社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
4
5
6
9
12
15
17
20
21
22
24
27
30
31
07


アイリス生鮮米工場完成披露パーティー



今日は朝から仙台入り。

辻野商店がゆめぴりかを取引している舞台アグリイノベーション亘理工場のお披露目です。



この工場は1日300tの米を精米することができます。
工場全体を15℃湿度60%に保つトータルコールド製法です。
全ロット、DNA、残留農薬、カドミウム、放射性セシウム、菌検査をします。



完成披露パーティーには林農水相、村井宮城県知事らが来賓で来てました。

アイリスの大山健太郎社長は舞台アグリイノベーションでは会長ですが冒頭挨拶されてました。





針生社長は最後の締めの挨拶。

開会後大山会長が共同記者会見してたので横で聞いてました。



会見を抜粋すると、
Q:米の売り上げは順調にいってますか?
A:米は難しい。消費者がまだkg買いする行動から抜け切れてない。

Q:今後どうやって消費を伸ばしますか?
A:サービススタッフが店頭で丁寧に商品説明しながら販売する。
新工場を農家や消費者に積極的に開放しみんなに応援してもらう。
米は製品じゃなく食品だと言う啓蒙活動をして行く。
しっかりとした検査体制で信頼と安心を勝ち取って行く。
既に市場は作った。これからは需要の創造だ。

Q:本当に需要は作れますか(NHKの記者がしつこく食い下がる)?
A:過去30年、我々はペットフードやガーデニングなどの需要を作ってきた。
だからそのノウハウをもってすれば米についても需要を作れると信じている。
マスコミの皆さんにも協力してもらいたい。

Q:輸出はするんですか?
A:輸出のチャンスはうかがっている。
今のところ中国は東北の米は買わないといってるが試食させるとうまいと言っている。中国要人に売り込みをかけているところだ。
アメリカにも市場リサーチしている。

以上。

誰が考えても米の市場は右肩下がり。
消費量は減るし、価格は下がる、利益も取れない。

でも大山会長のお話にはもっともなところがあると思います。

もし我々が昔ながらの米の食い方から抜け切れてないとすれば。

それに気づいて行動パターンが変われば需要は動くかもしれません。

実際、名刺交換した青森のユニバース(アークスグループ)と言うスーパーの常務さんが小袋米は少しずつ売り上げが伸びてると言ってました。

さて、これから辻野商店には舞台さんの期待に沿ってお米を集めたり、米の生産基盤を強化できるか?が問われてます。


スポンサーサイト

英語は仕事に役立つか?



英語は仕事に役立つか(私の場合)?

ここ1~2年、私はTOEICを受けたりネットで英語のサイトを見たりと英語に関心を持ってます。

でも中小企業の経営者の私にとって英語が仕事に役立つ機会はほとんどありません。

では何のために英語をするのか?

なぜならやはり将来は英語が話せたり読み書きできると何か仕事に役立つだろうと思ってるからです。

果たしてそのビジネスチャンスは訪れるか?

今のところ当てはありません。

むろん「将来ヨーロッパから何か建築資材や商品を輸入したい」とか「アジア人を当別に受け入れできないか?」とか漠然と思ってます。

でもまだ「これなら行ける」と思える何かはありませんし「とりあえず行くか?」とか「とりあえずやって見る」とかなってません。

なってないけど「準備だけはしておくか」と言う気持ちです。

結局チャンスが来ないかもしれないし、そもそもグローバリズムは破綻するかもしれないと思ってます。
それより前に英語が出来る様にならないかもしれませんが。

その上で武器はいろいろもってた方が良いと言う経営者としての一種の勘でしょうか。

この中途半端な態度どうなるか?



