社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
1
3
4
5
6
9
12
15
17
21
27
28
04


野菜の付加価値戦略


東京、大田市場に来ました。

先日、蕨岱の農家さんに紹介してもらった大田市場内の仲卸業者さんがネットで業務用野菜紹介をするので一口乗りませんか?と言うお話しを頂き、早速本社を訪問させていただきました。

辻野商店として顔の見える業務用野菜販売を模索する上で実需者にどんなニーズがあるのか?価値観を共有できる売り先がいるのか?その辺の感触をつかみたいと思ってます。



担当の方に丁寧に説明していただきました。

先方からの質問。
①Q1:何か特徴のある野菜はないですか?
特に美味しさの特徴があると良い。
A1:雪の下キャベツ、アスパラ、春ぼりにんじん、越冬ジャガイモ、フキやウド、トウキビはどうですか?と聞いたところそんなのでも良いとの事。

②Q2:はねもの野菜は無いですか?
A2:カボチャやニンジンだといけると思います。

こちらからの質問。
①Q1:配達はどうしますか?5tコンテナ受け入れ出来ますか?
A1:5tコンテナでもいけるし、付加価値の高いものは宅急便でもいけると思います。

②Q2:こちらは不慣れなので最初は小ロットや様子見ながら販売でも良いですか?
A2:当方も始めたばかりなので構いません。

③Q3:価格は折り合えますか?
A3:安いに越した事は無い。だからハネ品が良いのじゃないか?
ただ、当社では東京野菜と言うブランドを持っているが、味にしろ作り方にしろ付加価値をつければ高く売れる。
農家さんに一定の決め事を守ってもらってブランド化した方が良い。

以上。
当別に戻ってから作戦を練ります。

次に横浜万葉倶楽部食堂にて当別野菜を採用してくれそうかの下見を兼ねた訪問。

6階レストランでは九州のニラ、淡路島の玉ねぎに力を入れてる様子。

ここに当別ジャガイモ、当別ニンジン、当別カボチャ、当別アスパラを織り込めないか?今度社長さんにお会いできたらアピールする機会があると良いなと思います。


こちらの万葉倶楽部はグループの中で一番大きい施設。
来場者はふとみ銘泉の5倍はありそう。


当別役場は現在農業10年ビジョンを作ってますが、その中で農産物の売上向上をうたってます。

であれば、すぐにでも行動しなければ。
しかし、役場主導じゃ押し付けや武士の商法、あるいはルール漬けになるのでJAも含めた民間の力で実現するのがベスト。

時は待ってくれない。
早くしないと離農が進んで隣町の農家に農地が買われたり、精魂込めて土地改良した主食用の畑が牧草畑になってしまう。

大型化と同時進行で付加価値の高い野菜販売の道筋を考えるのが、辻野商店の使命と思ってます。


スポンサーサイト

こいのぼり


昨日は当別の町中でこいのぼりをあげました。
当別に開かずの間ならず通れない橋があるんです。
住民の反対で頓挫した区画整理事業の橋です。
その橋のたもとで町内会長や商店街の人達ともうかれこれこいのぼり立てを10年以上はやってるなー。
子供達の幸せを願ってやってるんですが育成会も解散するくらい子供達が減ってて誰が見てくれるんだろう?と思ってました。
そしたら子供達が通り過ぎたんで、どこのかと思って町内会長さんに聞いたら今年5人の子供がいる家庭がこの町内会に移って来たんだそうです。
その子供達のためにもこのこいのぼりが元気に泳いでくれるといいな。


田園住宅の巡回パトロール


当別田園住宅で子供達がツリーハウスを作ってるという情報を得たので、どんなもんか見に行きました。

残念ながら子供達はいませんでしたが、お母さんとお話ししました。
裏山で拾ってきた木の枝でハシゴと床が出来てました。
子供達的にはまだまだ完成してないようですが、普段ゲームばかりやってる友達がすっかりツリーハウス作りにのめり込んでるそうです。

