社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
5
6
7
12
13
14
19
20
22
26
28
30
31
05


とうべつ♥️まちコン





当別の少子化対策がきっかけで始めた「とうべつ♥️まちコン2014 カップルになって夏至祭に行こう!」

今年で3回目。

前回がきっかけで今年1組めでたく夏至祭の日(6月22日)にゴールインします。

6月21日17:00受付開始、17:30スタート。
今年の受付は6月16日まで。
定員は男女20ずつ。
会場は田西会館。
会費は男性3000円、女性1500円。
申込先は当別町商工会。

ともすれば少子化問題は先行き暗い話題として登場しますが、まちコンは明るい少子化対策として受け入れられてます。

景気もそうですがまちコンにとどまらず「子供がいて良かった」とか「家族がいて良かった」とか「当別での子育てが素晴らしかった」とか明るい側面に光を当てることによりムードで改善する集団心理ってのがあると思います。
当別くらいのサイズの町ですとそんな事はやろうと思えばすぐできそうです。

町ぐるみでまわりを盛り上げる雰囲気になればなんか変わるんじゃないかなと思います。

スポンサーサイト

板書入魂


今日は昼から設計会議をしました。

新しいスタッフを迎え2ヶ月が経ったので今一度初心確認しようと思いました。

久しぶりに板書しながら自分の考えを確認しながら何とか伝えようとしましたが、あまりにも字がきたなく見てもらえる状態では無いのですが一通り考えを吐き出そうと思いました。

一方通行かもしれないし、独りよがりかもしれない、間違ったやり方かもしれない、しかしまず伝えようとすることがスタートだと思っています。

サ高住探しは続く


幼稚園時代の先生から頼まれ札幌市内のサ高住を探し始めてひと月くらい経ったでしょうか?
昨日も先生をお連れし2件のサ高住を見学しました。
これで今まで7件のサ高住を見学しました。


一つは9階建てのマンションタイプ。
ここは珍しく1LDKで広い部屋が中心でした。


もう一つは工事中で中は見れませんでしたが、まわりに病院があり便利そうでした。

そろそろ先生も自分で決めなきゃ、と言う感じになってます。

私はあくまでサポート役ですが、いろんなサ高住を見学して勉強になってますし、高齢者の気持ちや経営者の方針などを実感してます。

この経験を当別町に当てはめて生かすことができたら良いなと考えてます。

パッシブシステム研究会に入会しました。


辻野建設工業として札幌あいの里にモデルハウスを建てよう思って宣言をしたもののなかなかその後、内容が定まらずにいます。

今まで取り組んできた工法や仕様、収まりが本当それでいいのか?という根源的な問いかけから始めたものですからなかなか進みません。

根源的な問いかけの一つとして暖房方法と換気方法がありますが、床下暖房と自然換気を組み合わせたパッシブ換気が良いのじゃないかとの仮説を立て勉強することにしました。

とは言っても独自勉強ではなく既に10年以上前からその工法を研究しているパッシブシステム研究会に所属し勉強しようと言うことです。



昨日はその総会が開かれ新入会員として紹介されました。



既に施工実績がたくさんある会社があり頼もしい限りです。

これから皆さんに追いつき、実績を積み重ねることができたら嬉しいなと思います。

チョークアート講習会終わりました。


3回シリーズのチョークアート講習会が終わりました。
私自身、なかなか関わる事ができませんでしたが、何と無く達成感があります。

5人の参加者の個性というか、感性が伝わってきます。

これがお店にたくさんあるときっと華やぐだろうなと思います。

「では、全部1人でやって」と言われるとやっぱりハードルがあるんだろうと思いますが、1人でもいいのからそのハードルを越えて欲しいと思います。



素敵な講習会を指導してくれた笹森花絵さんに感謝します!

新しい仲間と当別を語る会




昨日は住んでみたい当別推進協議会主催「新しい仲間と当別を語る会」を行いました。

住んでみたい当別推進協議会では役場で転入手続きをする時にアンケートをとっており、そこには「何か行事があったらお誘いします」と書いてあります。

1年以内に当別に転入された方で連絡先を書いて頂いた方にこの「新しい仲間と当別を語る会」にお誘いしております。
この会は総会後の懇親会を兼ねてます。

残念ながら昨日は新しい住民はお一人しか参加しませんでしたが、その方はとても喜んでおりました。

「今までいろんな町に住んだが転入歓迎会をしてもらったのは初めてで感激しています」

なるほどそうだよな、地味な活動だけどたった一人でも喜んで頂くことを大切にしなきゃひいては多くの人が幸せにはならんのだろうな、思います。


廃木材いりませんか~?



