掘ることもできます。
「ルーター」は30万円くらい。
IMG_0450.jpg

IMG_0451.jpg

IMG_0452.jpg

「ヨコギリ」。
長さをそろえるカットをします。50万円くらい。
IMG_0453.jpg

「タテジク」。
これで長物の丸面を削れます。30万円くらい。
IMG_0454.jpg

ということで須田さん曰くまずこれくらいの機械があったら、いろんなバリエーションの細かい木材カットができるとのことでした。
それでも全部そろえると200万円単位でかかりそう。

全部でないにしろそこまでかける自社で必要があるか?と思いました。
でも機械にいくらかかるかが分からないと検討のしようがないので、いい話を聞けました。

ブログに書くような話ではないのですが、自分自身の備忘録的にブログアップしました。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索