FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
4
9
15
19
24
05


東京ステイ2日目

昨日は1日東京滞在。
午前中はあちこち見学。

まず豊洲市場。

いろいろ問題になった建物ですが、今はどうなったのか?と。

建物は大きく水産物棟や青果物棟などに分かれてそれぞれがとても広い。
ただ、直接は中に入れずに見学コースから見下ろす。




物販や飲食コーナーは一般の人も入れます。
飲食コーナーには寿司屋がたくさんありましたが、結構お高い。
それでも並んで待ってる店があるんです。


次に「さとまち末広」の宣伝を頼んでる東京交通会館8階のどさんこ交流テラスへ。


電話で話したことのある担当者に初めて会い、移住希望者への「さとまち末広」チラシの配布をお願いしました。

次に新しめの商業施設を2件。
まずGINZA SIX(ギンザシックス)。


内装はとてもシックでなんとなく和風。


屋上庭園もとても本格的でお弁当を食べてる人や寝転んでる人がいました。
鳥も住んでます。






次に東京ガーデンテラス紀尾井町。


赤坂プリンスホテルの後にできた施設。
商業施設棟には「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」と言うホテルが入ってるのですが、海外のVIPが泊まってるのかなかなか物々しい。

ちょっと中に入ろうとしたら「どちらへお越しですか?」「あ、見学です」と言うと「ありがとうございます」と。
なーんだ、と思ってロビーでしばらくくつろぎました。


セレブな外人が沢山いました。



さて今回の上京の目的は「日本建築学会 各賞贈呈式」。

「当別町里山の継続的な田園住宅づくりとコミュニティの形成」にて業績賞を頂きました。


技術賞を受賞した建築同期の西田くんと幸せな再会。


祝賀懇親会も楽しかったです。


松村秀一先生と久しぶりにお会いし「先生は今、何を研究してるんですか?」と尋ねたら「和室を世界遺産にする活動に結構ハマってるんだよね」と。

ADHの木下庸子先生と渡辺真理先生も会場にいて声をかけてくださり「先日S先生(札幌で自宅及びクリニックを木下先生設計、辻野建設工業施工)のお墓を設計したのよ」などと、その他、いろんな人とお話しをして楽しかったです。

今回の受賞は踊り場のようなもので、今後さらに階段を登る訳ですが、その一つの方向として林間放牧が出来たら良いと共同受賞者のファームエイジ、小谷社長と話してます。

スポンサーサイト



さとまち末広草刈り→オリンピックスタジアム

昨日はさとまち末広の分譲地の草刈りをしてもらいました。


私は個人的に草刈りが好きです。
自分でやるのもそうだし、やってもらうのも好きです。


なぜかと言うと草刈りをきれいにすると芝生の様に見えるから。


そしてきれいにしようとする人の意識を感じるからです。

決して立派な芝生でなくても草刈りをし気持ち良い空間ができればエコだなと思います。

さて、昨日は午後から久しぶりの東京へ。

成田から乗り継ぎに手こずりながら東京オリンピックスタジアムの建設現場へ到着。
千駄ヶ谷駅で降車しました。


施工は大成建設。
日本を代表する建物だけに最新の技術とソフトパワーを駆使して建てていると思うと感銘を受けます。


来年はここに日本中、世界中から大勢の人が来ると思い、なんとか建設現場に来てみたいと思ってました。

夜の活動

最近、夜の用事が立て込んでます。
一昨日はFMとうべつ設立準備会なる集まり(於 ダンラン)。



さほど人数が集まったわけではありませんが、事業収支を見せてもらいました。

総額6000万円と言う初期投資でしたが、うーん(本当にできるかな?)と言うのが、正直な感想。

次回はFM白石に行きスタジオ見学と2年目以降の収支計画を説明してもらう事になりました。

そして、昨日。

昨日は当別ロータリークラブが今年から1年間、お世話する事になった北大、情報エレクトロニクス博士課程のチェンさんの歓迎会(内モンゴルのパオトウ出身)。


チェンさんから自己紹介を兼ね、プレゼンしてもらいましたが、研究内容が専門的すぎて、みんなチンプンカンプン。


どうも光を使った通信技術を研究してるようです。

わからないなりに興味深く話を聞きました。

ベジミートの勉強会


昨日はつじの蔵でベジミートの勉強会。

ベジミートは大豆で作ったお肉。

ハーモニーガーデンさんからレクチャーを受けた後、実際に調理をし試食しました。

ベジミートはプラントベーストミートとも言われる畑のお肉。
カロリーやコレステロールを抑え、価格もリーズナブル。
地球環境にも優しいという事で海外では急速に広がっています。