数年前、当別の金沢小学校跡地を辻野建設工業で購入した時にそこに学校が立ってました。

それを解体した時に体育館の柱梁をとっておいて再利用しようと思ってましたがついに使わずに今日まで来ました。

しかし外に置いておいたので一部腐ってしまい思い切って処分する事にしました。

昨日、チェンソーで切ってしまったのですが大量に廃木材が出ました。

黙ってれば捨てることになりますが薪に使えると思います。

誰か要りませんか?


田植え前



当別ひろがりファーム。

今日から田植えです。

今年は苗作りに苦心する農家さんがいる中でひろがりファームでは順調に苗が育ってます。

今日から試験的に植え、24日から本格的に人を雇って田植えをします。





コメ余りで値段が下がっている状況ですが、値段が下がろうが上がろうが豊作である事が農家の願いです。

合同企業説明会に参加してます。



今日はこれから札幌芸文館にて合同企業説明会。



4月に行った前回の来場学生数は前年を大幅に下回ったそうです。
中小企業にとってはアゲンストの採用環境。

果たして辻野建設工業のブースには何人来るでしょうか?
でも採用するのは1人ですから人数じゃなく、来る人の質の問題ですが。



来月6月も参加予定です。


根研究集会に参加しました。


学問の世界はマニアックですな。

今日は北海道医療大学にて開かれた根研究学会 第40回根研究集会に参加しました。

「根」に絞った研究学会があるなんてカルチャーショックです。

実はこの学会で当別新産業活性化センターのムラサキ実用栽培の事例発表があったので聞いてきたのです。







発表者は北海道医療大学の高上馬先生。
15分の発表の後に質疑があります。
他の方の発表でもそうですがフロアから結構な質問が出ます。

他の発表ではビートの根の張り方やキャベツがまっすぐ育つ植え方などがあり、なかなか興味深い内容でした。

このようなアカデミックな会が当別で開催されることはひとえに北海道医療大学の存在に負うからで、改めて当別の恵まれた側面に気づきます。

今回は薬学部関係ですが今後は福祉分野においても学会開催や地域をフィールドとした研究があれば是非とも参加してみたいところです。


当別田園住宅 東裏編


先週、当別町役場にて土地建物払い下げの入札があり、辻野建設工業が旧東裏小学校横の建物とその底地を落札しました。
校長住宅と教頭住宅があり、そのうち校長住宅はそのまま別な方に転売し、もう一区画は建物(写真)を取り壊し、当別田園住宅用地として販売しようと思ってます。

間口は18m、奥行き48mの約260坪。
価格は140万円位になると思います。

旧東裏小学校校舎は現在その体育館を家具工房旅する木の須田さんがアトリエとして活用し奥さんが夏だけ週末カフェとして職員室を利用してます。
旧校舎の残りは当別田園文化創造協議会が役場から借りており、書道や亜麻まつりに利用してます。

また、この土地から見て学校と反対側は須田さんが幼稚園を改修して住宅にした建物があります。

旧校舎のグランドは既に土の部分はなく、草地になって子供の遊び場に最適です。
校舎敷地には木々が残りは、田んぼ越しに樺戸山地を望むのどかなロケーションです。

販売開始は7月位から。

金沢地区より小規模ですが豊かなコミュニティづくりにつながることを期待してます。



今日もまたサ高住


「私の終のすみかを探しを手伝って!」

幼稚園時代の先生に頼まれ今日もまた一箇所札幌市内のサービス付き高齢者向け住宅を見学してきました。
ら・かるまセンター。

見学はこれで5箇所目。
こちらは医療法人が経営しております。

特徴は各室にお風呂がある、占有面積が25m2と比較的大きい、申し込みから入居まで数ヶ月待っていただける、洗濯機の使用料が無料などです。









その他、先生から別途、家財道具など不用品処分の相談を受け、業者に連絡を取りました。
仏壇は先生が仏壇屋さんに引き取りを相談する事に。
家の売却に関しては住む場所が決まってから動く事に。