子供達の中に自然に親しむ行動が伝播する事はとても嬉しい。

うまくいかない事、工夫する事、体で匂いや痛さや気温や風を感じる事などなどの体験を後の人生に役立てて欲しいと思います。


ツリーハウスを見た後は道路掃除してた住人にお声掛け。

冬の除雪で飛ばされた石や砂を掃いてたそう。

「ちょうどよかった」と土地の買い足しの相談を受け明日以降、調べる事に。

雪は大変だけどここの暮らしには満足してるそう。

巡回パトロールで住人の方と話すといろんな発見があってとても楽しいし、次の展開へのヒントがもらえたりします。






ソファとon the wall mini


今日から公開中の辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」。

残ってた2つの作業が終わりました。

1つは静岡、園田椅子製作所から送ってきたソファのクッション取り付け作業。

これで居心地の良い窓辺ができました。


もう1つはデッキの花飾り「on the wall mini」取り付け作業。


こちらは富山県高岡市、モメンタムファクトリー・Oriiさんの作品です。
銅板を伝統的な方法で着色してあります。

デッキを部屋の延長とみなして本来なら部屋内に付ける花飾りをデッキに付けて見ました。

移動支援と買い物支援を考える。


昨日は老いても住み続けられる当別を考える会でした。

テーマは「移動支援と買い物支援」

参加者は町内会長さん2人と魚屋さん、介護職員、そして私達事務局3人の計7人でした。

移動支援についてこれから期待できそうなのはデマンドバス。
デマンドバスは予約制の行きたいところに行ける乗り合いバス。
役場で導入検討中らしいです。

タクシー屋さんからクレームきたら困るので福祉タクシーも検討したらどうかという話に。

買い物支援については何店かの商品を積み込み自宅や集会所で移動販売する請負業の創設案。
余った品物は仕入れたお店に返品可能にする。

次回はより踏み込んだ移動支援について考える事に。
社会福祉協議会や役場デマンドバス担当者、タクシー屋さんに来てもらおう、そして何か新しい案があれば事業スキームや採算性を検討しようと思います。

私の整理法


昨日、日経読んでたら久しぶりに整理法の記事が載ってました。
整理法って時々、ブームになるんですよね。

この私も大分前の整理法ブームに乗って野口悠紀雄さんの押し出しファイリング法を今でもやってます。

私の場合はジャンルがまたがる用事が多いのでファイルにすると種類が増えちゃって大変なので時系列で書類を整理してます。
もちろんファイルに綴ってる書類もありますが。

いらなくなったA4封筒に書類を入れ日付と中身を書いて机にしまいます。



一定期間保管したら捨てちゃいます。
過去のファイルで必要なものは手前に置き直します。

もう10年以上、この整理法をしてますがとても良いです。


農家さんの応接間

町議選挙応援の合間を縫って農家さんまわりを続けます。

昨日は弁華別方面へ。

とある農場ではビニールハウスの下に応接セットを配置した野外応接間で辻野商店への要望やこれからの農業問題について話をしました。


何件かの農家さんの昨日の話では、、、

○町で農業者育成制度を作ったら良い。

○その時は研修圃場と宿泊施設必要。

○最近近場で一件新規就農が来た。

○将来居抜きで自分の農場を売っても良い。

○冬場作れる花、ラナキュラス。

○離農が進み面積が増えたら米は直播にし、飼料米にする。

○趣味で名古屋コーチンを飼ってみた。


○山買わないか?

○畑の機械作業手伝っても良いかも。

○野菜をつじの蔵で売っても良いかも。

などのような話が出ておりました。

離農が進むこの地区での農業のあり方が模索されます。


今日も農家さんまわり。


辻野商店の話。

何年かに一度しか回れてないので今年は農家さんまわりするよ!と社内で宣言したのは良いものの、私と営業マンとでなかなか時間が取れなかったり、今回はじっくり話を聞いてるのでなかなか進まなかったりしてますが、今日は半日まわりました。

規模が大きいから畑を見て欲しい、肥料の早取りして欲しい、草取りの手伝い探して欲しい、野菜の売り先ないか?などいろんな話を聞きました。

私達に何ができるか?を模索します!

地方の民主主義とは?