昨日は試食として2品。
まずはフィレタイプを使った生姜焼き。
水に小一時間ほど戻したベジミートに下味をつけます。


その後、タレを混ぜながら鍋で炒めました。


昨日は加えませんでしたが、軽く衣をつけるのも美味しさを増す方法。


次にミートソース。
セロリとキノコを刻んだ後、トマトを2つ切って鍋に入れます。
トマトの形がなくなってきたらミンチタイプのベジミートを入れます。


後は香料や調味料を加えて出来上がり。


つじの蔵は地元大豆にこだわったお店。
だから当別産大豆の豆乳で作ったソフトクリームやお豆腐、納豆を売ってます。

このベジミートもできれば当別産大豆で作れたら良いなと思ってます。

今後は道の駅での試食販売などを重ねてノウハウを蓄積していきます。

北海道生活に広告掲載



「北海道生活」に「さとまち末広(全3区)」の広告を掲載しました。

「北海道生活」は本州で結構読まれている本らしく、当別へ移住を考える人にアピールできれば幸いです。

ダムカヤック

昨日は今年初めてのダムカヤック。
当別ダムにてカヤックの試乗。


当別観光協会は以前、当別ダムを管理する空知総合振興局と当別ダムの観光利用について意見交換しました。


ダムにカヌーを浮かべること自体は禁止されるものではないが、飲料利用もあるので船外機は禁止と言うのが当時の見解でした。

私としては当別観光協会が当別ダムの観光利用について道と協定などを結び、秩序ある観光利用を推進してはどうかと思うのですが、その後の議論は進んでいません。

しかし、いつかそのような時が訪れるかもしれないので、今からいろんな使い方を研究しておこうと言うのが試乗の趣旨です。


インフレータブルカヤックの運搬、膨らませ方、操作法や安全確認、湖の地形や波の様子、時間配分、動植物の様子、楽しみ方、休む場所、乾かし方、必要な持ち物などについていろんな角度から検討します。


その他、小さな島の使い道、浮島の検討、道民の森やジビエ工房さんとのコラボ、ガイドの採用なども考えてみたりしてます。

昨日は実際、カヤックが終わってからジビエ工房さんにてエゾシカバーガーを食べました。

そんなこんなで2、3時間はあっという間に過ぎてしまいます。
昨日はまた最高に天気が良かったので気持ちよかったです。
紅葉の時期もきっと綺麗だと思います。

乾太くん導入例

当別熱源ではガスコンロ、ストーブ、ボイラーを取り扱ってますが、今注目してるのはガス衣類乾燥機の乾太くん(リンナイ製)。
この度、業務用の乾太くんを石狩平原カントリークラブ様に納入しました(8kgタイプ)。


乾太くんの特長は

①生乾き臭をカット

②ガスのパワーでスピード乾燥(5kgの洗濯物を約52分で乾燥)

③ガスならではの経済性(1回の乾燥コストは5kgで63円・・・ホームページから)

④天候を問わず1年中活躍!

