社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
1
2
5
6
8
10
14
16
20
24
26
28
29
06


芦別市のチップボイラー導入事例


昨日の日中は芦別市へ。

木質バイオマスの取り組みを視察しました。

私は前段の芦別市役所でのヒアリングで帰りましたが、他の方は後段、チップボイラーを導入しているスターライトホテルとチッププラントを見学したはずです。
とても参考になりました。

要点を箇条書きすると
◯市の面積の88%が森林の芦別市では5年前から木質バイオマスの有効利用をいろんな角度から検討していた。

◯議員提案によりスターライトホテルへのチップボイラー検討が始まる。

◯森林から出る林地残材の賦存量を計算。芦別では国有林が多い。国有林の林地残材を地元で使うには一工夫必要。協議会を作って国を巻き込んだ。

◯ボイラーの容量を検討するのに既存ボイラーの熱量測定を実施。ピークと最低熱量を見極めボイラーを選定。

◯ボイラー導入には約3億1,000万円かかった。建築8,000万円、電気3,000万円、機械2億円。
そのうち森林整備加速化・林業再生事業補助金で1億5,000万円、森林整備加速化・林業再生交付金1億2,000万円、過疎債4,000万円使った。結果900kw+700kwボイラー導入。

◯結果的に年間燃料代が6,200万円から5400万円へ800万円下がった。

◯現在チップ単価18,300円/t。

◯チップ生産もボイラー導入と同時進行で検討。地元吉井木材さんが中心となり素材生産業者、建設業者6社で芦別木質バイオマス開発協同組合設立。
チップ生産始まる。ストックヤード3,000万円、自走式破砕機3,000万円、トラックスケール3,700万円。総務省地域経済循環創造事業で3,000万補助。

◯チップは自然乾燥で1~2年必要。

◯残材はいろんな集め方。最近近隣市町村からの持ち込み話が出てくるようになった。

◯チップサイズの検討大事。芦別では大きなチップ作ってる。

まだまだいろんな事を教えてもらいましたがとても参考になりました。

スポンサーサイト

蔵出し市2015

今日は辻野グループ蔵出し市2015を行いました。
一番人気は半端木材の販売。
整理券を配っての販売。


何事も毎年少しずつ改善を加えるのが辻野流。

今年はお客様呼び込み新規作戦はまず「とべのすけ」。
なかなか様になってません?
しかしこの作戦、さほど成功したとは言えませんでした。


次に卓球選手権。
赤レンガを背景に様になってますが、参加者は女子2人。
企画倒れました。
そのあと私は高校2年生と卓球で遊んでました。


クラフト展は新しいつながり作りになりました。
出店者からいろんなアドバイスをもらったり今後に向けたヒントをもらいました。


昨年始めた古本市はなかなかいい感じでした。
年を重ねて定着することもあります。


肝心の仕事関係では、過去客の自宅売却相談が2件あったりと当別の高齢社会化を反映した相談がありました。

人口減少社会の先端を行く当別に魅力を高め人を集める事を辻野グループとしてこれからも考えて行きたいと思います。

あいえの見学会


今日午前中はパッシブシステム研究所による辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」の見学会。

偉い先生が来られたりして気恥ずかしい中一応説明させていただきました。


まだまだ技術やコスト面の改善点はありそうなパッシブシステム。
いろんな方にご意見頂いたり、勉強させてもらい改善していきたい工法です。

農家さんまわりの続き



辻野商店の農家さんまわりを再開しました。

だんだん大豆や小麦にちょっとした障害や病気が出てきたので、営業マンへの問い合わせが増えてるようです。
そんな中、肥料農薬以外の話題もありました。

◯自分のところと隣の農家に30半ばの独身がいる。なんとかならんもんか?

◯カボチャに変な虫がついてる。今度事務所に持ってく。

◯今年は米をフレコンで出すのに納屋を改造しなくちゃ。



◯道の駅の話が見えてこない。

◯ブロッコリーの収入がまずまずだ。



などでした。

一概に農家さんと言っても考え方や関心の対象が違うので一人一人違うのですが、それでも何件か回っていくと今の農業の問題やら先行きの見通しが見えてくるんじゃないかと思います。

