社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
3
4
7
10
12
14
21
23
28
31
10


てしごと市inつどーむに参加しました。



昨日初めててしごと市inつどーむと言うイベントに参加しました。

つじの蔵と辻野建設工業です。


つじの蔵では主にお米、辻野建設工業では半端木材と古い農機具を販売しました。

お米の方は苦戦でしたが、半端木材と古い農機具販売は受けたようでした。

ただし今のところ建設リフォームやモデルハウス見学につながる引き合いはありません。

初めててしごと市を見させてもらい雑貨やパン・クッキーだけじゃなくマッサージコーナーや占いコーナーが沢山あり興味深く感じました。





移動販売車によるフードコーナーも面白かったです。


1日限りのイベントですが約6000人弱の来場者。

主催者は物足りなかったと言ってましたが、これだけのイベントを作り上げた主催者に敬服します。

スポンサーサイト

いろいろとありがとうございます。


本日は私の54才の誕生日につき、様々な方から主にフェイスブック上でお祝いの言葉を頂きありがとうございました。
特段、変わったこともなく静かに1つ年取りました。
今日もやってる事自体は相変わらず淡々としたもので、温湯消毒した米の種籾を水に浸し発芽の具
合を観察する準備した次第です。
54才、いろんな事を手がけてる割にあまり目立った成果もなく、あなたは一体いつ仕事をしてるのですか?という問いにも明確な答えを出せない私ですが、少なくとも人様の迷惑にならぬ程に今後過ごしていこうと思います。

自身、プレーヤーとしての役割を自覚しつつ、その役割は人を育てる役割を含むと解釈し、後輩・若手・子供達のために尽力したいと思っております。

大豆の勉強会


今年3回目になる大豆勉強会。

収穫が終わり今年試みた狭畦栽培、新品種大豆、コンビネーションドリル播種についてどうだったのか?みんなどんな栽培をしてどんな結果だったか?
出だしは私達でプレゼンしその後は農家さんどうしの雑談形式の勉強会。

農家さん8人が集まるといろんな話が聞けます。

緻密な人、大胆な人、無農薬に近い人、収益性を求める人、経験豊富な人、その栽培方法についてはそうでない人、当別の人、新篠津の人。

詳しい事はこれから原料調整し、等級検査し、精算し後に明らかになりますから、結論を出すのはまだ先になります。
勿論、今年良かったから来年良い保証はありません。

みんな貪欲に情報収集したいプロの農家さんですから真剣です。

ギラギラとした真剣勝負の話合いができるのは幸せな事です。


お試し暮らしのトム君


2か月ほど前からTGホームIIでお試し暮らししてるトム君と来週ニュージーランドに帰国する前に焼き鳥信長でごはん食べることになりました。

お試し暮らしと言ってもファームエイジさんで柵張りのお手伝いをしてるのですが。

TGホームIIは家具や家電は付いていて何とか洗濯機は使えたようですが、ご飯は作らなかったそうです。
お陰でコンビニのお兄ちゃんに英語する機会を与えたようです。

私の夢は秋から春にかけてTGホームIIに外人にお試し暮らししてもらう事。
単なるお試しではなく、市場調査や何らかのビジネスつながりを模索する英語のできるアジア人が良いと思ってます。
来月、知り合いの方がタイの知り合いにそんな話を持ちかけてくれる事になってます。

トム君が何とか暮らせたのだからまずは大丈夫かな。

工程管理


先日室蘭で行われた中小企業家同友会の視察でキメラさんと言う金型作成など精密金属加工を行ってる企業を訪問しました。
せっかくの勉強なので自社に取り入れる何かがなかったかなと考えてます。

一つは製作工程管理のあり方。

一つの製品を作るまで設計から各工程まで社員が誰でもパソコンで見えるようになってました。

これを建築に置き換えるとどうなるのかを今考えてます。
A邸新築工事と言う一つの案件に対して営業マンはどこまでお客さんとの情報共有ができてるのか?設計はどこまで進んでいるか?細かくは今日はA邸の何の図面が終わって残りの図面はいつまで終わるのか?現場が始まったら今日はどこまで進んで残りの工事の予定はどうなのか?
中小企業とは言え社員が誇りを持って仕事をするためにはしっかりとした仕事をするシステムを構築できてなきゃいかんと再認識しました。