当別キッズアカデミー2014



当別の子育て環境を向上させようと3年ほど前から行っているキッズアカデミー。

英会話教室の先生を中心に町民在住の外国人や英語のできる親の協力を得てこれから6回シリーズのプログラムが始まります。

むろん子育て環境の向上は単に英語にとどまりませんが当別らしさを考えた時に英語はその有力な切り口の一つと考えられます。

今年度の成果が楽しみです。

商談会のやり方が変わってきた。


昨日は北洋銀行ものづくりフェアに行って来ました。

時間の関係で詳しく見ることはできませんでしたが20分程度の個別商談をしました。

商談相手は稚内の珪藻土屋さんでした。

この商談内容はともかく最近の個別商談会は主催者が商談組み合わせをマッチングしたりアドバイザーを入れてくれたりとかなり工夫がされております。

おそらく今後もよりマッチング精度の高い企画が出てくると思われます。

どんな情報が欲しいのか?我々もスタンスをはっきり持ち日頃から主催者と目的意識を共有すればもっと成果の上がる商談会になるんだろうと思います。

今後に期待したいところです。

模型で家具の配置を確かめる。



だいぶ前から取り組んでいるけどなかなか進まない辻野建設工業のモデルハウスプロジェクトですが部屋の大きさと家具の配置を確かめるために簡単な模型を作ってみました。



結構、イメージが湧いて来ます。

この模型をもとに棚の高さや家具と窓の位置の関係、収納量や暮らしの行動パターンを解析して行きます。

巻きこみ上手になってきたTEC

今朝はNPO法人当別エコロジカルコミュニティ(TEC)のカヌー体験+食事会の冒頭に参加しました。



約35名の参加でしたが様々なジャンルの方々が参加していてTECも随分色んな人とのつながりを広げたものだなと感じました。
開発局、役場、主婦、大学生、新聞記者、料理人などです。
我が社からも新入社員とその友達が参加しました。
地元農家の方が多かったのも感心しました。



これらの事業を通じて当別川の価値を高めるプログラムが生まれることを期待します。

その後は当別高校の学校祭へ。



その後は名古屋からのお試し暮らしの受け入れなどがあった日でした。

私の場合の読書


私の場合です。

読書ジャンルは経営、経済、建築、エコ、まちづくりなど。

ノウハウものか学術書。

本屋は紀伊國屋書店札幌本店を中心にコーチャンフォー新川店など。

読書頻度はまばらで読む時はまとめて読むが読まない時は何ヶ月も読まない。

気になったテーマがある時はネットでキーワード検索し中古を気にせずに買う。

と言うことで今回はこれから地方に雇用を生み出すにはどうしたら良いか?と言う関心の元にキーワード検索しアマゾンで2冊購入したのです。

で、読んでるのが「地位からの経済再生」。

10年前に書かれた本なので古いかな?と思ったのですが面白く読んでます。

今までのところ群馬や岐阜や静岡、新潟、岩手で地域単位で企業が発展する様子が書かれてます。

結構詳しい調査と分析に基づいて書かれたもともと2700円の専門書ですが中古で700円くらいで買えちゃいました。うれしい限りです。

その前はこんな本を読んでました。



と言うことで最近の私は読書モードになってます。

中古家財で溢れる時代

「この家の事は全てあなたに任せるから後はどうにかして!」

以前から老後の住処を一緒に探していた幼稚園時代の先生に頼まれ数ヶ月。

住まいは札幌市内のサ高住に落ち着いたのですが、今度は今住んでいる住宅の処分に取り掛かっています。

昨日はNPO法人札幌高齢者住まいのサポートセンターに紹介してもらった何でも屋さんと不要な家財道具や衣類などの処分費や段取りについて打ち合わせをしました。

処分費はMAXやや25万円、先生が必要なものを持って引越しした後に別なリサイクル屋さんを入れ、処理できなかったものを廃棄等することにしました。

先生の家は何度も見てるのですが捨てるのは勿体無いものがたくさん。

買った時は合わせて数100万円だったと思うんです。

立派な彫り物の茶箪笥やいくつもある衣裳タンス、魂抜きする予定の仏壇は大きいし立派な神棚なんかもあります。



こまいものではイスや絵画、花器、冷蔵庫やガスコンロ。

いっそ先生が出て行ってからオープンハウスをして残った家財を安く売っちゃったらどうかと思うくらいです。

きっと世の中にはこんなケースがいっぱいあるんだろと思います。

何100万円もかけて買ったものを何10万円もかけて処分するなんて。
お金だけじゃなくせっかく作ったものの価値を不要なエネルギーをかけてゼロにするなんてとても不条理な事だと思います。

別に先生を責めるわけではなく、むしろこの疑問は先生が身をもって「これから先、私の様な状況を繰り返さないで済むためにどうしたら良いか考えなさい」と言う最後の授業の一環と思ってこれから土地と家の処分に対応します。