さいかい産業古川隊長、来町


昨日は新潟市でペレットストーブを作ってるさいかい産業創業者である古川開発隊長が当別に来られました。

エコアパート大沢さんのツテです。

鳶職人からペレットストーブ&原料ペレットメーカーになった古川さんはある意味伝説の人ですがとても熱くて人間味のある方でした。

古川さんの言葉から
◯ペレットは地域にお金を循環させる。
◯とめどもない安い価格追求で得られるものはない。
◯ペレットは58円/Kgが妥当。
◯補助金やコンサルには気をつけよ。
◯チップを乾燥させるなら3パスキルン。
◯チップを細かく砕くには安いカッターミルかハンマーミル。
◯原木からチップに削るには一軸回転式。
◯まず機械を借りてでも良いから安いイニシャルで少量ペレットを作り市場の扉を開け。
◯1000万円でペレットプラントは作れる。乾燥は別途1000万円くらい。
◯地産地消にこだわりすぎるな。他地域他企業から一部ペレット仕入れでも良いじゃないか。
◯ペレットの有利点は物流コストが安い事。

自ら作り商売と社会性を両方分かる古川さんは貴重な方と思いました。

最後はドラム缶で作った打楽器を披露してくださり、会場の焼肉じゅうじゅうはママや他のお客さんを巻き込んで盛り上がりました。

夏至祭のころ


今日は当別の夏至祭。

北欧の夏至祭には男女縁結びの意味が込められてるそうですが、当別ではそれにあやかり夏至祭前日に町コンをしてます。

昨日は男女33人が集い、田西会館で自己紹介と食事をしてから、町内飲食店に繰り出しました。
男性はほとんど農家さんで女性はなんらかの形で集まったほとんど町外の方。

4回目ですが、昨年1組結婚しました。

今年は田西会館で「おにぎらず」をやってみました。


商工会主催企画に農家さんが多く集まるというのは良い意味の農商工連携。
アットホームなまちづくりとしての町コンです。

うまくいくと良いですが。

昨日の昼は北海道医療大学九十九祭にて開かれてた「薬用植物・生薬の可能性と未来 in北海道」と言う市民公開フォーラムに参加しました。



その中で私が理事を務める当別新産業活性化センターが「当別町における薬用植物の栽培~3年間の取り組み~」と言うテーマで発表しました。

このプロジェクトもうまく育つと良いなと思ってます。

市民公開フォーラムの前は辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」前にて花の苗即売会。
当別田園住宅「はっばごこち」林田さんにご協力いただきました。



思ったより花苗の吸引力はあって自然と人が集まってきました。
まだモデルは売れてませんが、少しずつ地域の人達とのコミュニケーションが取れてきてる気がします。



ということでこれから私は九十九祭でハンバーガー売りに行きます。




当別における木質バイオ導入検討


昨年より行ってる当別における木質バイオマス導入検討。

薪かチップかペレットか?ではなくてその使い分けを検討しています。

ただ、そもそもクリアしなければならない課題がたくさんあります。
チップで言えば森林事業量、移動式チッパー導入、乾燥工程、品質と価格、実需者開拓と供給能力など。

その辺を見据えて月末に芦別のホテルを視察します。

この検討会のユニークなところは民間ベースの手弁当勉強会であるところ。
この手の検討会を役場ペースで行うと自由な発想が出なかったり、なかなか効果的な会議になりませんがこの会は違います。

話し合って面白いのは、みんなの方向が来年廃校になる弁華別中学校が将来、薪やチップのヤードもしくは乾燥施設もしくはプラントになれば良いのじゃないか?というところに向いてる事です。

私はそのまわりに薪やチップ暖房を使った花き栽培団地ができると良いのじゃないかと思います。

煎餅屋さん訪問



今日はつじの蔵で販売中の黒煎を作ってもらってる新琴似のおかだ製菓を訪問。

どんな手順で煎餅を作ってるか見てきました。
こちらの煎餅は小麦粉で作った甘口煎餅。
前日に仕込んだ小麦粉を適度な大きさにまとめます。


そして電気コンロで約200℃弱、4~5分程度焼けば出来上がり。


ゴマや玉ねぎ、豆などいろんなものをトッピングできます。


作り方を一度見ておけば提案もしやすい。
五穀煎餅や甘さ控えめ煎餅などはどんなものか?と考えたりします。

黒煎(くろせん)