これらをシステム構築を手がける最大の目的は仕事のスピードアップ。

自分がお客様と考えると、小気味の良いスピードで返事が帰ってきたりとか、早いねと思われるレベルで図面や見積りが出たりとか、テキパキと現場が進むとか。
仕事を頼んだ会社がテキパキ対応をしてくれると気持ちが良いし、ある意味尊敬が生まれます。
こう言うのって自分がお客だと感じるくせにいざ自分の仕事となると進まない理由やなんだかんだできない理由を口にしたりするものです。

今の我が社の体制を小気味良いスピードで仕事する体制に転換するにはかなりのパワーがいりますが、今回のキメラさんを見てやらないかんなと感じた次第です。


山を見に行く


最近ちょくちょく当別の山に入ります。

森林資源量や売買意向のある山の現地確認など。

今日も組合長と現地視察で山に入りました。

ところどころ木が倒れていてチェンソーなしに前に進めません。


石狩北部森林組合は弱小森林組合ですが、何とか健全経営目指して長期計画を作ったり役場へ協力依頼したりしている最中です。

いつかチップや薪やペレットを使い地域の暖房や給湯に使えるようになると良いねと言うのが関係者共通の夢です。

当別青年会議所次年度例会


昨日は当別青年会議所次年度例会にOBとして参加しました。

20数名の参加者のうち私がなんと最年長でした。

来年理事長は役場の鰐渕くんという事で仕事との両立が難しいでしょうが頑張ってほしいです。
理事長予定者や委員長の所信を聞いてちょっと抽象的だったり理念的だったりする傾向があるなと思いました。

私たちも現役時代そうだったかもしれません。

また、人口減や少子化に対する不安が語られてましたが、もう少し数値的な分析や未来志向の具体論、論理的な活性化案などが示されると良いのかもしれません。

若者達が前向きな気持ちでこの町に暮らし、自分のスキルを高めながら多様な活動を展開すると良いものです。


北海道農山漁村地域力ネットワーク全道研修会in大空



毎年恒例の北海道農山漁村地域力ネットワーク全道研修会に参加しました。
今年の開催地は大空町。つまり女満別。車で往復しましたが300㎞、4時間ちょっと。
網走湖畔湖南荘で勉強したり情報交換しました。



この集まりは2009年に同じ農水省の補助事業に取り組んだ各地団体が毎年持ち回りで自主開催してるものです。
今回私は参加できませんでしたがフィールド学習で頑張ってる農家さんや活動視察がとても参考になります。

行った後は頑張ってる人の顔とその町のイメージが重なりその町がグッと身近になります。
自発的会議の割になぜか毎年農水省の担当部署の人も参加してるのですがきっと勉強になってると思います。

いろんな負の側面ある農山漁村ですがポチポチ成功事例が生まれるでしょう。
田舎で豊かに暮らすライフスタイルモデルが普及し特殊解が一般解になったら日本も面白い国になると思います。



大学生の農村ツアー


昨日は大学生17名が新篠津・当別を訪れ農場や地域の人の話を聞くという企画があり当別田園住宅の事などお話ししました。

サブタイトルに起業とか地域で仕事みたいな事がうたわれた企画だったのでどんな思いで参加してるのかな?と思いました。

タダで見学やご飯食べたり田舎を回れるので来てみました、とか、昔新篠津で食べたトマトが美味しかったから懐かしくて参加しました、とか将来起業しようか迷ってますとか、東京に就職決まってるんだけどコンクリートジャングルがイヤで戻ってきたいなんて今から言ってるヤツもいました。

一方私は今、地方は農村もそうだけど商店街も疲弊してる。
ダメダメだけど観光や森林などのジャンルでコーディネートする人が求められてると話しました。

地方の仕事は収入少ないし生活が不安定かもしれないけどそれでも良いから来たいと言う若者がいれば大歓迎です。

つじの蔵豆腐@ホテルユキタさん

1年ほど前からつじの蔵の豆腐を少しずつ注文頂いてるホテルユキタさんがあります。
場所が東区北36条東15丁目ということで面白い場所にあるし、一度お礼に行かねばと思ってました。



昨日やっとお礼に行けました。
なかなかどうして札幌都心にもありそうな宿泊70室とバンケットルームなどがある立派なシティホテルでした。
だけど少しのロビーに漫画の本があったりしてローカル色を垣間見れる面もありました。