⑤赤ちゃんの衣類乾燥にも最適

↓フィルターを取り外してみました。

8㎏だと少しがさばるので家庭用は5kgかなと思います。

ZEB見学

ZEB(ゼロエネルギービル)とはそのビルの消費するエネルギーをすべて自賄いするビルを言います。

住宅をやってる人ならZEH(ゼロエネルギーハウス)を知ってると思いますが、それのビル版です。

先日、札幌のアリガプランニングさんと打ち合わせをすることになり、アリガさんの会社に行ったらその社屋がZEBだったのです。

壁付け太陽光発電パネル。


外壁断熱ウレタン125ミリ。

真空複層low-Eガラス+グラデーションブラインド(羽の角度が上と下で違い自然光を部屋の奥まで届かせる)。


地中年ヒートポンプ2種類(クローズドループ方式、オープンループ方式)。


床吹き出し空調。


LED照明+明るさ調光制御。


BEMS(Building and Energy Management System=ビル・エネルギー管理システム)採用。


非常に先進的なビルで感心しました。

と同時にこの様なビルが当別にあったら良いのではないかと思いました。
自然豊かな場所にあるサステナブルなビルでゆっくりと、しかも創造的な仕事をする。

外国には森の中にカッコいい本社ビルがある会社がありますが、そんな働き方を推進したいものです。

民泊会議

昨日は民泊会議に出席。
民泊に関わる法令や手続き、リスクについて一通りおさらいしました。

辻野建設工業は住宅宿泊管理事業者、テージーエスは住宅宿泊事業者として登録してます。

改めてやらなきゃならないことを認識。
私としては民泊を市場リサーチ的にやってるのですが、インバウンドの方の意識を把握するにはもう少し時間がかかりそうです。

白い恋人パークを訪れる

昨日は当別ロータリークラブで白い恋人パークを訪れ、館長さんの話を聞くという機会がありました。



実は白い恋人パークは初めてでした。

地域貢献を意識した経営を展開していて非常に興味深い話でした。


今は年間75万人の入場者を100万人に増やす計画だそうです。

石屋製菓さんの攻めの姿勢を感じました。

前田森林公園


札幌、手稲の前田森林公園。

家族で藤棚を見に久しぶりに行きました。

前田森林公園ってずいぶん広いもんだな。

野球場が2面あり、その他サッカー場やキャンプ場など。


散歩やジョギング、サイクリング、芝生で寝そべってる人などなど。


当別のあそ公園ももう少し一体的整備をすれば魅力が増すと思います。

ゴルフシーズン到来


昨日は今年初めてのゴルフ。
ゴルフシーズン到来です。

私のゴルフ暦は長いのですが、腕前はサッパリです。
毎回、不甲斐ない成績で精神的には良くないなぁと思ってます。

しかし、そこそこの回数は行くので顔は黒くなるし、会社にはいないし、かと言って付き合いもあるしという事で私にとってゴルフって微妙なスポーツです。

伊藤元重先生講演会と留学生


昨日は東大名誉教授の伊藤元重先生の講演会に参加。
滅多に聞けないビッグネームなので良かったです。

強調されてたのは「持続可能性」。

これからの企業経営に欠かせない視点として「持続可能性」を挙げられてました。
参考にしようっと。

伊藤先生の講演会に先立つ午前。

当別ロータリークラブでこれから1年間お世話する内モンゴル出身のチェンさんに初めて会いました。

チェンさんは北大の大学院に通っていて半導体や発電の研究をしています。

昨日は北大の学生交流ステーションで会いましたが、現在北大には1000人くらいの留学生がいるようで、こちらはそのお世話をする機関だそうです。




留学生と接する事で私たちの国際化が図られる事を期待します。

大通り公園で昼食中



今日はたまたま大通り公園近くに車を停めたらラーメンショーやってました。



ずいぶん待つみたいですね。

隣ではライラックまつりですか?なんか賑わってます。


ついついハンバーガー買っちゃいました。


卯の花腐し(くたし)

「日本の365日を愛おしむ」の5月14日から。

今日の言葉は「卯の花腐し(くたし)」でした。

卯の花って「ウツギ」の事で、ウツギが長雨で腐ると作物が凶作になるかもという警戒の言葉です。


4月を卯月と言うのも「ウツギ」の関係。

うちに庭にもおばあちゃんからもらったウツギが1本ありますが、咲くのは6月くらいでしょうか?



きのこ食菌と大工手刻み

一昨日の半端材イベントに続き、昨日は対雁作業センターにてシンカン(辻野建設工業の空き事務所に入ってる森林関係の会社)さんによるイベントがありました。
内容はシイタケ菌の食菌と餅つき大会。




子供連れの家族が楽しんでいました。

一方で作業センター内では辻野建設工業の若手T大工が住宅の柱梁の切り込みをしてました。


彼は今年、自分の家を建てるんです。
手板も自分で書きました。


頑張ってほしいと思います。

「半端材販売」と「試食販売」

昨日は久しぶりに辻野建設工業で半端材販売を行いました。

以前はつじの蔵付近でやってたのですが、場所を作業センターに移しました。
さほど人数はいませんでしたが、折を見てまたやりたいと思います。
今度はもう少し安く販売したいと思います。