当別町では次の火曜日から町議会議員選挙が始まる予定。

投票日は26日。

この機会に地方自治体の民主主義について考えたくなるものです。

町民が議員を選び、選ばれた議員が議会で議案を審議し採決を取る。

町民が町長を選び、その町長が行政を動かし、議会に提案をする。

システムとしては民主主義ですが、町民が自分たちのことを自分たちで決めてる実感がないのも事実。

町の説明や意思決定プロセスに工夫を凝らさないと民主主義が形骸化してしまいます。

色んな考えがある中で全ての意見は通らないものの、ある程度細かく町民の意見を聞きつつ、リーダーが良い選択をする事により町民のやる気を引き出せる。

会社でもそうですがベクトルが揃うと力が発揮できる。

多分そんなやり方が地方の民主主義かな?と思います。



安藤忠雄講演会

昨日は辻野建設工業設計スタッフ2人と安藤忠雄講演会に行ってきました。


札幌市民ホール。1500席が満杯でした。
テーマは「地方都市が生き残るために何が必要か?」みたいなテーマでした。


超一流の建築家が何を語るのか?興味津々でしたが、私の印象に残った言葉は、

○組織力・・・難しい建物を建てる時には設計、監督、職人、時には歴史学者などをまとめて行くリーダーシップが必要。

○総動員・・・良い建物を実現するには人材の他に既存の建物、風景その他その周辺にある全てのものを総動員し、そこにしかないものを作る。

○時間・・・安藤忠雄が手がけるプロジェクトは一つに10年以上かけるものが沢山ある。
まずは木を植えるところから入るプロジェクトが結構ある。長い先を見るスタンスがブレずに良い仕事をする秘訣と思いました。

安藤忠雄はおべんちゃら言う人に思えませんが北海道には可能性があると言ってました。

安藤忠雄が言う北海道の可能性のある一番のものは「雪」です。

安藤忠雄は「雪をデザインしろ」「雪を背景にデザインしろ」と言ってるような気がしました。

これから建物を手がける私たちとしては「雪見窓」とか「雪に映える建物」とか「雪シェルター」とかこれだけふんだんにある雪を上手に活かして生活の質向上や観光振興につなげてくべきなのかもしれません。

とても良い講演会でした。


協力会員向けの見学会


昨日から明日までの3日間、辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」の協力会会員向け見学会を行ってます。
当社が普段仕事を頼んでる建材屋さんや設備屋さん、電気屋さんなどにモデルハウスを見てもらい感想などをいただきつつ、できれば口コミ宣伝をお願いする目的です。

昨日は9名参加。

○パッシブ換気の性能はどうなのか?

○Q値1.12は素晴らしい。

○換気の様子が分かるものがあれば良い。

○デザインや仕様は温もりがあって良い。

○シンプルで良いが照明がシンプル過ぎ?

○珪藻土の調湿機能が良い。

○冷暖房のコスト比較が欲しい。

○冬季間の湿度に興味ある。

○屋根の水たまりが気になる。

○床暖房の効果が気になる。

○木材を活かした独自性を感じる。

○もっとパッシブ換気の良さを説明して欲しい。

など、建設業界に詳しい人たちなのでお世辞よりは率直な感想をいただきました。
いただいたご意見を参考に営業活動を進化させたいと思います。

AirG CMレコーディング


辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」の宣伝を行うのに初めてAirGでCMを流してもらう事になりました。

昨日はそのレコーディング。20秒のラジオCMです。
ナレーションは・・・

辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」。
4月25日(土曜日)グランドオープン。
今、話題の「パッシブ換気」を導入した心地よい空気が循環する家。
詳しくは4月18日道新朝刊折込の不動産情報「家探し」または辻野建設工業ホームページで。

・・・というもの。

AirGの録音専用スタジオでBGMを選びナレーターの方に読んでもらったら20秒を0.5秒越えました。
そこで当初原稿から一字ずつ言葉を削り少し読むスピードを上げてもらいビッタリ20秒になりました。
約20分の作業でした。

このCMは4月18日から24日までAirGで1日3回程度流れる予定です。
午前、昼、午後1回ずつという感じです。

また4月24日17時前から4分程度の現地中継CMが入ります。

初めてのラジオCMなので効果のほどを見てみたいと思います。


リアリテイを増す「あいえ」



辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」に少しずつリアリテイが増してます。
今日は椅子が入りました。
カーテンが、ソファが、そしてグリーンが入ると更にリアリテイは増すでしょう。