つじの蔵で新しく始めたせんべい、黒煎。

当別産の小麦粉と黒千石を使ったオリジナル煎餅。


5枚入り300円。

、、、です。

新潟米農家さん視察


今日は新潟で米農家さんを視察。

、、、と思ったら空港でバッタリ秀岳荘の小野社長と遭遇。
記念写真を撮ろうと言ったらこんな組み合わせで写ってしまいました。

その後、初期の目的地の玉木農園さんに到着。
今回の視察は私と辻野商店湯浅常務、当別の農家さん2人の計4人でした。


今回の訪問目的は今、コメどころ新潟で離農が相次いで、玉木農園さんはその駆け込み寺的な事になっていると聞き、その事実を確かめに行くということでした。


実際に行ってみて確かに農家の平均年齢は70才、米の値段は下がって戦意喪失してる農家さんは多いようでした。

玉木さんに行ってとても驚いたのは米づくりの基本が徹底されているところ。
つまり、経費をかけずに米を多く取って儲かる農業を実践しているところ。

さすがコメどころの鋭い感性を持ってる玉木さんでした。
また、農家さんと来たいと思います。

豪快な建前


今日は午後から新篠津で新築住宅現場の上棟式。
餅まきは2俵半。
参加者は100人とは言わないけどすごい数でした。
なんかイベントでもあったかのよう。
農家ですから隣の家とは相当離れていますが、どこからともなく人が湧いてきました。

餅まきに続いて直会。


大工がかぞえたらお酒は全部で56箱あったそう。
ま、ともかく元気が良いというか、威勢の良い上棟式でした。

農家まわりと大豆勉強会



昨日は農家まわりを続きをしました。

最初の農家さんはなるべく農薬を使わず機械で除草し、その分幾らか高く買ってもらう大豆作りをしてました。
その除草機械にはいろんな工夫を凝らした7種類のヒゲ金物がついてました。
土を浮かして草を跳ね、また土を寄せるという一連の作業を1回の作業で行う工夫です。
農家にとっては当たり前の事かもしれませんが、農家はすごい事を考えるものだと感心しました。



次の農家さんは小麦の収穫時に乾燥し終わった製品を早く引き取ってほしいという話。

3軒目の農家さんはブロッコリーを作ってる農家さんですが、共同選果もしくは個選したブロッコリーを氷詰めするセンターがあると良いねと話が盛り上がりました。



夕方は夕方で大豆の狭畦(きょうけい)栽培勉強会。


社員が撮った写真を見ながら農家さんが自分はこうやったら良かったとかダメだったとか話し合う雑談のような勉強会。
単なる講師がいてレクチャーする勉強会より、この方がよっぽど本質的な話が聞けて為になるし面白かった。



また数ヶ月後にこの手の勉強会をしようと思います。

蔵出し市2015



毎年恒例の蔵出し市。

今年は6月27日(土)10:00~16:00で行います。

半端木材の格安販売や雑貨市の他、当別リゾットの試食、当別産小麦と黒千石で作った煎餅を販売します。



とべのすけも11:00、12:00、13:00に登場、14:00は蔵の中で懐メロバンド演奏。

11:00からは好きな人に卓球大会で楽しんでもらおうと思ってます。

ふれあい倉庫のイベントや全久寺祭りを合わせた連続イベントと勝手に銘打っての開催です。

お試し住民の頼み事


辻野グループ社員寮として建てたアパート「TGホーム2」。

18室の内5室が長期滞在者向け部屋となってます。
利用者は主に夏場の暑さを逃げて本州から来るご夫婦です。
さほど稼働率は良いとは言えませんが、毎年来るリピーターが増えてます。
多い人でかれこれ6回くらいは来てるでしょうか?
3回以上来るとなるとほとんど知り合いというか、友達感覚になっていて、いろんな相談が来ます。
今年これから来る人は「裏の畑に撒いといて、行ってからは自分たちで世話するから」と言って野菜の種を送ってきた人がいました。

しょうがないから(かと言って大した迷惑でもないのですが)、私の父に頼んで温室で播種し、芽を出してから別な野菜も加えて移植しました。


こんなちょっとした変わり種な事がお試し住民にとっては面白いのだと思います。

「暮らし」の既成概念から一歩はみ出た別な「暮らし」が少しずつ世の中に滲み出初めています。

石狩市こども未来館 あいぽーと



石狩市民図書館のとなりに自転車がたくさん置いてあったのでこれはきっと子供達の施設だな?と思って入ってみました。

端的に言えば児童館でした。

ただし、学童保育の機能も併設。

5年前に完成したこの施設は平日50人、土日100人、夏休み120人といった感じで利用されてるそう。

プレイスペース


創作活動室


ラウンジ


乳幼児子育て支援室


このほか、バンド演奏の練習ができる文化活動室があります。

運営してるのはNPOこども・コムステーション・いしかり。
この施設の完成前からあったNPOがその活動実績を評価されて運営委託されてるそう。

小さいこどもから高校生までを幅広くカバーしてるそう。
もっとも現実の対象は近くの学校の子供に限られるようです。

図書館と言い児童館と言い石狩市、結構頑張ってますな!