建設業ではどうしても部材が余ります。
今のご時世「持たない」とか「リユース」など、「もの」を無駄なく合理的に使う事が好まれます。

小さな「もの」でもその「もの」にとってどういう使われ方が幸せか?
使いたい「ニーズ」も小分けし「もの」と「ニーズ」をマッチングさせる、半端材販売はそんな機能かなと思います。

続いてつじの蔵。
昨日は試食販売の日でした。




ロールケーキや豆腐などを店内試食してもらいました。
半端材同様、ロールケーキの製造過程で「ハシタ」がでます。
これを試食用として使いました。

たかが試食と言っても試食を通したお客様との会話の中に気付きがあります。
その辺は今度の蔵会議で反省したいところです。


温床ほか

昨日は午後からちょっとだけ農家まわり。

辻野商店が取り扱う温床の土の様子見に稲苗ハウスを訪れました。

若干、雑草が見えるという話が聞こえてきたのですが、結局、田んぼに植える時点で問題はないというのが今のところの見解です。

この他、麦の調整施設や保管庫を回りました。

さて昨日、辻野建設工業関係では北海道建設新聞に日本建築学会賞受賞(業績)の記事を掲載していただきました。


写真付きで随分デカデカと載ったのでこれはちょっと大げさかと思いましたが、私としては今後、私たちと一緒に面白い仕事をしたいという入社希望者が増える事を期待しています。

地域を変える、より良い社会をつくる、そんな仕事を共にできたら最高です。

リカレント教育に形はないな。

連休中、歴史の参考書を読んでました。

いま言う自分なりのリカレント教育です。

昔、学校で歴史を勉強してた時はそもそも歴史を学ぶ意義がわからず、興味が沸いても深掘りする時間もなく、テストが終われば次の章に進みました。

でも社会人や経営者になった現実場面においてどんな基準で判断するか?と言う時に歴史が参考になると思ったのが参考書を読み始めたきっかけです。

読み始めたばかりなのでうまく表現できませんが、時の為政者の暴政によって社会が混乱する一方で優れた為政者は賢い参謀を複数つけたりと現代にも通じる教訓的史実が沢山あります。

一方で残念なのはリカレント教育の大事さに気づくのにはある程度の社会経験と時間の余裕が必要な事から後手に回ると言う事です。

しかしリカレント教育には形がないのでちょっとずつと言う事で全然構わない。
リカレント教育の良さは自分で学び方を決め、自分なりのペースで学習出来ること。
適度にアウトプットし、成果が出ると学習の意味も更に高まり、関心も深まります。

英語、統計学など、その他にも学び直すべきカリキュラムは沢山あります。
プログラムやデザインなど新しいスキルをつけるリカレントもあるでしょう。

学校で学ぶだけが教育じゃないと言う時代になった様な気がします。


ガレージセール行います、他

連休明けを慌ただしく過ごしてますが、明日の当別町内の朝刊に折り込むチラシのご紹介です。


まず、辻野建設工業からは「さとまち末広」全3区画分譲中のご案内。
自然に優しい暮らし、ゆるいコミュニティを楽しむ暮らしなど、地方ならではのライフスタイルを一緒に作っていきませんか?と言うご提案です。

続いてガレージセールのお知らせ。
5月11日(土)、9:30集合です。
以前やっていた国道275号線沿いの辻野建設工業作業資材センターで半端材の格安販売の復活です。
しばらくやってなかったので半端材がたまりました。

裏面は辻野商店「つじの蔵」から試食販売のお知らせ。

普段は販売のみしかしてない商品の試食会です。
5月11日(土)10:00~17:00無くなり次第終了です。

最後、当別熱源からは「ストーブ」「ボイラー」「コンロ」の修理や販売をやってるので覚えてくださいね、と言うご案内です。


当別ダムと滝の湯

連休の最後はやっぱ当別ダムだろうという事で見てきました。

5月後半に有志でカヌーに乗ろうとしてることもあり、様子を見てきました。



何度も行ってる場所ですが、さほど問題なし。

若干、木が倒れてるのと以前一度、機械で刈った笹が生えてきてるくらいです。
雪解けのせいか水が濁ってます。

車から降りると意外と暖かく、ウグイスが鳴いてました。

さて、町に降りて来ると、夕ご飯前に広い風呂に入りたくなりました。
非常に久しぶりに滝の湯に行きました。


ぴょん吉(と言うんだそうです→メス)が迎えてくれました。


440円。

シャンプーや石鹸は持参しないといけません(売ってますが)。
蛇口は温度調整がなく、シャワーは固定式です。
お湯は薪で炊いてます。
番頭さんがいます(自販機ではありません)。
ケロリンの洗い桶とコーヒー牛乳がありました。
壁はタイル張りですが、富士山の絵はありません。

