社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
10
11
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


第37回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。

第37回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。

今回のテーマは「これがピクルス!」。講師は野菜ソムリエの長谷部直美さん。

P1010281.jpg

開催場所は平岸のカフェパーリッシュ。
パーリッシュというのは真珠のようなという意味で、真珠は宝石であるけどその核は何でもよい。つまり普通の核にいろんな要素がくっついて宝石になっていく、そのプロセスのように人と人がつながって宝石のような良い社会が生まれると良い・・・というオーナーの思いが託されているそうです。

P1010275.jpg

P1010276.jpg

パーリッシュさんの玄関をはいるとすぐわきに冷蔵庫があり、こちらにいろいろなピクルスがあります。珍しいところでは豆のピクルスがあります。豆をピクルスにするときはちょっとゆでるそう。

P1010278.jpg

ピクルスの原料は何でもあれ。
キャベツ、ダイコン、ニンジン、レンコン、はっさく、セロリ、長いもなどなど。

P1010284.jpg

ちなみにこちらのはしおきは後で出てくる干し野菜のトウガラシです。

P1010285.jpg

ピクルスはどのくらい保存がきくかって?ということに対する答えははっきりは言えないが約3カ月はもちそうとのこと。
ただし、冷蔵庫に入れます。ちなみに長谷部さん宅ではピクルス用の冷蔵庫が一台あるそうです。
野菜は皮付きのままでよく、ビンの大きさは何でもよいということで、小さいものは辛いラー油から大きいものは果実酒を作る容器までが目安みたいです。
ビン選びもまた楽しいということ。また、出来上がったピクルスを誰かにプレゼントする時にビンにリボンをつけたり、英字新聞でラッピングするとおしゃれに見えるそうです。
ビンの消毒はそれほど神経質になる必要ななく、熱湯でゆすいだり、焼酎を霧吹きでかける程度がよいとのこと。

P1010287.jpg

ピクルスはまずピクルス液を作ることから始まります。
ピクルス液は昆布だし入りすし酢と白ワインがベースです。これにお好みの鷹の爪やローレル、クミンやクローブ、カルダモンを入れます。
ピクルス液は再利用可能でたとえばキャベツのピクルスを作った時のピクルス液をそのまま次のニンジンのピクルスに使うということもありだそう。またピクルス液だけをあらかじめ作っておき、料理の時に余った野菜をその中に入れると便利です。
ピクルス液はいろいろな使い方が可能で、水を足し、具と一緒に温めてスープにすることもできます。このに時ベーコンやソーセージを入れるとぐっといい味になります。

P1010288.jpg

P1010286.jpg

またピクルス液にオイルを加えてマリネを作ることもできるし、ピクルス液にマヨネーズを加えてタルタルソースを作ることもできます。いずれにしろ野菜の水分には酵素や水溶性の栄養素がたっぷり含まれているので、ピクルス液は大事に使いたいところです。
またピクルス液のスパイスには納豆の余ったタレやカラシ、お寿司のしょうゆ、ゆずコショウ、ソース、ニンニクなど何でもあれということみたいです。

今回は実際のピクルス作りも体験しました。
セロリ、ダイコン、ニンジン、キュウリを好きな大きさに刻み、ビンにぎっしり詰め込み、野菜の高さの半分まで酢を入れ、残りワインを入れました。
スパイスはミックススパイス、ローレル、鷹の爪です。
キュウリだと次の朝には充分、漬かっているそうです。

P1010291.jpg

P1010292.jpg

P1010293.jpg

P1010296.jpg

長谷部さんは乾燥野菜にも以前から取り組んでいます。乾燥野菜はホーマックでよく売っているような魚を干す網で干します。冬は部屋の中が乾燥しているのでちょうど良いとのこと。夏場はどちらかというと直射日光が当たらないくて風通しの良いところで干します。

P1010283.jpg

ハクサイなんかはこんな風に洗濯物のように干します。

P1010298.jpg

キノコや玉ねぎ、ミニトマトなどいろんな大きさに切り、干した後、冷蔵庫にいれ、保存します。完全に乾燥させると常温でも持ちます。
そんな時はこのようにビンに詰め、きれいに棚に並べインテリアとしても楽しめます。

P1010290.jpg

干し野菜は水に入れるともとに戻ります。
長谷部さんお薦めの使い方はみそ汁に入れること。既に切ってありますから手でつかんでぱっと入れると出来上がり。応用編として電子レンジで一人前の豚汁を作ることができます。カップに水と干し野菜と小さく切った豚肉を入れチンします。その後、味噌を加えると豚汁の出来上がり。とても手軽に豚汁ができます。

また今回は干し野菜をピザ生地の上に置きチーズをかけたピザをごちそうになりました。

P1010289.jpg

キャベツ丸ごと一個のピクルスやスープカレーピクルス、ハムやチーズを挟んだピクルスなどなど、長谷部さんはピクルスのいろんな応用を発案しています。
私たちも今回ピクルス作りを体験したので、今後、これをベースに自分好みのピクルスができそうな気になりました。

そして、更に干し野菜。
今年も私の庭で野菜作りをしますので、ぜひ、干しミニトマトに挑戦したいと思っています。ということで長谷部さんのチャーミングな講習を聞けて、とても楽しいひと時でした。



さて、次回のまちなか暮らし研究会~エコ編~は・・・



日 時:2011年2月25日(金)18:30~20:00

場 所:札幌市北8条西3丁目札幌エルプラザ2階環境研究室

テーマ:「セルフビルドという生き方」

講師:高田健次さん
   *実際にご自分の家を5年をかけセルフビルドで建てられた方です。

参加費:500円

連絡先:辻野建設工業㈱ 中野まで メール:n-tomo@tsujino-gr.co.jp 電話:0133‐23‐2408

です。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索