社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
4
5
6
9
10
14
15
16
18
21
22
23
26
27
29
31
01


石狩当別駅をチラと見。



余計な事に加速する悪い傾向は治るどころか・・・。

2~3年前から当別高校と北海道医療大学の連携を模索し、医療大生が当別高校生に勉強を教える機会が出来ないかと何人かと話し合う中でJR石狩当別駅をその場所に使えないかと言う案が出ています。



今日その案を役場に相談したら「北側入口横のスペースを使ったら?」と言われました。
早速見てきたらなかなかな良さげな無駄スペースがあるじゃないですか?

次回の作戦会議で早速提案しようと思います。



スポンサーサイト

昨日の「あいえ」


昨日は午後からモデルハウス「あいえ」の現場へ。
会社から車でやや20分。
最近行き来してあまり遠い感じはしませんね。


只今、大工さんがボード貼り中。
改めて少しずつ建物が出きていくってこんな感じなんだと思ってます。
そして誰がこの家を気に入って買ってくれるのかな?と思います。
断熱や気密、換気、仕上げ、動線、家具などにいろいろ検討を重ねて作っている「あいえ」。
更に出来上がるとまた、建物の印象は変わると思います。

メエコが天国に行きました。


今日はこれからとある方のお葬式に行きます。

その前に次男とヤギ小屋の雪下ろしをしようと思ったら牧草ロールの前でメエコが倒れてました。
死んでました。
倒れた頭のまわりで雪が溶けてました。

次男は泣いてました。

うちに来てから約10年。
12歳くらいだったと思います。

夏はいつもロープで近くの公園を散歩してました。
最近、体が痩せていて今年の冬は大丈夫かなと思って小屋の隙間をビニールで塞いでたりしてましたが、やっぱり、来るべき時が来てしまいました。

残り2頭。

淡々と受け入れざるを得ない様々な死。

フツフツと煮えたぎる捉えどころのない思いを抑え、同士のお通夜に向かいます。





当別再生エネルギー木質バイオマス産業創造勉強会


昨日は今年初めての当別再生エネルギー木質バイオマス産業創造勉強会がありました。
全5回の第4回目です。

北海道大学の山形定先生から道内ペレット産業の実情と今後、そして当別における取り組みの方向感についてお話を伺いました。

その後、道内にあるペレット工場は必ずしも順調に稼働してるわけではない中、何が足りないのか?どうすれば良いのか?と言うことについて考えたのでした。

合わせ技的にペレットを組み込んでいく、例えばキノコの菌床おがくずでペレットを作り、キノコハウスの加温に使うなどの環境が整備出来ると良いのではと言う話はうなづけました。



ペレットだけに焦点を絞るのではなく、薪やチップを適材適材に使い分けることが大事。
値段だけで言うとチップは20円/Kg、ペレット40/Kgだとしたらチップの方が良いのじゃないか?と言う話も納得できました。

わたし的には私は薪派なんで薪ボイラーや薪発電についてもチョット突っ込んで調べたい気持ちがあります。

そもそもこの勉強会は当別にペレット工場を建てらてないか?というところから入っています。

しかし、その必然性を理解するためにはかなり幅広い検討が必要です。

そしてその幅広検討の中から当初見込んだのとは別な答えが出てくる可能性があります。

せっかく始めたこの議論。

当別に合った答えが出、その答えに合ったタイミングが訪れると努力が生かされると思います。

モデルハウス多角的検討


この大雪の中、辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」の現場検討会を行いました。
はっきり言って現場周辺の住宅地内は雪ですれ違いできません。
また、JR学園都市線も止まったり札幌市内幹線道路は猛烈な渋滞だったりして欠席者続出の中、検討会を強行。

この現場をやってないけど、他の現場を頼んでる電気屋さんと設備屋さんに断熱や気密の施工状況を見てもらいました。

この現場が完成してから空気や温度や湿度がどう動くのかが興味があるので、出来るだけその後の測定を行いたいと思います。

そしてそれをネタに更に協力業者の方々と勉強をしたいと思います。

「あいえ」はもちろん営業戦略としての位置付けが大きいですが、わが社の技術向上やオリジナル技術開発の可能性も秘めてると思います。

片付けボランティア→職人コワーキング

昨年の暮れいつも仕事をして頂いてる大工さんと忘年会で飲んでた時に「今度、ボランティアで資材センターを片付けますよ」と言ってもらいました。



その大工さん、昨年春、社員を動員して資材センターの大掃除をしたのを見て、もう少しこうしたら良いのにと思うところがあったようで志願してきたのでした。

「長年お世話になったので恩返しにそのくらいの事をしますよ」とのありがたいお言葉。
早速遠慮せず、頼みました。

今年も春になったら片付けの続きと残材でちょっとした休憩所を作ろうかと考えてます。
この建物、社内では資材センターと呼んでますが、実際は大工さんの加工場。

昨日、ある本を読んで思いついたのがシェアセンター。
つまり大工さんにとどまらず、建具屋さんでも家具屋さんでも良いのでこの建物を安い金額で貸し加工場シェアしたらどうか?という考え。

職人コワーキングとも言えましょう!

