社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
3
6
8
15
17
19
21
24
26
29
30
12


静まり返る「つじの蔵」


毎年、12月末に3月までの辻野グループ5社の仮決算をすることにしてます。

今日はギリギリ、とうべつひろがりファーム分を計算中。

辻野商店の常務が検算している間、私は会社の様子を見ています。

店じまいした「つじの蔵」や商店の事務所内。
いつもと違う感覚で、来年を想像しながら今度はどんな作戦で行こうか?、年始も少し時間があるので考えてみようと思います。

スポンサーサイト

今年も終わりつつあります。


昨日は辻野グループの忘年会でした。

辻野グループに約50年勤めた大ベテランの送別会を兼ねてました。
毎年、一人ずつベテランが会社を去り、時代が変わっていきます。

仕事は必ずしも楽しいことばかりではありません。
嫌なことや苦しいことを乗り越えた時に一つの到達感を味わえることができます。
しかしその到達感を味わう間もなく、次の課題がやってくる、その繰り返しで気づいたら少し前より良くなってる、そんなもんですね。

会社をやめればその繰り返しから解放されるがそれを羨ましいと思うかどうか?

「No」と言うのが今の私の心境。

暗黙知か深層心理か言葉を探せば理由は出てきますが、とにかく何かのミッションです。

恒例ですが、忘年会では大工さんがいろいろ私に言いたいことがあって、昨日もまたそんな感じでした。

若手大工の育成や班編成や賃金の事、資材センターの片づけの事などなど。

そんな事もこれからの課題として、また新しい年に取り組んでいく事になります。





雪かき学生バイトは成立するか?


雪が大変でお年寄りが当別から逃げてくのを防げないか?
そんな疑問への解決策第一弾、医療大生による雪かきバイト斡旋。
もちろん「なんか事故でもあったらどうするんだ」と言う声が聞こえてきますが、その声って「それは個人情報の関係でやるのは難しいですね」と言うのと同じようにその先を思考停止をするための程の良い言い訳に過ぎません。

今日はまず私の家の横にあるこんもりホールの屋根の雪を体育会系の学生3人に降ろしてもらいました。
3人、3時間、時給1000円/人=9000円。

いつも私と子供が2日がかりでやってるので助かりました。

彼らに聞くとバイトしたい奴らは結構いるんじゃないか?との事。
ただ、バイト情報がないので札幌とかにバイトしに行っている。
アメフト部が当別でボランティア雪かきしてるのを知ってる子もいました。

今度の「いぃーなか」で発表しようと思いますが、雪かき対策としてはまずまず効果的ではないかと思いました。

2F白熱教室


この人(先生)だれ?って感じですが昨日は2Fの会で忘年会。
明らかに酒が入って授業しているヤバい先生、、ではありません。

しいて言えば一杯飲みながら2Fの会の今後を考える真面目な忘年会と言えるでしょう。


食べ物飲み物持ち込みで会社の2階で、しかもその部屋、たまたま後ろに黒板があったのでそれを使ってアイデア出しをやったのでした。

これらの写真から垣間見れるように今年は変な人達が真面目に語ることの多い一年でした。

大豆の勉強会


先日、会社で大豆の勉強会を行いました。
辻野商店の主催です。

講師の人が風邪でガラガラ声だったんですが、私も昨日発熱し、もしかしたらうつった?

と言うことでこの勉強会では大豆の新しい品種をとある本州豆腐屋さんと契約栽培すると言う説明がありました。
すでに何年か前からこの事業に大空町で取り組んでいる農業生産法人が規模拡大はかるために仲間を募っているそう。
勉強会には農家さん、肥料メーカー、銀行、機械屋さん、役場の人など約20人が集まりました。

銀行さんには話が見えなかったかもしれませんが、使う農薬や肥料など技術的な話もボンボンでました。

大空町では麦の播種に使う機械でこの大豆の種まきしてるそう。
更にそれがコントラクターになっていて効率が良いそう。

問題は大豆の価格でまだそれは示されてませんが、来年わかるようです。

最近見たフェイスブックで大規模農業はリスクがあるという事が書かれてました。

大豆でも米でも小麦でも大規模に作るとリスクがある。
それに気づいた農業が付加価値の高い小規模農業に転換していく。

はぁそうか?と思うんですが、小規模農家だけじゃ土地が余る、大規模農業はリスクがある、じゃ大規模農業だけど付加価値のある農業の方が土地は守れるし、経営も成り立つ。

私はそれを目指した方が良いんじゃないかと思います。
大規模農業だけどファームインをやったり、小さな無農薬圃場もあったりと。

経営の複雑さは増すかもしれないけどそれが一つの選択肢だと思ってます。


岩見沢の家



昨日、岩見沢の家を引渡しました。
図面を見てわからないけど、できあがるとこんな家だったんだと思う事がしばしばあります。

この住宅は設計はうちの会社ではありませんが、社内設計だとしても出来上がった家が良くも悪くも思ってたのと違う場合があります。

しいて言えば先に意図するものの深さは現実の形に反映するからやはり先に意図するものの深さはとても大事だと思います。



いろんなことがあった現場と言えばどの現場も物語はあります。
私達はプロとして内心はともあれ淡々とその物語をこなし、その後も変わらずお客様と細く長くおつきあいできれば良いと思います。