私は色んな角度から「あいえ」を見ています。
和室から、デッキから。




近くから、遠くから。




そしてこの「あいえ」を手がけた意味を頭の中で何度も繰り返し検証します。
経営的な意味、ものづくりの意義、設計とは何か?オリジナリティとは何者か?社員の意欲や成長、営業戦略など。

まだまだ物足りない、まだ考えてない何かがある、真実とは何か、未来はどこにあるのか?
考えるとキリはないけど結局終わりはない。



「あいえ」には色々と勉強させられます。

山から街へ

今日は例の「山取りの木」の実行日。




その手順は、、、。

①当別高校正門前に集まりミーティング。今日の主役は当別高校園芸デザイン科の生徒4人とさすらいの造園屋さん笠さん。


②道具のレクチャー。スコップは研ぐこと。


③地主の承諾を得、金沢田園住宅の裏山から白樺を掘り出す。幹は斜面なりに曲がってます。


④掘った白樺は根を麻布で巻きます。布は1年で土に溶けてなくなるそう。


⑤男縛りで白樺を縛り軽トラに積んで山からしゅっぱーつ。


⑥街にとうちゃーく。当別とあいの里は近い!


⑦辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」の玄関先に植えます。


⑧掘った穴に白樺を植え黒土を入れだっぷり水をやります。


⑨白樺の根元に笹を植え石を置き北海道の山を再現します。


残念ながら私は作業を最後まで見届けることなく会社に戻りました。
おそらく「あいえ」前に北海道の原風景の一コマが再現されたことでしょう。
それにしても今日、私は高校生達は手伝い程度か見学程度と思ってたんですが、笠さんがはりきってレクチャーしたもんですから、生徒たちはさぞかし勉強になったことでしょう。

今まで仕込んできたいろんな思いを込めた「あいえ」。
次はデッキ脇にレイズドベッドのコンテナガーデンを作ります。



農家さんまわり3日目


辻野商店の農家さんまわり今日で3日目。
今日は花農家さんの多い地区でした。

前回も含めて今のところ出てる話としては
○女性のコントラクター
○新規就農受け入れ難しい
○大根のカット加工
○農地拡大したい
○後継者いない
○耐寒性のある野菜栽培
などです。

耐寒性のある野菜としてはほうれん草やレタス。
今日は試験的に無加温でネギやミズナ、キャベツを栽培している農家さんにハウス内を見せてもらいました。


せっかく建てたハウスですからなるべく有効活用すべく耐寒性の高い野菜栽培が成功すればうれしいです。


資材センターの片付け


辻野建設工業ではここのところ毎年大掛かりな片付けをしてます。
今年は資材センターの片付け。
数年来片付けてなかったのでひどいことになってます。

今あるものを有効に生かすためには片付いてなきゃダメ。

今年54期を迎えてる辻野建設工業。
新しいものをどんどん作る時代が終わり、経済も右肩上がりじゃない。
そんな時代は既にあるものを使いこむか、少し形を変え新しい機能を与えてやる事が必要。

最小限のイニシャルコストでその資産の持つ価値を最大限に引き出す。
そのための第一歩が「片付け」と言う大袈裟な論理となる訳です。

山取りの木プロジェクト


辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」では外構に山取りの木を植えようとしてます。

山取りの木とは何ぞや?と言うことですが、庭を造園屋さんに頼むと苗木屋さんから苗を調達することが普通です。
苗木屋さんは商売ですから形の良い商品性の高い木の苗を育てます。

しかし「あいえ」では北海道の原風景を切り取った庭にしたいと考え、ある意味形の整ってない山の木を山から取ってくることにしてます。
樹種は白樺です。

この作業を地元、当別高校園芸デザイン科造園コースの子供達と今週末に実行します。

昨日はその下見を金沢の当別田園住宅付近をさすらいの造園屋笠さんと行い「この木で行こう」と特定しました。

白樺の下には笹を植える事にしてます。

さて、あいの里の宅地化された敷地に小さな小さな山の原風景が再現されるかどうか?それとも企画倒れで終わるか?

モノづくりシェア型作業所できないか?

