FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
1
9
12
13
17
08


伊達の市営住宅と民間戸建て住宅

当別町の次の公営住宅建設はいかなる手法であるべきか?と言う課題についてかねてから関心を抱いております。

私の理想は例えば1つの大きな建物の中に町営住宅、サ高住、学生寮などが共存し、民間的発想を持った指定管理者が運営を行うと言うものであります。

公営住宅は公設公営の場合、半分が交付金という補助金、半分が起債という借金で建てられます。
ただし仕様や役所単価の関係でコスト高に設定される傾向があります。

また上記のように複合用途となると縦割りの関係で補助金メニューに合致しなくなります。

今回訪れた伊達市の事例は平成24年(40戸)、26年(42戸)にわたりプロポーザルに応募した民間企業体が地上げし、設計施工した市営住宅を後で役所が買い上げた事例です。

説明していただいた市役所職員の方によるとさほどコストダウンになったわけではないが、スピードは早かったと言う評価でした。
また私が考えるような複合型は無理じゃないかと言う感じでした。

せっかくなんで現場を見せてもらいました。


RC5階建て、外壁仕上げは外断熱の上、塗装とガルバリウム鋼板貼り。

共用部廊下は天井ジプトン、壁塗装、床モルタルはけ引きとシンプル。
エレベーターは9人乗り一機。階段二箇所。
セキュリティは特になし。


暖房は居間に電気式暖房、給湯は400リットル貯湯式電気ボイラー、キッチン電気調理器、換気はなんと一種換気。








ユニットバス0.75坪(1Lタイプ)、トイレは広いです。
脱衣室も広いです。




ユニットバス、トイレ、脱衣室床はスラブを下げアジャストフロアにし、配管スペースを取ってます。

天井高2400㎜ではありますが、ダクト部分は下がってます。
建具は全て幅広の引き戸。造作建具です。


照明器具、下駄箱は入居者負担。
バルコニーあり。


特徴的なのは緊急時対応への配慮。
人感センサーにて48時間動きがないと確認に来たり、居間、寝室、風呂、トイレに各1カ所緊急時連絡ボタンがあります。


ボタンを押せば一階担当者や夜間の消防につながります。
誤作動や緊急時と関係ない用事で鳴らす人がたまにいたり、逆にボタンを間違えて押さないように気をつけるのが面倒という入居者もいます。


ということでいまどきの公営住宅の仕様について勉強しました。

いずれにしても今は資材や職人人件費が高いから建てどきでないと思いますが、木造の方が安いのじゃないかなと思います。

さて、公営住宅の視察ついでにいくつか伊達市をウォッチしました。
伊達市は当別と同じ伊達藩(亘理藩)の流れですが、今でも子孫(40才くらい)の方が役所学芸員として勤務してます。

さて当別を拓いたのは伊達邦直。


伊達市を拓いたのは伊達邦成。


2人は本当の兄弟だったようです。

伊達の道の駅近くに伊達さんの迎賓館があったので行きました。
この迎賓館は伊達邦成が開拓功績により男爵の位を受けた祝いに、家臣らによって明治25年に建てられた邸宅だそうです。


外観のみですが数寄屋風の高さのある豪華な建物でした。


さて伊達市役所の人にお願いして、須藤建設さんの建物を見たいと言ったら最近できたミニ団地のようなところへ連れてってもらいました。




更にお願いして関内(せきない)の優良田園住宅を見たいと言ったら連れてって来れました(感謝、というか頼む私が遠慮なさすぎ)。


全52区画と聞きましたが、ほぼ家が建ってます。
ここも須藤建設さんや小松建設さんが数多く手がけたようです。


なかなかテイストの良い家が立ち並んでいます。


最後にやはり伊達の道の駅の事。
以前にも見ましたが、人の入りかたなど気になったので見てきました。


トイレは当別よりはシンプル。


これでいいと言えば良いのかなと。


お客さんはと言えばそこそこに入っていました。
皆さん、カートを押しながら、野菜をカゴにどんどん入れてました。
野菜の種類の豊富さ、野菜以外の卵や肉、惣菜な品揃えは当別の5倍くらいの充実度ですかね。


なんか当別のお試しにいたような人も見かけました。

さてこのように伊達市を視察したわけですが、昨日の人口は34497人。
年に50人くらいしか減らないんだそうです。
移住者も多いと言ってました。


結論から言って公営住宅は木造の民間買取が良いのかなと思いましたが、もう少し、研究しようと思います。

スポンサーサイト




プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索