早いですが。



早いですがOB客向けの広報誌新年号を作りました。

約1000部。

ブログを見れば要らない?と思いますが、見てないお客様も結構いるだろう?と思いますし、紙で郵送されればそれなりのリアル感があると思います。

当別の除排雪を考える。


老いても住み続けられる当別を考える検討会 いぃーなかTOLIFE 第3回専門部会/テーマ「除排雪を考える」

を今日やりました。
町内会長約10名、除雪関係者5名、一般町民5名計約20名みたいな参加者でした。

話し合ってみてわかったのは各町内会で除排雪事情がかなり異なること。
空き地が多い町内会、敷地の狭い町内会で除排雪事情がかなり違います。

空き地を堆雪スペースとして有効活用する案、重機をレンタルシェアする案、雪かきをポジティブにとらえる案、共同排雪案など。真摯な話し合いの場が少ない事。


約2時間、初めから最後まで除排雪についてカンカンガクガク話し合いました。


案内したのですが行政の人はいませんでした。

これからの時代、住民主体スタイルを行政の仕組みとして機能化させる何らかのやり方を見出さないことには地方は疲弊するばかりじゃないか?と思います。

次回までに今回の話をまとめ「ではこんな除排雪の仕組みはどうか?」と言う具体論に入りたいと思います。

我が町当別は雪が多くて転出する人が多い。
どうしたら良いか?

子育て世代誘致や少子化対策など根本的な町の有り様を話し合う場が足りない、それに気づいた人が場を作り何かを変えていかなきゃ。

と思うのです。

最近、共にそう思う仲間が増え嬉しい限りです。

つじの蔵の忘年会



昨日はつじの蔵の忘年会を行いました。

嵐がやって来るというので時間を1時間前倒しして5時から開始。

場所は「紙ひこうき」
この場所は料理も美味しいし、何より隠れ家的茶の間的な雰囲気で気の合う人同士のパーティーに向いてます。
最近、札幌発友達同士隠れツアーの目的地になってるとか?

蔵忘年会には出店してくれてる方や店のスタッフが参加。

普段出席する会はほとんどが男性ばかりなのですが、昨日は女性の方が多かったです。

皆さんと少しずつしかお話しできませんでしたが女性の発言はシビアの中に真実が含まれてるので結構参考になったりします。

あいの里モデル(12月8日→12月15日)

12月8日




12月15日



現場は進みましたが雪も積もりました。

辻野建設工業 あいの里モデルハウス「あいえ」

結婚




結婚。
したのは当別熱源のT常務。

私は別に結婚しなきゃダメとか言うつもりはありませんし、したくない人にしつこく言うつもりもありません。

でも本人同意の上で結婚したくても相手に恵まれなかったりする人を応援するのは許してもらえると思います。

今年、2月にとある結婚応援プロジェクトが立ち上がり、12月にゴールイン。
応援したまわりもビックリのスピード婚。

新郎曰く
「結婚できると思わなかった。良い人と出会えてよかった」

シナリオになかった応援した人への花束贈呈。


人が並んでる店が流行るように幸せ連鎖ってあるんじゃないかと思います。


当別再生エネルギーをめぐる議論


昨日もまた当別町における再生エネルギー利用についての話し合いが行われました。
4回目。あと2回です。

伊達市におけるペレット事業の課題等が検証されたのち、当別町におけるおおまかな森林資源量と消費エネルギーの対比が行われました。
ペレットボイラーの導入には既存ボイラーの更新時期が影響するだろうとの話にはうなづけました。

また、会議に先立つ前段のミーティングでは今後のとりすすめについて
◯ペレットは学校暖房に向いてる。

◯ペレット火葬などの付加価値戦略もあり?

◯太美は地熱栽培や暖房、用水路ポンプ電気は小水力発電、こだわりの人は薪ストーブ暖房などエネルギーの適在適所が必要。

◯今後行政が考える再生エネルギー計画に民間の知恵を組み込む必要性。

◯NPO化も含めた我々の立ち位置と体制のあり方。

についてラーメン惣太郎出前のカツカレーを食べながら話し合いました。

手弁当でのこの会議、他の町にも応用できる取り組みかもしれません。

岩見沢駅前パン屋さんの見学会


12月20日(土)10:00~15:00、岩見沢駅前で工事をしてたパン屋さんの完成見学会を行います。
事前予約制の見学となってますので、ご希望の方は辻野建設工業営業(0133-23-2408)中野までお申し付けくださいませ。

岩見沢駅前通り拡張に伴い「ベーカリーししまる」さんが駅前角地に移転予定。

JR岩見沢駅と景観を合わせたレンガ造りの店舗に変わります。
道路拡張に伴いお店が廃業してしまう商店街が多い中、駅前と言う一等地ですから是非とも商売繁盛して欲しいと思っております。

