社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
3
4
5
8
10
11
12
15
16
18
23
25
27
28
09


移住・定住の発表会


昨日は札幌ファクトリーで移住・定住に関わる発表会てのがありまして30分ほど当別の事例発表をしてきました。

私の発表はともかく厚沢部と月形の人の発表はなかなか興味深かったです。

厚沢部はゆいまーる厚沢部と言う福祉施設ですがなかなか考えられてる設計、コンセプト、運営、経営内容でした。

月形は引きこもり的な若者シェアハウスと就農体験の発表でしたが、困りもの困りものを助けると言う話は面白かったです。

やはり知恵のある人たちは違いますね。



懇親会では人口減社会とは何ぞやと言う話をしてましたが、これはなかなかよくよく深めたいテーマです。

家や土地を含め社会資産と人口の程よいバランスとは何ぞやとか、都市計画は人口減社社会にどう対応すべきかとか、幸福と人口の関係、機械と人間の共存、エネルギーや資源消費と人口の関係、人世帯あたり年収と人口の関係、少数精鋭の国家や自治体でも良いんじゃないか、これからはあえて国際経済のメインストリームから戦略的に外れ宇宙人的豊かさ?を求めても良いんじゃないかなどなどまとまらない頭でどうどう巡りです。

ともかくこれで一個、発表の重圧から解放されました。

スポンサーサイト

住みつなぐ。


昨日はちょっとした歓迎会。

当別田園住宅の中古住宅を購入されたご夫婦を住人の人と共に歓迎する会を行いました。
場所は地元パン屋さんのノルトエッセン。

来られる方は旦那さんが現在長沼でエコビレッジ塾をやっておられます。
今後は当別の活動を中心にして行くというので楽しみにしています。

一方で家をお売りになった方は親の介護の都合で札幌へ移られました。

このように1997年にスタートした当別田園住宅プロジェクトは2000年に第一号の家ができ15年たってそろそろ住み替えがおきるようになりました。

緩いコミュニティやエコな暮らしを大切にするコンセプトを継承し、その時代時代と折り合いをつけ発展させながら、どう世代をつないで行くか?

一軒一軒がどう住みつながれるのか?、ここでどう老い、ここで育った子供達がどう成長し、このふるさとと将来どう関わってくれるのか?
長い年月をかけずっと見ているからこそ出てくる答えがあるだろうと思います。

一方、仕掛けた事業者として思ってる事は今は戸建てばかり建ててますが、ファミリーアパートとか、暮らしのパターンの重層化。
例えば子育ての時だけここに住むって言う暮らし方の提案。
その子供達中心にちょっとした塾があるとか。

事業者である私達だけじゃなく、今住んでいる人やこれからここに住む人にとってこの町が「住みつなぎ感」が実感できるビレッジになるためにやれる事はまだあるんだろうと思います。


小麦の映画と女優さん。



今日は午後、江別のポスフールで小麦の映画を見てきました。
稲塚権次郎と言う育種研究者の物語です。

権次郎さんは農林10号という背の低い小麦の品種を開発し、後にそれがもとで海外あちこちで収量が多い小麦が作られました。

江別の有志の方がこの映画北海道上映に尽力されその関連でチケットをいただきました。
3時からの部では女優さんと監督の舞台挨拶があるとの事で、別にそんな興味は無かったんですが本にサインしてもらいました。

女優さんは野村真美さん、監督は主人公の親戚筋の稲塚秀孝さん。



日本にはいろんな分野で活躍した方がいたんだなと思える映画でした。



本も読むとトータルで勉強になる映画でした。

2Fの会

今日は久しぶりの2Fの会。

テーマは「観光について」

先日の「いーなか」より更に少ない3人の参加でした。
それでも話し合うことの凄さは話し合うだけで頭が整理される事。

まず当別に観光産業は必要か?ということですが、素直に町民が楽しめたり誇りに思える観光産業はあったほうが良いのだろうと思います。

では当別らしい観光資源とは何か?
滝川の菜の花のように農業と観光と製造業を組み合わせるのはどうか?
という意見。



リゾートじゃない地に着いた観光。

人脈を築いたりや人の力を引き出すマネージメントの大切さ。
当別ダム湖を活用したフィッシングやサイクリング観光。
小さなお店や工房など点在する小さな観光資源を魅力的につなげる仕組み。