豆腐は飛鳥と言う日本酒バーでお使い頂いてるようです。
ホテルもバーもお客様はビジネスマンが多いらしく豆腐を気に入って必ず注文するリピーターもいるそうです。
どしても豆腐は単価の安いものですから送料が響きます。
なので他の商品、例えばアゲやスマイルポークを気に入ってもらい一緒に配送するなどして送料負担を下げる提案をさせてもらいました。

RC外断熱

現在辻野建設工業で施工中の事務所ビルはRC外断熱。



超高性能で暖房や冷房コストが節約できます。
イニシャルコストは高いのですが長期的に見るとお得です。



イニシャルが高いとなかなか発注者も躊躇するので施工できる機会はありがたいです。

石マット

今日は多様な日でした。 午前中はスウェーデンハウス協力会のメンバー会社を訪問し、工事原価管理についての話し合い。午後は写真にある石を練り込んだ石マットの使い道について相談を受ける。とりあえず、今度石を練り込んだトイレ用巾木を試作することになりました。 まちひとしごと会議を傍聴し、その後はしばらくぶりにゆうゆう大原君とこれからの当別構想について意見交換。 明日は庭を片付けます。

インターンシップはなぜかブロッコリー取り。


来年4月、辻野建設工業では現場監督として大卒男子を採用予定してます。

既に内定してる彼に会社の様子やこれからどんな仕事をしてもうか少しずつ意識してもらおうと思い昨日は一緒に現場まわりをしました。

ただ、私が前段打ち合わせや来客があったのと、前日今年リフォームした農家さんからブロッコリー畑をトラクターでひっくり返す前にまだ食べれそうなものがあるから包丁持って取りに来ない?と言われてたので常務が彼と若手社員を引き連れ畑に行きました。



おかげで彼はゼミの友達の分までブロッコリーを持って行きました。

せっかく若手現場社員が入るので来年はITを活用した工事管理にチャレンジしたいと思ってます。

自分ジョッキ

8月に道民の森月形地区にて家族と陶芸してきました。 私は元来めんどくさがり屋なのでビール350gをいっぺんに注げるジョッキを作りました。 焼くと縮むというのですが計ったら400mlは入りそうです。 ビール350gが400mlに入るかどうか、今度飲み会のない夜の晩酌で試してみます。

当別ロータリークラブ40周年+大平まゆみさんコンサート


昨日は当別ロータリークラブ創立40周年式典なる行事があり、その中で札幌交響楽団コンサートマスター大平まゆみさんのバイオリンコンサートがありました。
しかしプロの演奏家というのは凄いもんだなと思います。
テクニックにしろ表現力にしろ同じ人間とは思えぬ能力。勿論、努力の賜物だとは思いますが。

プロゴルファーにしろ、プロ音楽家にしろ、プロと素人の差は歴然とあるものの、それじゃ社長業で稼いでいて、社長でない人と歴然な差があるかと言われると恥ずかしながら?という事になります。
どんな会社でもこの人に任せれば必ず業績が伸びると言う人はプロの社長と言えるかもしれませんし、先見性、創造力、情熱、粘り強さ、行動力、緻密性、リーダーシップ、組織やシステム構築力、営業力、政治力、運などにおいて明らかに他者と違う能力を持った社長はプロの社長と言えるかも知れません。

ただ、そういう能力は努力して得たりとか、プロの社長を目指して得るものかと言えばなんか少し違う気がします。

結局は情熱が先でその他のものは後でついてくるのかな?
それでは情熱はどやって得るかと言うとこれは自然と沸き起こってくるようなものですから、小さい時の経験などが影響しそう。
だから子供時代の環境が大事だし、そういう子供たちを育てようとする社会の目的意識も大事。

一方、少しの情熱を自ら膨らまし、年齢に関わらず事業を成功させるタイプもあるでしょう。

素晴らしい音楽を聴いたので、プロと言うものをもう一度考え、自分の行く末も考えたいものです。

当別町観光あり方研究会



今日は第1回当別町観光あり方研究会を行いました。

前々から観光に関してはガッチリ考えたいと思ってましたので、やっとスタート地点に立てた感じです。
観光協会の役員や外部の方10名がふとみ銘泉に集合し、当別町が目指すべき観光のあり方や観光協会そのもののあり方を議論しました。
その中で大事な点としては当別道の駅に対して観光協会がどう関わっていくべきかと言う事です。事務所を道の駅内に構えるべきと言う意見が大半でした。
ただ、今の設計だとインフォメーションブースと事務所は分かれているし、そもそも事務所に観光協会事務員が入るスペースがあるのかどうかわからない。
観光協会にどうしますという打診は今の所役場からはナシ。
勿論、観光協会事務局は同じ役場内にあります。
そろそろ実施設計は終わりそう。