極めてシンプルです。
でもコーヒー一杯の値段と同じと考えると、こっちの方が大変かなぁと思います。

基本料760円/月、187円/㎥、それに下水代、燃料代と風呂を沸かしたり掃除の手間を考えると、歳をとり2日にいっぺん自宅の風呂に入るような人で歩いていけるのだったら銭湯の方が安いですね。

たまにパッと銭湯に行く、そんな生活も良いかも。

ちなみに駐車場ですが、まちづくり会社が管理する焼き肉じゅうじゅう前の駐車場、1番と2番が滝の湯さん用なんでお忘れずに。



道の駅とうべつの状況視察

連休前半は札沼線の写真を撮りに行き、その後は町内散歩や自宅で日本史の参考書を読書、昨日ようやく車で当別郊外を回りました。

道の駅は9時だと思ったら9時半オープン(直売所は9時オープン)。

スマイルポークは玄関前に並ぶお客さまにフランクと豚串売ってました。
これはいい売り方ですね。


お客様がドッと向かったのはここ、道の駅のスタンプコーナー。なるほどね。


道の駅GM(ゼネラルマネージャー)と話したのは土曜日はかなり人が入ったとの事。
スマイルキッチンみさきちゃんは「今稼がなきゃ!」と元気でした。


まめきち(コナカフェ?今なんて言うの?)も利益率高そうなとりかわ揚げ売ってました(ちなみに私は買いました)。


まあ、みんなガンガン売って稼ぎましょってなモードでした。

さて私はその喧騒を去り、金沢田園住宅へ。


カフェメギでドリンクを一杯。


ここは時間の流れが違うなぁと思いながら、林田ご夫妻とダラダラとした会話、これがいいんだなぁ。


ここまでTGホームIIに民泊で来てた台湾人ご夫妻を朝一で駅まで送ってった後の行動でした。

歩きながら

昨日も散歩。

カッコ内は思った事。

家から北へ向かい(ここのアスパラ畑はもう出てる、こんなにたくさんは食べれないだろうから農家かな?)、文教寺&日顕寺をぐるっと回り(こんな所に太陽光パネルが、確かに太陽光は袋地活用に良いかも)、稲穂通りに入る(知らない名前のアパートがある、駅から遠いけど入居率はどうだろ?)。


教会、ミツハシ商店(よっぽど本マグロを買おうかと)から踏切を越え(会社で持ってるガーデンコートをもっとオープンにしたら良い)、中学校へ向かう道を左に入り、カフェドルースでの前を通ったらなんと土曜日にも関わらずOPENの表示が(カフェドルースでに「さとまち末広」のチラシが置いてない)。

まだ食べてないハンバーガーを食べることに。


よしよし。

カフェドルースでひとしきり雑談した後、今度はフォレストにてコーヒー一杯、つじの蔵へ向かう(オープンカフェや外で過ごすライフスタイルが当別で普及したら良い)。

午前中忙しかったみたいで、スタッフの人がやっと一息ついてました(つじの蔵駐車場におじさん、おばさんのスクーターツーリンググループが。結構なお年)。

あそ公園では花見や家族と遊んでる人が沢山いました(私の持論である「あそ公園エリアマネジメント構想」もあながちダメじゃない)。

商店街に入りまちづくり会社で管理してる駐車場を眺め(人が繰り出す休日のこんな良い天気に閉まってる商店は「?」だよなぁ、特色ある商品に人が集まる時代だからもっとやる気と工夫が必要)、ロータリーの森を通って帰ってきました(ロータリーの森ではこの前、学生達が焼肉やってました)。