東京建築2件

昨日の東京は同行者が設計の方でしたのでちょっとした時間を使い見ておきたい建築、2件を見ました。
建築を勉強した方にありがちですが、ちょっと遠方に出かけたついでに著名建築家の作品を見る行動パターンとなってます。


まずは隈研吾。

雷門前の浅草文化観光センター。


積み重なる屋根を彷彿させるファサードが印象的。


最上階の8階展望テラスからはスカイツリーと浅草寺前の仲見世通りを一望できます。


「探せる・見せる・支える」をコンセプトに展示スペースや会議室、インフォメーションブースがありました。




東京駅。

2012年復元工事が完成。
もちろんゴージャスな作りではあるがまわりの高層ビルに囲まれ、見下ろされ感が甚だしい。






2件ともいずれも2年ほど前にできた建築ですが、東京に行くこと自体が久しぶり。

日帰り出張の割には有効な時間の使い方ができたような気がします。


教育寮



今日は日帰りで東京。
なぜかお茶の水女子大学へ。
SCCと言うシェアハウス型の女子寮を視察しました。
昔からある寮を建て替えたりする場合、寮生活に教育的役割を担わせようという事で集団生活を学生生活に組み込む流れがあるようです。
シェアハウスと言うと新規な取り組みではありますが、海外や国内でも関心は高まってるようです。
お茶の水では5人で1ユニットですがユニット内での役割分担や学校のサポート体制、1年ごとの部屋割りシャッフルなど様々な面で工夫されてます。
ツテもなくメールや電話で視察申入れをしたのですがとても親切に説明していただき大変感謝でした。

ふとみオープンハウスします。



今週末に当別町太美町1495番地にてオープンハウスを行います。

12月14日(土)10:00~15:00。

平屋の二世帯住宅。
戸建住宅ながらマンション住まいの快適さを追求しております。

お問い合わせは営業設計部中野まで(0133-23-2408)。

ローカルな世界



今日は午後から当別の商店街、中央通り会主催の学び場フェスタの日でした。
職業発表、ゲーム遊び、木工体験、窓にお絵かきなどのプログラムがありました。





地元の子供達少々、北海道医療大学生、講師の方々、私達など20数名の参加でした。

午前中は町内会の班に選挙広報を配り、その後我が家のヤギの牧草片付けを行ってました。

これらは特段、金のかかる話でもなく都会的な刺激体験ではありませんが、こんな小さな暮らしで十分楽しめるのもです。

最後は家で晩酌したりと。






雪が来る前に出来るだけ進めー!

辻野建設工業あいの里モデルハウス「あいえ」現場。

11月25日


12月1日


12月3日


12月4日


ここまでくれば限界ですね。
今年これまで雪が少なかったのはラッキーと思うしかありません。


もう雪が迫ってます。
今日は土間コンクリート打設、来週大工乗り込み。

あんまり雪が積もらないうちに早く工事を進めたいところです。

道都大学で喋ってきましたが、、。



昨日の事です。

中小企業家同友会に頼まれ、道都大学で1年生に向け1時間喋ってきました。

建築業界の事、うちの会社の事、若い人に向けて。
話し慣れないのでスクリーンに映したパワーポイントを使い説明していて、フッと学生を見ると後部座席の半分くらいの学生が寝てました。



、、、って昨日や今日、同友会の仲間に話したらさほど驚きもせず「そんなもんだよ」とか、「失敗談が受けるよ」とか、「レポートを後で見せてもらってそこを改善すれば今度は食いつきいいよ」などとアドバイスされました。

別に人気教授になりたいわけじゃないし、やりたくてやったわけじゃないし。

と言えば愚痴ですが、前向きにいい経験だったと思ってます(グスン)。

学生一人一人と向き合い座談会や少人数のディスカッションが自分は良いような気がします。

パワポ作るのに結構時間かかったんだけどなぁ。

中央通りでまたまたお騒がせします。



今年はちょっとやりすぎ?って感がありますが、12月7日(日)、12:30~18:00に商店街、中央通り会でイベントをやります。

「中央通りまなび場フェスタ」

場所は銀平、2件隣の空き店舗「弥生52番地」。

今回のイベントは子供達対象「潜水士に質問」「アプリ開発」「窓にお絵かき」「木工体験」などです。

参加費無料。

今年、中央通り会では経産省の補助事業を受け様々な事業を展開してますが、その中でこの先何が本当に必要なのか?どんな人が関わってくれそうか?を模索しております。

本来、イベント=まつりは町の人々が顔を合わせ物事を決めたり絆を確認したりする行事ですからその原点は忘れてはいけませんし、一方でわが町はもっと女性や若者達に活躍してほしいと言う気がします。

今年は特に盛りだくさんイヤーで子供達と活動する中で何がヒントを得たいと思っています。

当別道の駅基本設計業務委託プロポーザルが公募されました。

http://www.town.tobetsu.hokkaido.jp/site/mitinoeki/6609.html

先週末「当別町道の駅基本設計業務委託の公募型プロポーザルの実施について」が当別町のホームページにて発表されました。

いよいよ動き出したと言う感じですが、今までの検討委員会の議論が生かされることと、最適な運営主体が選ばれることを願っております。


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索