FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
7
10
15
25
28
30
11


地域おこし協力隊考

先日、町長と当別まちづくり会社がなんらかの形で地域おこし協力隊を活用する方法はないだろうかと言う話になりました。

以下ネットから

地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度である。
2009年に総務省によって制度化された。2015年度には全国673の自治体で2,625人の隊員が活躍している。



そこで少し突っ込んで検討して見ることにしました。
まず、課題整理。

○まちづくり会社といっても協力隊を役場から一企業に派遣する大義名分はあるのか?

○大義名分はあったにしてもそのための事務手続きが煩雑で時間がかからないか?
まちづくり会社から協力隊受け入れ提案→役場が制度設計・プロポーザル募集→プロポーザルで受け入れ獲得。

○大義名分となる業務はどんなものか?これは今から整理します。

○2年間の就業後の身の振り方→これは必ずしも確約するものではないが、就業期間中に受け入れ機関が人材育成する必要あり。

○三大首都圏からの募集方法、採用時の面接立会い方法。

○まちづくり会社自体の実績、指名願いとの関係など。



ちなみに今年から地域おこし協力隊3人を採用してる隣村、新篠津村村長さんに協力隊員の活躍ぶりを聞いたところ、3人集まって自主的に新商品開発をしてるそう。
そう言った仲間同士の結束もあるのだと思いました。

これから各地の事例を研究しようと思います。

スポンサーサイト


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索