今から動かないと観光協会が不利な条件を押し付けられると言う危機感があります。

その他今日は道民の森の活用や冬のプログラムなどの開発が重要である事が議論されました。

ふとみ銘泉様の取り計らいで地元野菜や肉を使ったスブタや天丼の試食がありました。





次回は来月後半。

次回は観光協会が道の駅を使ってどんな自主事業ができるか話し合います。

システムなんだよなぁ。


先日は辻野商店関係で札幌市内の寮に野菜を供給する案件を検討しました。

何でもそうなんですが、発想を具体化するのには仕組みを考えないとできないんです。

インターネットで売買する仕組みを実現した楽天。
安いコストで質の高いデザインの仕組みを構築したユニクロ。

メチャクチャオリジナリティがある物を作るより、こんな事できないかという事を実現する仕組みを作る事の方が成功する確率が高い気がします。
ただ、いい仕組みを作るためには精密な設計と粘り強い継続力、イニシャルコストに耐えうる体力がなきゃいけません。
それでもこれはいけると思う経営者がいれば実現できるのでしょうが、私がその部類に入れるかどうかは?です。

システムなんだよなぁ。

建設協会安全パトロール



私、当別建設協会にて労務安全担当理事をしてます。

毎年、札幌東労働基準監督署の課長をお招きし役場発注工事現場をパトロールしてます。

昨日は二ヶ所パトロール。

現場があまり動いてないので書類を中心に見ましたが、監督署の課長から厳しい指摘がありました。
しかしもっともな指摘ですので、再度基本徹底せにゃならんなと思いました。



基本、個々の会社の事は個々の会社で改善すべきですが、協会として業界のレベルアップと言う事もありますので、これからいろいろ考えたいと思います。
まずは自分の会社から。

イベント出店



最近あちこちの町でイベントが多い。

土曜日つじの蔵も道庁赤レンガ前に出店してました。



出店する側と参加する側。

立場は違うようで似てる部分もあります。
案外見落とせないのが出店者同士の売買。
他の町の名産を食べてみたいとか一般客が少ないと買い支えあったりします。
出店自体を楽しまないと長続きしないと言う考えもありますし、ある時は出店者で、ある時は参加者になる時もあります。

イベント出店は大変ですが、考えようによってはレジャーみたいなものです。

「場所」と「時間」が正確にわかるとどうなるか?


GPSガイダンス。

場所と時間が究極レベルで詳しくわかるとどうなるか?

トラクターの走る場所が正確にわかるから農薬散布や肥料まきでロスがなくなる。

一度通った道路の凸凹を記録し、除雪時にそれを画面で見ながら作業すればガードレールや縁石を壊さなくて良くなる。

雪で埋まった道路を雪割りする時に画面の線通りに除雪すれば路肩に落っこちなくて良くなる。

測量のプロじゃなくても電波さえキャッチできれば境界位置が正確にわかる。

今日の午前中は友達の除雪業者にGPSの説明に行きました。
夏場農業で使ったGPSを冬場除雪で使い費用を折半すると言う趣旨です。

大まかには場所と時間が究極に詳しくわかると色んな事が便利になります。
技術の進歩はまだまだ未知数です。


静内「つぼ八、伊藤課長」工事中



現在、辻野建設工業では静内町の中心街大型商業施設ピュアで「つぼ八」と焼肉「伊藤課長」の工事をしております。

ピュアは現在おおかた一階が閉店しておりその活用が町の活性化にとって重要視されてるようです。

今回、つぼ八オーナーさんが思い切って新装移転する事になり町の協力も得て長年停滞していたピュア再生が動き出す事になりました。



工事業者として関わりをもたせてもらってる事に感謝ですが、地方都市の抱える中心街衰退の問題を考えると当別町と姿がダブります。



現状に対する危機感、理念とソロバンを両方備えてる人材育成、挑戦する町民風土、次の世代を育てる土壌。
これら課題に多くの人が意見を交わしながら一丸となって取り組む当別町になって欲しいと思います。


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索