FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
5
11
19
22
27
29
31
05


信濃町の小中一貫校の取り組み

当別町のコミュニティスクール×小中一貫校の将来を考える上で少し勉強する事にしてます。

先日、コミュニティスクールの本を読み終わり、続いて小中一貫校の本を読みました。



長野県信濃町の事例です。

2012年に小学校5校と中学校1校がまとまってコミュニティスクール×小中一貫校になった事例です(総工費23億、生徒数600人)。
この過程に加わった大学教授と校長先生の共著です。

利害関係者で理念を共有していくプロセスと、丁寧な住民説明会はまず、素晴らしいと思います。

結果的に理念を
「自主」
「友愛」
「克己」
「躍進」
と定め、それに取り組む上で必要な姿勢を一言で「問う」としてます。

小中一貫校プロジェクトは今までのやり方を全て一から「問う」と言う絶好のチャンスであり、学校が出来てからもその「問う」姿勢は授業にも引き継がれています。

具体論として興味深かったのは

◯4年+5年の9年制にした理由

◯スクールバスや授業のタイムスケジュールの調整に工夫した点。

◯グループウェアで成績、出欠、年間行事、健康管理などを一体管理してる点

◯授業の質向上を常態化してる点

◯1年生から9年生までの関わり合いの絶妙

◯若手先生の研修

◯特別支援学級から始まる生徒個人個人に完全対応する姿勢

◯窓越しに見える授業と廊下に置いてあるテーブルで質疑応答する生徒と先生

◯ふるさと教育

「問う」て答え出す、その積み重ねで非常に有機的で哲学的で緻密な教育体系を作り上げた参考になる事例でした。

私たちが現場の先生に対する知識と理解を持つところから始めないといけないんだろうと感じました。


学校がブラックボックス化にならず、地域の宝物としての存在になる。

凄いパフォーマンスではなく地道なところから積み上げる町民共通のベクトルが欲しいところです。

スポンサーサイト


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索