などが話題になりました。

来月は観光協会役員有志他で議論をする事にしてます。



秋ですな。


今日はなんの用事もない休日です。

久しぶりにヤギをかまってやろうと畑の豆を取って差し入れました。

この時期あちこちから差し入れがあってヤギ達はメタボです。



冬の寒さは大変だけど幸せなヤギ達です。

遠出


辻野建設工業、今年は遠隔地の引き合いが多い年です。
まだ、受注が決まってないのですが設計したり見積ったりするの案件が結構遠い場所です。
上の写真は白老町虎杖浜。
今、住宅を見積もってます。
行ったついでにお決まりのタラコを買ってきました。

羊蹄山をバックにした真狩。


そして大規模リフォーム中住宅の蘭越。


遠出ついでに赤井川の道の駅を見てきました。
いろんな経緯を経てできたと聞いてたので興味ありました。


配置や設計概要は現在検討中の当別道の駅に似てる気がしました。

野菜直売場が別棟。




中にベーカリー。


大きな吹抜け。


親水広場。


物産コーナー。


第一印象はちょっと特徴がないような気がしました。

ついでに成功事例とされるニセコ道の駅も比較しようと思って行ったんですが、、、



駐車場が満杯で入ることすらできず、時間切れ。

断念しました。

周辺でコバンザメ商法してるお店がそこそこ集客してました。
人気あるのも良いですが、あり過ぎて入れないのも困ったもんです。

ということで休みならではの遠出でした。

薬草→遼くん→フィールデイズ→竹山高原温泉



昨日はバラエティな1日でした。

まず、午前中は薬草栽培してる農家Sさんを訪問。
高齢でそろそろ栽培やめると言ってるらしいので今年栽培始めたばかりのTさんをお連れし、是非もう1年やってTさんにつくり方を教えて欲しいとお願いしに行きました。
結局Sさんには会えませんでしたが、せっかく始めた薬草事業なのでなんとか継続して行きたいと思います。



薬草の次はチケットをもらったので輪厚ゴルフ場にANAオープンを見に行きました。



学生時代のバイトでANAオープンや島松の東急オープンにはよく行ってたのですが社会人になってからは始めて。
プロのショットを見ながらゴルフ場をぶらぶらするのも楽しいもんだと思いました。
別にミーハーじゃないんですが遼くんの組がギャラリーを引き連れてました。
ちょっと見てこうかと思いをティーグランドの後で遼くんのティーショットを見ました。



13番415ヤードのミドルだったのですが、打った瞬間どこ打ったんだろうと思うくらい右の林の上に球が飛んでったんですが、誰かが「ショートカット!」と言ったんでそうなんだと思いました。
続くマークセンと谷口徹のティーショットはそんなに右ではなかったので、本当にちゃんと越えたんか?とセカンドショット地点までついてったんですが確かに少し右ラフだったですがちゃんと越えてました。

すげー。

この辺で雨が強くなってきたのでゴルフ場を出ましした。

続いて恵庭のえこりん村。

今日までやってるフィールデイズに実は辻野建設工業でブース出してるんです。



あいにくの雨模様でお客様は少なかったです。
長靴飛ばしを見たり各ブースを見て押し売りされたりながら過ごしました。



ひなたんぼ竹田君や宇野牧場さん、ありがとう牧場さんとお話ししたかったので良かったです。
フィールデイズのコンセプトの一つ「出店者同士のつながり」は素晴らしいですね。

昨日始めたお会いしたイリヤの社長さんはとても興味深かったですね。
オリーブオイルやハチミツを売ってるんですが、販売コンサルタントをやってる間に自分自身をコンサルしたくなったそうで昨年起業したそうですが、既に5、6店舗持ってます。