モノづくりシェア型作業所できないか?と考えてます。

辻野建設工業には作業所があります。

国道275号線に面した当別町対雁(ついしかり)と言う所にあります。


今の様に住宅がプレカット工法でなく加工場で切り込む時代はここが大工さんの拠点でした。


時代が変わって当社の着工棟数も減り、工法も変わり、加工場の役割はゼロではないのですが存在価値が薄れてしまいました。

今のところ作業所を閉鎖するつもりではなく、むしろ何か有効活用できないかと考え、スペースを合理化して「モノづくり系」の人が集まるシェア型作業所みたいにできないか?と思ってます。

例えば家具屋さん、金物職人、クッション職人、電気工、配管工など。
アートやデザイン系でもいいや。

こだわり系、日本的感性豊かなモノづくり、少し広めのスペースがいる人などがお互いコラボする刺激的な場所ができるといいな。

そんな構想を持ちつつ新しい休憩所兼事務所を作ってます。



安全大会

昨日は辻野建設工業の平成27年度の安全大会を行いました。

私の方からは昨年の業況と今年のポイント解説。

その後は安全講話。

講師から「大工さんは小学生の人気職業ランキング6位になってるのになり手が少ないのは業界のアピールが足りないからでは?」と言うもっともな指摘がありました。

私もその辺のギャップを地元学校を参考に分析したいと思います。

講演の後は場所を大成寺に移して恒例の記念法要。


これでまた、企業の新年度がスタートします。

農家さんまわり


今日から辻野商店の営業マンと少しずつ農家さんまわりを始めました。

回る前にどんな会話をしようか?と社内で話し合ったんですが、具体的なこの商品買ってみたいな話じゃなく、これから将来農家続けますか?新規就農者を受け入れますか?的な先の長い話をしようということで回りました。



回ってみて米農家さんは昨年は米価格が安くてこの先不安だと言う声が多かったです。

○米はどんな品種が良いのか?「きたくりん」は?「そらゆき」は?

○直播はやっぱり難しい。

○米が安いのでキイチゴを増やす

○JAの調整料が負担なので今年は自分で籾すって乾燥する。

○クローラートラクターを使った作業受託できないか?

○新規就農者は担い手センターに結構問い合わせてるのじゃないか?

○新規就農者には土地の斡旋から営農指導、制度解説、住む場所探しなど一体指導が必要。

○離農は確実に増える。

○若い奴を雇いたい。

など生々しい話を聞くことができました。

辻野商店として何ができるか?を考えたいと思いますし、これから引き続き農家さんまわりをしてもっといろんな話を聞いていこうと思います。

中がほとんどできた「あいえ」


しばらく間が空きましたが辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」に行ってきました。

グランドオープンは4月25・26日です。

中は後、つくりソファを作るのみです。
つくりソファは静岡県の園田椅子製作所さんにクッションを発注し大工さんが作った台の上にマジックテープで止める予定です。

園田椅子製作所さんは鹿児島のベガハウスさんからご紹介を受け、一度旭川の国際家具デザインフェアで社長さんとお会いしいつかモデルハウスを建てる時にお願いしたいと言っていました。

中の壁仕上げは北海道産の珪藻土。

この珪藻土は1995年からずっと使い続けています。
当時、江別市野幌に道立工業試験場の窯業分室がありそこでこの珪藻土タイルを作ってました。

江別に住んでる義理の父から研究員の高田さんを紹介されたのがこの珪藻土との出会いです。
ですからもう20年以上になります。

その義理の父の家を1995年に辻野建設工業で大規模改築するのですが、試験的に脱衣室にその珪藻土タイルを貼りました。
当時はまだ左官タイプの珪藻土はありませんでした。
そして2000年に私の自邸を建てたときに左官タイプを小上がり部屋の壁に使いました。
15年前でもまだ今ほど珪藻土が普及してませんでした。
ちなみに私の家の屋根には太陽光発電パネルがついてるのですがこれも15年ほど前は今ほど普及してませんでしたので時代の流れは速いし、いつから何が普及したかって案外覚えてないものです。

2階和室釣り押入れ。
釣り押入れも是非「あいえ」に組み込もうと思ってました。
釣ることによって部屋が広く使えるんですね。





プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索