FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
3
8
11
14
15
22
29
11


月形を深掘りする。

昨日、今日と月形町を訪れてました。

「地域力研修会in月形町」

月形と当別の関係で言えば旬な話題はJR札沼線の北海道医療大学駅以北の廃線問題です。

しかし今回の入り口は「歴史」でありました。

明治14年、初代典獄を「月形潔」とした月形村始まる。
研修会はその「月形潔」を書いた桟比呂子さんの講演から研修会が始まりました。




そして続いてフリーライター森川潔さんの「第3代典獄大井上輝前の功績」と言う講演。

第2部は「歴史を作る」というテーマで月形わくわーく所長の穴澤義晴さんと北海道大学教育学部准教授の辻智子先生の報告。

私たちの知らない月形町の動きを浮き彫りにして下さいました。

そして懇親会では珍しいエディブルフラワーのサラダや色んな種類の大根料理などローカルな食を堪能したのでした。




そして今日。

まずは朝の8時から濃いディスカッションを行なったのちに現地視察。


この現地視察がまた、渋かった。
樺戸博物館は2回目でした。


今回の発見は展示資料の中に月形開拓は当別を前例としたと言う報告書があった事。
よその町から見た昔の当別を知る上でも興味深い資料だと思いました。

博物館に説明員がいる事は当別も見習わなければなりません。

博物館の次は円山展望台。
大変、見晴らしの良い場所でした。

続いて篠津山囚人墓地。


土饅頭(どまんじゅう)の横に墓碑が立てられました。


そして旧雪の聖母園しちょうかくセンター。


ここには雪の聖母園創設者の木内藤三郎先生の資料が数多くありました。


木内先生は床屋の仕方から野菜の育て方、建物の建て方などいろんな事を知ってたそうです。
そして今回の案内役NPO法人「サトニクラス」の楠さんの拠点もここにあるという事を知りました。


最後の昼食はコテージガーデン梅木さんのトマトベースの野菜カレー。
サイコーでした。


研修会が終わり、番外編としてコテージガーデンさんを見学しました。
町から指定管理を受けての運営は興味深いものでした。


さて、今回の研修では様々な人と出会い、知らない活動を発見し、今までの認識を入れ替えし、単なる知識とは別次元の学習ができました。

私は一介の経営者ですが、会社の外部環境を良くする事も経営者の仕事であると言われます。

「外部環境=町」と考えると町が良くなるようにするのも経営者の仕事。

そう言う意味で意義ある研修でありました。

当別に帰ってきて、研修で一緒だった浦河町M君と当別ウォッチングをしました。

M君の言う
◯若いうちに刺激的な地元の人と出会う事。
◯就職先に地元企業が選択肢に当たり前に入る事。


彼の感想を聞きながら次なる展開を構想しました。





スポンサーサイト


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索