以上歩いて一時間半。

毎回発見があったり、知り合いにあったり。

カフェが所々できたことにより、散歩途中に休憩できるのが嬉しい。

今年のゴールデンウィークは長いし、天気も比較的良かったので、お金を使わずにまちなかをブラブラするのは良かったかと思います。






家族でジンギスカンを食べる


昨日は奥さんの妹が来たので晩御飯はススキノにてジンギスカン。

「たいはーら」と言う店をオススメされたので行ってきました。


それなりに満足しましたが、個人的には「夜空のジンギスカン」の方が好きかなぁ。

最近、町内を散歩してるのですが、その間、必ず誰か彼かと話します。

昨日は歩いてる途中に元社員の人に声をかけられました。

続いてつじの蔵にて社員と会話、カフェフォレストにて店長に「たいはーら」を紹介してもらい、当別熱源ENEOSスタンドにて4月の売り上げをチェック。

ふれあい倉庫ではフェイスブックにコメント頂いたスタッフの方と札沼線の話、そして多目的ホールの鉄道の歴史展示を見てきました。




なんやかんや歩くと2時間かかるのですが、その間、町をウォッチし、いろんな話をし、次の展開につながるヒントを探します。

ジンギスカン情報もオススメのお店を誰かに聞いてみようと思ってましたので、目的は達成されました。

札沼線の駅を訪ねて

なぜか最近、札沼線の廃線になる駅を訪ねてます。
札沼線(石狩金沢駅より新十津川まで)は来年5月に廃止予定です。

中央通りの商店街で廃線記念グッズを販売したら良いのじゃないか?と言うのが動機でしたが、新十津川では既にやってるし、グッズどうするか、今は検討中です。

しかし廃線になる16の駅を一つ一つ回るとそれなりに感慨深い心境になるものです。


石狩金沢駅
当別田園住宅のある金沢地区にある駅。
駅を降りるとまっすぐ山に向かう道があり、山に吸い込まれるような気持ちになります。


本中小屋駅
昔はここからスキー場まで歩いて行ったものです。
今はスキー場、閉まっちゃいましたけど。


中小屋駅
なぜか当別町内の駅舎は列車です。
中小屋地区も小、中学校が無くなり寂しくなりました。


月ケ岡駅
ログハウス風の建物が横にあり比較的新しい施設。



知来乙駅
畑のど真ん中にあるプラットホームだけの駅。


月形駅
廃線になるからと行って全く地元の人が使ってないわけではありません。
お年寄りや車のない若者も札沼線を活用してました。


豊ヶ岡駅
今や秘境駅で有名な駅。
砂利の下り坂の先にほんとに駅があるだろうか?と心配でしたが、行ってみれば人がゴチャッといました。


札比内駅
札比内駅で会った親子は埼玉県から来ました。車をフェリーに乗せ、札比内駅に車を置いて新十津川まで往復するそうです。


晩生内駅
晩生内では辻野建設工業で晩生内ワークセンターのグループホームを新築した事があります。
それまでは普段は通り過ぎるだけの集落でした。


札的駅
踏切にやたら近い駅。
二輌編成だと車輌が踏切にかかってしまいます。


浦臼駅
浦臼の町には石造りの建物が多い。駅の周りにも石造り倉庫があります。


鶴沼駅
道の駅もあり鶴沼は今や浦臼では一番賑わってるかもしれません。
しかし駅はそこから少し離れてます。


於札内(おさつない)駅
今回は車で汽車を追いかけました。
於札内駅は一発でたどり着けないほどの農道沿いにありわざわざここだけのために出直しました。


南下徳富(みなみしもとっぷ)駅
雪の残る樺戸山地を背景に気持ち良い写真が撮れました。


下徳富駅
晩生内もそうでしたが駅舎前に大きな松があります。
先人たちの思いが込められてるような気がします。


新十津川駅
9:30に着き10:00に出ると言う列車。



以上、16の駅。

全盛期は石炭を運び、蒸気機関車も走ってました。
今回は列車が写ってる駅舎の写真を今のうちに撮っておきたいということでした。


廃線ビジネス

最近、一年後に迫った札沼線の廃線に関心を寄せてます。
そこで各駅を訪ねてるのですが、昨日の新十津川駅の様子。


列車は1輌じゃなくて2輌でした。


駅の周りには店が並び観光協会の人が駐車場整理をしてました。
地域おこし協力隊員もいろんな形で活躍してました。




グッズも様々。


私は終着駅まんじゅうと笹寿司を買いました。




その他、硬券販売や入場券、マグカップ、カレンダー、写真集、記念切手、看板、マグネット、キーホルダーなどなど既にいろんな物が商品化されてました。




9:30に新十津川に着き10:00に最終列車が出ると行った事で大した賑わいです。


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索