日曜日の石狩市民図書館・12時。



昨日は午前中、当別駅周辺にて老後暮らす物件探しで歩いてました。
その後、ご本人ご夫婦と図書館談話になりました。
最近、私は当別版地方再生計画について頭をめぐらしていて、町内で起こっている様々な議論の根拠や正確な意図を聞いて回っていますが、このご夫婦は図書館はまちづくりに不可欠とのご意見をお持ちです。

ご夫婦曰く「ともかくまずは日曜日の12時に石狩市民図書館を見てきてごらん」。

という事でまさに今日の日曜日の12時に石狩市民図書館に行ってきました。





図書館で本を借りない人は結構いるそう。
確かに高校生か中学生らしき子供が真剣に勉強してました。
彼らにとってここは勉強部屋。

もちろん、カートにどっさり本を詰めていくお年寄りや絵本を借りてく親もいました。



朗読室、グループ活動室、ビジネスコーナー、視聴覚室、研修室、軽食コーナー、物産コーナーなど幅広い機能がありました。

















若い子だけじゃなく、お年寄りにとっても良き居場所になるそう。

これは一種の公園ですね。

北海道は冬の過ごし方が重要ですが、確かにこんな「知の公園」があると良いかもしれません。

ご夫婦の悩みは2月に町長に提出した図書館議論が深まらない事。

図書館議論を単なる図書館議論にとどめず、中心市街地や商店街活性化、小中学校一体化、役場改築計画、公営住宅建て替え議論と合わせた「複合施設」ならぬ「複合政策」としてパッケージで議論したほうが早道なのかもしれません。

次はご夫婦、オススメ第二弾、美瑛図書館に行きたいと思ってます。






老いても当別に住み続けるための「移動手段」


昨日は老いても住み続けられる当別を考える会でした。

テーマは「移動手段」

一般のタクシーや福祉タクシー、ふれあいバス、デマンドバスなどについて話し合いました。

ふれあいバスや福祉タクシーは便利だけど採算が合わない。

より効率的運営を図るためには利用者自体も計画的に行動する意識改革が必要。

また、バスを利用するための目的を作ることも要検討。
例えば毎週、木曜日18時に駅前空き店舗で将棋クラブをするのでそれに合わせたバスの便を作るとか。

白ナンバーや青ナンバーの境目がよくわからない。
単なる有料搬送だと青ナンバーかもしれないけど、買物や介助が主目的なら白ナンバーで良いのか?など。



目的別でどんな移動手段の選択肢があるのかが分かるアイパッドみたいなのがあると良い、などの意見が出ました。

以前の「除雪」問題と同じように
○現状課題の整理と分析がなされてない。
○サービスの需要者と供給者の把握ができてない。
○ワンストップ窓口が必要。
○役場内に「雪対策課」や「交通対策課」などがあれば良い。
などの印象を持った会議でした。

私は今後、当別版地方創生計画私案を考える事にしてますが以上の内容を盛り込もうと思います。







新しい仲間と当別を語る会



昨日は新しい仲間と当別を語る会でした。



この会を主催する住んでみたい当別推進協議会の総会後懇親会を最近、越してきた方との交流会にしてます。

どうしてその人達に連絡できるか?ということですが、転入手続きを役場でする時にアンケートを実施してます。

どうして当別に来ましたか?今後連絡しても良いですか?と言う感じです。

で、その連絡先に交流会をご案内したところ今回は3組のご夫婦が参加しました。

○ご主人がツアーコンダクターで奥さんが自宅でエステしてるご夫婦。

○冬の美しさに圧倒されてるという奥様。

○お二人とも社会福祉法人ゆうゆうに勤めてるというご夫婦。

いずれも東京や埼玉から移住してきた方々です。

当別を選ぶ方がいるという事はそれだけの魅力があると言う事。
その魅力を10倍拡大して10倍知ってもらえば10倍以上の人が来るという来る事になります。

そこですよね。

これから当別版地方創生を考えるのですが、この現実はしっかり押さえておきたいポイントです。







プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索