そんな観点で職人が集える休憩所を計画しようと思います。



モデルハウスの気密確認


辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」。
今日と明日は構造見学会を行ってます。

先日の社内打ち合わせで「もしお客様が来なかったら寂しいから社員で見にいこう」という悲観的な事をいう社員がいて、午前中、社員数名で行ってきました。

勿論、実際には悲観的な目的ではなく、気密施工のチェックを主体に現場を見ました。
床面積あたりの隙間相当面積をC値と呼ぶのですが、モデルハウスではこの値の目標を0.2としています。
なんだそのくらい当たり前と言う同業者もいるかもしれませんが、これはそこそこにレベルの高い数値です。
気密フィルムや配線や金物周りのテープ処理やコーキング処理をチェックし足りない点を現場管理者に指示します。



「あいえ」はデザインと性能の高いレベルでのバランスを目指しております。
工程上、今の施工段階は性能を求める段階。

家作りってゴルフに似てるなって思うことがあるんですが、基礎や骨組みを作る段階はゴルフで言えば飛距離と正確なコントロールを要するドライバーショット。
仕上げ工事は精密さと感性が要求される寄せやパッティング。
両方良くて良いスコアが出るものです。

さて、今日の社内検討会に続いて来週、業者さんを集めた現地検討会をすることにしました。

このモデルハウスの特徴の一つであるパッシブ換気システムについての意見交換会をする予定です。


社員を育てる、それとも社員が育つ。



若手設計スタッフにデザインを学んでもらい当社のレベルアップを図りたい。

東京中心に全5回開かれる住宅デザイン学校に当社からS君を送り込むことになりました。

全30人の定員が受付開始1時間で満員になりました。
ここは全国の工務店の設計士が学びに来る設計道場です。

S君には真剣勝負で学んでもらいたいと思います。

一方で私の思いとは裏腹にS君はどう思ってるのかな?と言う冷めた思いもあります。

よくありますよね。
社長の意気込みと社員の意識にギャップがある場合。

一応、そう冷静に考えてもこの学校は彼にとっていい経験になるはず。

社長の思いはさておきどんな社員でも自発的に育ってくれれば私は助かります。

石狩平原スキー場


昨日は次男と石狩平原スキー場へ。

冬休み明けにスキー学習があるので練習です。

午後1時前に家を出、リフト20本滑って家に着いたのが午後4時前。

移動時間を含めると短時間で効率的な練習ができました。
山は小さいですが町内にスキー場があり方道10分、リフト待ち時間無しの滑りまくりだと、スキー練習の環境としてはまずまずではないでしょうか?

因みに毎年、当別熱源ではスキー場のお付き合いでリフト券を買ってましたが、今年は値段は上がりましたが法人シーズン券を一枚作ってもらいました。
私は昨日はこれを使いました。


石狩平原スキー場ではそもそも法人シーズン券はないそうですが、お試しに作ってくれました。
と言うことで、もし使いたい方がいれば前日までに当別熱源(0133-23-2256)に予約していただければ9時~18時の間スタンドでお貸しすることができます。

通気壁


見ただけでは一体何の部分かわからない写真。

辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」。

間仕切壁を上から写真撮りました。
穴が開いてる向こうは床下。
床下から暖かい空気が間仕切壁の中を通って2階の床まで上がり、2階の床ガラリからほんわり出てきます。

ガラリの付く前の状態の床はこんな風。


いわゆる機械の力を借りないパッシブ換気の一端です。

「あいえ」は外壁断熱200㎜の高性能パッシブハウス。

構造見学会を1月17.18日に行いますので、ご興味のある方はご連絡下さいませ。

営業担当は辻野建設工業の中野です。

雪の降る北海道神宮に到着



今日はこれから毎年恒例のスウェーデンハウス協力会の安全祈願祭。
いつも駐車場が混んでるので早めに来たらアッサリ到着。

定刻まで車の中で待つ予定。

いつも私たちの他に多くの他企業の方や家族連れが順番にお祓いを受けます。
初詣も神棚のお供えもしない私ですからスウェーデンハウス協力会で来なかったらこんな律儀な世界があるとは知りませんでした。

と言うことで間も無くお参りに向かいます。

今日は御用始め



今日から御用始め。遅い?

そう、うちの会社は例年、始まりが遅いんです。

とは言え当別熱源スタンドは2日から始めてますし、スウェーデンハウスの現場も5日(月)から大工さんが動いていたり、早い人はもう仕事してますが。

休みの間、さほどの事はせず、雪かきと子供の相手や英語を少し勉強したり。
だからブログネタもさほどありませんでした。
英語といえば休みの間、オンライン英会話なるものをやってみました。
2回までタダ。一回30分。まだ、有料コースを申し込んでません。

相手はフィリピン人の女性。
iPadとスカイプを使って世間話をするDMMと言うレアジョブと同じ仕組みの会社がやってる英会話教室です。

私自身英語力がさほどないので躊躇しましたが、短い時間ですがフィリピンの事が少しわかりました。

講師は250人くらいいて、フィリピン人の他セルビア人が多いようです。
30分単位の予約表があり、比較的朝は予約が混んでます。

ちなみに講師の人に外の雪景色を見せたらビックリしてました。
便利な世の中です。

と言うことで、今年も公私共々地道に何かを積み上げることができれば幸いです。



一年の計は元旦にあり?

昨年の私の元旦のブログを見ると大層なことを書いてました。

そう言えばこのブログは2005年から書いてるようで今年で10年になります。

今年は昨年のように大それた事は書きませんが、来年の今日きっと1年前を振り返るだろうと思い、試しにこの先一年で何ができたら良いか?考えてみます。

やっぱり当別に明るい話題を提供できたら良いんでしょうね。

◯人が集う場を作る。

◯これからの農業に役立つ仕組みを作る。

◯町民間でコミュニケーションをとりやすい仕掛け。

◯観光産業の新しい動きもいいかもしれません。

◯昨年から関わってる再生エネルギーについても何らかの方針が見える。

もちろん仕事が順調でなきゃ余裕はありませんが、来年振り返って少しでも実現してると良いのですが。








プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索