将来はギリシャクレタ島に農場持ちたいとか、田園住宅みたいなところに住んで養蜂したいと言ってました。

フィールデイズが閉会した後、更に北広島の竹山高原温泉へ。



大学の先輩が竹山高原温泉近くにワイルドな土地を買ってセカンドハウスを建てるかもしれないので相談に乗ってくれとの事。

営業、積算、現場監督スタッフを招集し現地を視察。
確かに普通の土地じゃない課題がある土地でした。
「あなたのところは田園住宅みたいな仕事をやってるからこういう土地は慣れてるでしょ?」と言うことでお声がかかったようです。

ありがたい事です。

ということでざっくり課題を整理し、連休明けから調査を始めます。

今日はこれから真狩→蘭越→白老(余裕があれば→長沼)に出かける予定です。








地方商店街からスターを生む。




数年前、私会長やってる中央通り会が主催するイベントでお父さんが当別で病院やってる Rihwa(リファ)さんていう娘が路上コンサートしました。

その頃リファさんは北海道でも少し売れ始めててテレビを見てた会員が発案し、別な会員がコンタクトをとり地元路上コンサートが実現したのでした。
その後リファさんは全国区になったと聞いてます。

次の年だったかそのイベントで今度はお母さんが焼肉屋さんやってる光成君って言う子がバンドやってるんでコンサートしてもらいました。

バンド名は「ゴキブリ神神《かみかみ》」

このバンド、先日渋谷で行われた「宇田川コーリング2015グランドファイナル」と言うコンテストで優勝しLD&Kと言うインディーズレコードからよりデビューするそうです。

リファさんに続き、中央通りからメジャーデビューか?

詳しい事知りたい、またはお祝い、冷やかししたい人は焼肉「なんこう園」に言ってママになんか言ってみて下さい!

一区切り


昨年から行ってきた老いても住み続けられる当別を考える勉強会。

今日はたった2名の参加でしたが、一応、勉強会そのものはこれで一区切りつけました。

私達が考えた除雪や移動手段、買い物代行などの課題についての答えは解決策そのものではなく、情報取り扱いの方法でした。

携帯電話が除雪問題を解決するわけじゃないけど除雪業者に除雪を頼むのに携帯電話はとても便利。

便利な機能がそれにまつわる産業を発展させると言う形もありえるのじやないか?
そんな思いを持った勉強会でした。

参加していただいたのはお二方ともとても熱心な町内会長さん。

感謝いたします!



原稿書くのも大変


視察とかともそうなんですが、ちょっとお願いします、と言うことで受けちゃったは良いけどいざ準備となると大変っていうことが時々あります。

今回も移住の事を30分ほど話して欲しいという事で受けたは良いものの資料作成に手間かかってます。

話すのは本業でないし、上手じゃないし、パワーポイント作成も手馴れてない。

発表して可能性のあるメリットは発表後の交流会でなんか良い人と出会える事かなぁ。


「あいえ」でペレットの実演と移動販売


昨日は辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」にてペレットストーブ実演と生活クラブ生協さん移動販売車「あみーか号」による商品販売がありました。

