FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
8
18
30
12


薪ストーブの取材(石狩編)



辻野建設工業の家の特徴の1つは薪ストーブである。
今まで薪ストーブをつけるなんて珍しくないと思ってたのですが、やっぱりこれは特徴ではないのか?という事でOBの方々を訪問することにしました。

朝はいそがしいから炊かないが、帰ってきてからとか休みの日は欠かさず炊いてます。

調理はしてません。
もし煮物をしていて吹きこぼれて窓にかかったらガラスが割れるかもしれないと言うのも理由です。
ヤカンはかけますけど。

ストーブそのものが暖かくなるので部屋の暖かさがつづきます。
ファンヒーターも使ったりしますが、ファンヒーターはすぐに暖かい空気が吹き出されますが、消すと一気に寒くなります。
薪ストーブは、ストーブ本体の蓄暖で暖かさが長く続きます。
夜、遅めに大きな薪を入れておくと朝もホンワリと暖かいです。

火の見える効果で暖かいオレンジ色の火が見えることで温度以上に暖かく感じます。

欧米風でしたらロッキングチェアーでゆったりでしょうが、私たちは、ストーブの前で猫のようになっています。

地震や停電でも使える安心感があります。
エネルギーは1つに偏らず分散しておくと良いと思います。

主人が窓を手入れしてます(確かにガラスがめちゃくちゃ綺麗で、中の炎がはっきり見えました)。


薪は森林組合から買ったり、辻野さんがやってる薪拾いで確保してます。
薪拾いで他のお客さんと会うのも楽しみの1つです。

2年乾燥すると良いというので外に2年分ストックする感じで集めてます。
それを順ぐり使って、足りなくなったら補充します。


外から家の中へは2、3日にいっぺん入れます。


そうそう、ちょっと困った事がありました。
薪についた虫が時々現れる事です。

冬なのにクモやムカデ、カメムシが現れます。2階の吹き抜け窓に蜘蛛の巣が・・・
これはあまりいい点ではありませんね。

年取って主人が薪割りができなくなったらリンクアップさんから薪を買おうかな。

今年の台風で敷地内の大きなポプラが倒れやっと片付けたのでそれも薪にしました。
このポプラは確か三倍体ポプラとか言って50年前に父が植えたものだけどものすごく大きくなりました。
(調べたら三倍体とは染色体の数が基本の三倍ある個体でポプラの三倍体は山火事で生まれたよう。主にスイカやバナナの種無しに使われる)

家の中は奥さんがご自分で作ったインテリアグッズで統一されとても上質な暮らしを楽しまれてる印象でした。


ご主人が飼ってる金魚もステキなインテリアでした。



スポンサーサイト




プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索