亜麻まつり



昨日同窓会前に実は亜麻まつりに出店してました。
つじの蔵であまカツバーガーなるハンバーガーを売ったのですが仕入れが少なかったのか11時くらいに売り切れました。



あまカツバーガーは浅野農場の豚肉をカツにし亜麻の実が入ったパンで挟んだものです。
なかなか出来の良いハンバーガーでした。

亜麻まつりは年々盛況になる一方でシャトルバス増便やわかりやすい看板設置、ワンストップ窓口などそろそろ円滑なイベント運営が課題となりつつあります。

高校同窓会

3年前に札幌北高当別同窓会と言う会を立ち上げる事になりました。

昨日はその3回目の総会でした。
現在会員数は29名。
会員資格は当別に在住、勤務、ゆかりがあるなどゆるいのが特徴です。

昨年の総会で学校見学と言う案が出て昨日は総会前に北高祭を見学しました。

北高は10年ほど前に校舎が建て替えられ昨日の総会出席者は全員入った事がなく「今の校舎はどうなってるの?」と疑問に答えるには良い企画でした。




学校の雰囲気がどうなのか?生徒の様子はどうなのか?そんな素朴な疑問を持って見学をしました。

まず関心をしたのは図書室。
はっきり言って当別の図書館より立派で司書室もありました。


次に書道展示。
書道の良し悪しに門外漢の私にはどれも上手に見えました。


そして学校祭メインイベントの行灯行列。
作品が校舎横に展示されてました。

私は当時そんなに深く行灯作りに関わりませんでしたが昨日見るとどれも力作で生徒達のエネルギーとチームワークを感じました。








学校全体として女子が活躍してる印象を受けました。

北高と言うと進学校と思われてますが、同窓会で話をすると意外と勉強についていけなかったり、自分の限界を目の当たりにしたり、挫折感や劣等感や屈辱を味わった人が多いようです。

子供達の将来を考える時、一概には言えませんが、あるべき高校生像は必ずしも受験勉強一筋ではなく一生懸命打ち込める何かがあって次へのステップの足がかりであれば良い様な気がします。

いずれにしてもコミュニケーション能力は大事ですけどね。

帯広→新得→南富良野町



昨日は国際農業機械展in帯広を見てきました。
当別からも農家さんが大挙来てました。
どでかいトラクターやコンバイン、リモコンボート、モビルスーツ、GPSなど最新の情報が満載のイベントです。





大型化、IT化、省力化の時代趨勢を感じました。

朝9時から昼12時まで見学し、昼ごはんはおきまりインディアンカレーを食べ、今度は新得町へ。

新得駅近くのみうら商店で今度、つじの蔵で販売予定の「山のひもの」の話をちょっとだけしてきました。
つじの蔵は今後路線変更し、こだわりの道内産加工魚を販売する予定です。

なんで新得町で魚加工業をやってるか聞いたところ十勝の海岸地域から買ってきた昔、魚を保存するためひものにする必要があったからだそうです。



今月末には販売準備ができそうです。

新得町を離れ今度は南富良野町かなやま湖へ。
キャンプ場を視察しました。



今度は当別ダム湖周辺の観光開発について参考事例を見てみようと思い行って見ました。



かなやまダムは今から40年前に完成しダム湖周辺の観光開発が進められました。

オートキャンプ場はさほどではありませんでしたが一般のキャンプ場はまずまずの人が入ってました。
管理棟やトイレ、ゴミ箱、水飲場、バーベキューコーナー、芝の手入れを考えると結構運営にはお金がかかっている様です。
当初無料だった利用料は数年前に有料になったそうです。

当別ダム湖周辺では手のかからないキャンプサイトだといいんでしょうが。

以上、約1日かけて3ヶ所視察してきました。

当別産きたほなみ「なまそうめん」



昨日、つじの蔵に行って「えっ、こんなの売ってたっけ?」って店長に聞いたら「今日から売ってます!」って言われました。

それはJA北石狩の小麦シリーズ、当別産きたほなみ100%なま麺のそうめん。

私自身まだ食べて見てませんが、JA北石狩もなかなか挑戦的に商品開発してるなと思います。

ところで実は辻野商店とJA北石狩はある意味商売敵。
肥料販売や米や麦の集荷では同じ地域で同じ営業をしてるわけです。

しかし一方では米の生産調整や水田ビジョン作りでは歩調を合わせてますし、トップ同士や職員同士でも交流があります。

組合長とは競争すべきところは競争し、連携すべきところは連携し、大きな意味でオール当別で行きましょうと言ってます。

と言うことで辻野商店ではJA北石狩の商品を仕入れ一生懸命売って新しいウィンウィンの関係を築きたいと思ってます。




ふとみ銘泉回数券@つじの蔵


つじの蔵でふとみ銘泉の回数券の販売を始めました。

10枚つづりで8000円(税込)。

ご家族でご利用やリピーターにはもってこいです。

ふとみ銘泉ご利用の際は2階食堂でつじの蔵が豆腐を収めてる冷奴をお召し上がりください。

引き続き銘泉さんとは新メニューの取り組みを行っていく予定です。

工事看板

先日着工した当別子供発達支援センター。

「ゆとろ」と言う福祉センターの横に建つので「どんな建物が建つの?」と思う町民の方もいると思います。

そこで今日から明日までインターンシップで来る当別中学校2年生に簡単な工事看板を作ってもらうことにしました。

図面と工事概要、建物の目的と部屋の機能など。

畳2枚分の板に壁新聞的に書いた説明文を透明ビニールでくるんで現場の仮囲いに取り付けます。

工事に対する町民理解の一助となれば幸いです。

居住福祉学


昨日は久しぶりに札幌ジュンク堂に行き、4冊ほど本を買い込み、まず1冊目を読み始めました。

最近、「高齢者がいかに当別に住み続けられるか?」と言うテーマを自分に課しているので、まず建築のコーナーに行き探したのですがパッとした本がないのでこれは福祉分野か?と思い探したら「居住福祉学」と言う本がありました。