現在札幌市ではペレットストーブ購入最大15万円の補助があり、更にペレット自体の購入に関しても8円/Kgの助成があるそうです。


生活クラブ生協さんもペレット販売に関して興味があるようです。
そんな絡みもありあみーか号を出動してもらうことになりました。


あみーか号が来てご近所の人達も出てきて井戸端会議的な小世界が出来上がりました。

野菜生産・販売についての意見交換



今日の夕方は辻野商店主催で農家さんと2人と野菜生産・販売についての意見交換をおこいました。

◯家族2人で農家をするためには付加価値を高め高く買ってもらう戦略が必要。

◯そのためには無農薬栽培や自分で配達、値付けする。

◯新規就農野菜生産で成功するためには絶対になんらかのこだわりがなくてはいけない。

◯大規模野菜生産は特にそうだが農家経営数値分析は大変大事。

◯例えばピーマンを安定供給するためには複数農家で連携しなきゃいけない。

結局、農家さんはそれぞれに違ってはいるものの単独では成立しない部分は大いにある。

私達、集荷業者はそこを冷静に見据え、しっかり農家経営をサポートする事業を展開せねばいけないということだと思います。

薪ストーブ祭り見てきました。


昨日は気になってた北海道リンクアップさん企画の薪ストーブ祭りを見に行ってきました。

正式には薪ストーブ日和祭。
場所はさっぽろばんけいスキー場。



初めて夏に行きましたがばんけいスキー場はパークゴルフやバーベキューで遊べるようになってるんですね。


さてお祭りの中身は
・世界に一つだけの着火剤をつくろう。

・直火でソーセージやマシュマロを焼いて
食べちゃうたき火で味わおう。


・ハンドメイドピザを作ろう。これは簡単にできそうなピザ釜でした。


・薪割り体験。


・薪ストーブ用品販売。
薪を持つウッドグリッパーこれは良い!


そのほか薪を置くための用品。




薪を割る斧も魅力的なのがいっぱい。


薪ストーブの展示、中古薪ストーブ会場限定販売、ペレットストーブ特価販売会。


国内最速ストローク薪割機デモンストレーション・特価即売会。

STIHL社製チェンソー試運転・メンテ講習会。


薪ストーブ燃焼実演。


などなど盛りだくさんでした。

今年で5回目の薪ストーブ祭り。

2日間で約1500人来たみたいです。
薪ストーブも30台くらい売れたのかな?

薪ストーブの根強い人気を感じました。

辻野建設工業も北海道リンクアップさんから薪ストーブを仕入れてつけるてので一度はこのイベントを見てみたいと思ってました。

勉強になりました!


辻野建設工業OB収穫会


今日は恒例、辻野建設工業OBの皆様向けイベント、収穫祭を行いました。
すがすがしく爽やかな秋空の下、農家さんと農業や栽培のお話しをしながら楽しく収穫をしました。
まずはミニトマト。



私も久しぶりに味見しましたが、ビックリするくらい甘かったです。
「こんなにビッシリなってるトマトを見れて感動しました」と言う感想をいただきました。

ミニトマトの次はジャガイモ堀りとトウキビもぎ。


たまたま今回ご参加いただいた方にこれからカレー屋さんを始めようと考えてらっしゃる方がいて、食材供給や空き店舗の事で少しご相談いただきました。



当別は農産物供給拠点としては良いのじゃないかと思ってますんで、そんなお手伝いをさせていただくと楽しんじゃないかと思います。

生ゴミ資源化循環


昨日は三笠市へ。
当別の商店街の若い後継者が生ゴミ資源化事業に取り組んでみたいからまずは勉強会を立ち上げたいと言うんでメンバーになりました。
その生ゴミ資源化モデルが三笠市にあるのでまずは見に行くことにしました。

まずは曜日を決め特殊なバケツに入った生ゴミを各戸から回収。ゴミ処理代はかかりません。


集めた生ゴミはし高温粉砕処理しふるいにかけます。




途中でEM菌を加えます。


できたものを2カ月発酵させます。


それを15キロ袋に入れて農家に販売します。


農家に行きました。三笠はハウス野菜農家もまずまずいるようで、できた堆肥はキュウリやメロン、トマトのハウス内で使われてました。


というのが簡単な仕組み。

この仕組み、大林組に勤めてた方が定年してから立ち上げたものです。

ゴミ焼却炉の耐用年数や補修費の問題、ゴミ有料化の問題、雇用やお金の地域内循環の問題、環境に対する意識の問題。

生ゴミ資源化に取り組む動機は様々ですが、実際取り組むためには市民の環境意識の高まりと役場の誰かが本気で取り組む決意が必要。

これから勉強会が始まりますが、応援したいと思います。

当別緑町の家見学会


今度の土日、当別緑町で完成住宅見学会があります。

ほんと私の家から見える場所です。

でもかなりのこだわり住宅ですから建築や家に関心ある方は是非お越しください!


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索