社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


第52回まちなか暮らし研究会~エコ編~「干し野菜のあるキッチン」を行いました.

P1030995.jpg

昨日は第52回まちなか暮らし研究会~エコ編~を兼ねて「干し野菜のあるキッチン」を行いました。
講師は野菜ソムリエの 長谷部直美さん。
開催場所は札幌市豊平区美園8条5丁目2-18 1F atelier hasebe(アトリエ ハセベ) 。

会場の都合上、参加人数は10名限定となりました。
まずは長谷部さんが干し野菜作りに関心も持つきっかけとなったお母さんの事をお話しされました。
お母さんが子供たちの食生活に気をつけていたこと、手作り料理にこだわっていたこと、そして今でも野菜を仕送りしてくれることなどです。
次に長谷部さんの干し野菜作りのコンセプトは「簡単」と「おいしい」です。

P1040001.jpg

野菜ならほぼ何でも干せる感じです。大根、にんじん、ゴボウ、長いも、ジャガイモ、レタス、白菜、キュウリ、なす、椎茸などなど。
半干しと完干しのと2種類あります。
干し方は洗濯物のように吊したり、ホームセンターで売っている網かごに入れて吊ったり、新聞紙やざるの上で干します。半干しは一晩で干せます。完干しは4~5日。
干し野菜はちぎったり、はさみを使ったり、直接、器に入れてお湯を注いだりと、洗い物が少なくて良いというメリットがあります。キャベツの大きな干した葉っぱはロールキャベツに適しています。
例えば下の写真は切り干し大根ですが、ポン酢で戻してあげれば漬け物に、キムチの素で戻せばナムルになります。

P1040002.jpg

長芋は切って、酢水で洗って、干して油で揚げるととってもおいしいそうです。衣をつけなくてもOKです。ゴボウも干すときは酢水で洗います。油で揚げる場合、干し野菜は水ハネしない、油を吸収しない、べとつかないというメリットがあります。ピザのトッピングにも使えます。
干し野菜は焼きそばの具にも合います。干し野菜が汁気を吸ってくれるのでチャーハンにも合います。
干し野菜と味噌、塩昆布を混ぜてカップに入れお湯を注ぐと野菜の具たっぷりの味噌汁ができます(下の写真)。

P1040003.jpg

P1040004.jpg

ジャガイモは一旦、茹でたり蒸した後に切って干すと肉ジャガやカレーの具として使えます。一人分のカレーや肉ジャガが気軽にできます。

昨日は最後に干し果物デザートを頂きました。キーウィーとバナナ、色落ちしないようにレモン汁(液体・市販品可)で洗うとよい。

以上、知恵と工夫の日常生活と長い干し野菜経験の中から編み出された数々のテクニックを披露して頂いた勉強会でした。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索