FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
4
7
13
19
09


モロッコのリン産業事情

昨日は朝ちょっとカサブランカのホテル周りを散歩してみました。

町は結構ゴミだらけで猫が徘徊してます。タクシーは赤。

という事でカサブランカの象徴的な写真↓。


ホテル向かいの工事現場は朝から晩までやってますが、安全対策は日本じゃヤバイ感じ。


歩いてた道路上になにやら人の形をしたものがあったのでもしや死体?と思ったら動いたのであぁ寝てたのか。


朝から皆さん店で何か焼いてもらってます。


トロリー電車が走ってました。


さて昨日は三井物産のカサブランカ支店長からレクチャーを受けました。

記録も兼ねてるので長い文章となります↓。

モロッコの概要
●面積は日本の2倍。人口3500万人。アラビア語、フランス語。
●国王ムハンマド六世(56才)は非常にバランスの取れた方。アラブの春の時も柔軟な姿勢で切り抜けた。
●治安は良い。テロ対策も力を入れてる。隣のアルジェリアとは仲が良くない(歴史的背景)。
●経済成長はこの10年毎年3.6%。

モロッコの経済
●ヨーロッパと親密(ルノーなど)
●日本企業も進出。住友電装は2万人も雇用している(自動車産業)ので評価高い。
●人材が低賃金で語学堪能。
●リンがモロッコ最大の資源。
●農業がGDPの2割、人口の4割を占める。
●雨の振り方により農業生産がきわめて影響される(灌漑普及率は15%程度。

モロッコ王国リン鉱石公社(OCP)について
●売上げ6490億、雇用21.000人。
●売上げの構成。リン関連肥料55%、リン酸液18%、リン鉱石10%。
●モロッコのリン酸肥料。生産量三位(中国、アメリカに次ぐ)9%。輸出量二位(中国に次ぐ)17%。
●リン鉱石の埋蔵量は後100年近くありそうだが、他の国の産出が減ってきてるのでモロッコに集中しそう。そうなったら遠い日本に不利。

さてレクチャーを受けた後、早速、カサブランカ南部のジョフラスタールという港町へ移動し、OCPのプラントを遠目に視察。


鉱山からここまでスラリーパイプラインで約200km弱、水と混ぜてリン鉱石を搬送してるそう。
ちょっと関連公害が気になるところ。

さてそこからはひたすらバスを走らせマラケシュへ。
途中、ロバや羊、馬車や砂漠、土でできた家、市場などローカルなアフリカ風景を楽しみました。

羊↓。


馬車↓。


土でできた家↓。


市場↓。


砂漠っぽい山↓。

スポンサーサイト




プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索