この本を読みながら思ったのは基礎調査の必要性。

例えば一人暮らしのお年寄りが普段どんな生活をしていて何を考えその中で何が不自由なのか?特に冬なんかはどうなのか?と言うことです。

これは福祉業界の人や学生ボランティアとコラボして対象者をピックアップして定点観測したらどうか?と思いました。

その結果を反映し今後どんな暮らし、どんな施設、どんなサービスが必要か?を考えて見たいと思います。

ツミ


先日、庭の地面に鋭い目をしてじっと立ってる小型の鳥を見つけました。
カラスを狙ってるようにも見えました。

ツミかな?と思いましたが辞典で調べたらやっぱりツミみたいでした。

更にウィキペディアで調べたらツミはカラスに対して防衛行動を取るが最近カラスが増えすぎてヤル気を喪失しているみたいな事が書いてました。

そういえば今年カラスがやたら攻撃的で頭に来てる人も多いと思いますがもちょっとツミにがんばってもらいカラスを追っ払って欲しいところです。

インターンシップの季節


昨日から2日間、当別高校3年生のインターンシップの受け入れをしてます。

辻野建設工業2名、辻野商店2名、当別熱源1名の辻野グループとしては5名です。

辻野建設工業ではあいの里モデルの模型作り、辻野商店ではつじの蔵で接客やシール貼り、当別熱源はスタンドで清掃や接客。

来週は当別中学校です。

昨日の飲み会で日本の閉塞感、つまりあれをしちゃダメこれもしちゃダメの雰囲気が若者達から生きる力を削いでるとの話が出てましたが、それではまずいですね。

若者が色んな意見を発したり、自分で工夫して解決策を見出したりするように仕向けるって必要ですね。

ともすれば若者が「これってしちゃダメなんじゃないんですか?」って「それ誰が決めたの?」って事でも私達に聞いたり、敢えて自分の可能性を狭めたがる風潮が垣間見えたりします。

たかがインターンシップですが若手社員同様、自分で答えを出す力やできないことをできるよう発想転換する大切さとその訓練を粘り強く教えなきゃいけないのでしょうか?

倶知安観光協会



羊蹄山をバックにイモの花が満開の倶知安町を訪ねました。
私は現在当別観光協会の副会長を仰せつかってるのですがお役所仕事がたたって活躍できてない現状がイかんと思ってます。
そこで先進地である倶知安町の観光協会を単身訪ねました。
会って頂いたのは会長の本田さん。



本田さんから今の観光協会に至るまでの経緯や目指そうとしているゴール、近隣市町村との連携、スタッフ採用方法・能力・役割分担、理事会の構成、役場との役割分担、コンドミニアム経営の採算性、会の収支、売上げ構成や補助金の額、外国人及び国内客の市場の動向、アクティビティの種類などについて2時間弱お伺いしました。

とても分かりやすい説明で参考になりました。
やはり当別も観光協会組織の見直しが必要と再認識しました。

これから地道に皆さんにその必要性を訴えて行きたいと思ってます。

弁華別小学校の貴重性


昨日は町長の知り合いの方3人が何か町のお役立ちができないか?と町内視察に来ました。
私は優良田園住宅を案内するのに同行しました。
道中、弁華別小学校がコースに入ってたので久しぶりに中を見せてもらいましたが、なかなか良い建物だと再認識しました。
4月に来たばかりの校長先生に案内してもらい、いろいろと面白い話が聞けました。

青い目のお人気エリザベスアーン。


名前の入ったガラス。


古い鏡。


昔ご飯を炊いてた釜戸。


木造体育館。


冒頭写真の中庭はとても綺麗で活用のしがいがありそうでした。

社会見学で北海道開拓の村を子供達が訪れた時「僕たちの校舎の方が古くて立派だ」と言ったエピソードがあるそうです。

この校舎、来年度で廃校予定。
跡地活用の検討委員会が立ち上がってるそうですが本当この貴重な財産を上手く活かせると良いのですが。


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索