この件についてはNPO法人札幌高齢者住まいのサポートセンターの小番代表と連絡を取り合いながら動いてます。

私としては先生から頼られ当てにされる以上、その期待に添えるだけのことはしようと思ってます。

一方で先生もわかってますが、町内の高齢者のこういったニーズはたくさんあるわけで、私の経営勉強を兼ねてます。

不特定多数の需要を考えると中古住宅の需要開拓を考えなくてはいけません。

一般的には不動産流通を通じた子育て世代への転売などが思いつきますが、シェア社宅(異なる会社員のシェアハウス)や戸建て町営住宅など新しい市場開拓についても考えを巡らせてます。



資材センターの片付け


永年、看過してきた辻野建設工業の資材センター。
ひとえに社長の私のせいですが、整理整頓されておらず、お客様にお見せするのはとても恥ずかしい状態になってました。
遅きに失した感はありますが、やらなきゃと言うことで今日を境に片付けを始めました。
先は長そうですが、気を引き締めてやり遂げます!

蔵の利活用


辻野商店の倉庫。

かつては政府指定倉庫とか保管料とかで稼いでいたのですが、このご時世になり稼ぐ力が弱まってます。

勿論、肥料や穀物を扱うのには必要ですが、直送や施設集荷が増え、かつてほど稼働する機会が減りました。

ならば、短期的に芸術利用?なんて事も考えざるを得ません。

そこで今年は6月14日(土)予定の「蔵出し市」にてバンド演奏をする事になりました。



今日はその演奏者に下見をしてもらいました。

一時的に物をよけた倉庫一棟でイベントをやる予定です。

農水省の好きそうな言葉ですが、果たして倉庫の多面的機能をフル活用となるでしょうか?

菜園季節の始まり。



今朝は絶好の菜園日和。

朝から苗と種の買い出しへ。

その後、支柱を立て早速植えました。



トマト、アイコ、フルーツトマト、ナス、ニンジン、キュウリ、シシトウ、ピーマン、男爵、メークイン、ホッカイコガネ、カボチャ、サラダミックス、ニラ。

今年はイモが多すぎたかも。



明日雨が降ってくれると良いのですが。

気がついたらキノコのホダ木にシイタケが昨年に続いてなってました。



ラッキー!早速、醤油バターで頂きます!


そしてなぜか我が家の庭には昔からアイヌネギが自生していて今時期が一番食べごろです。


今日は今年最初の外での焼肉にしようか?




2Fの会「当別道の駅」


月2回ほど辻野グループビル2階で開催してる2Fの会。

土曜日はここ数回、当別の道の駅構想について議論することにしてます。

昨日はカンブリア宮殿で放映された萩と内子の道の駅をビデオで見た後、当別に当てはめるとどうなるか?を話し合いました。

特に内子の事例は農家や高齢者がまとまり、野菜にとどまらず雑貨やお菓子を上手に販売してましたが、あの条件不利地を見ると当別のほうが可能性があるように思えました。



この2Fの会は特に会員資格はありませんがどちらかと言うと自分で何らかの事業をしてる人達が集まっています。

ただ、別に自分で事業してなくても社員としてクリエイティブな仕事をしてる人や地域の事に関心があって自分も何か関わって見たい公務員でも良いし、とにかく建設的議論に加わりたい人だと楽しいかもしれません。

フレッシュ社会人交流会


当別町商工会次世代育成特別委員会。

お硬い名前ですが、やってることはちょっと気が利いたこと。

昨日、町内事業所に勤める入社3年以内の若手35人を集めた交流会を行いました。



役場、銀行、自衛隊、消防、民間企業、NPO、社会福祉法人、大学など様々なジャンルの若手社会人が顔見知りになるきっかけづくりです。

同期入社が少ないこのご時世、よその町から転入して来た若手社会人同志が同年代の知り合いと悩みや楽しみを分かち合う事が必要じゃない?
知り合った商工会員の店に買い物に行く、知り合い同士でご飯を食べる事などにより町の経済活性化が図られないか?
そんな問題意識から商工会が主催となり今回始めてこの企画をやってみました。

名刺交換、役場の方からの町の説明、町のことを知る⚪︎×クイズ。

私達が企画したのは一次会のみ。
さっそく10人くらいの元気者たちが2次会に繰り出したようです。

少子高齢化を迎えてしぼんで行く地方の町。

そんな中で残された若手たちがジャンルを越えしっかりコミュニケーションを図り、結束し、やりがいと希望を保ちながらしっかり地域を支えて行くことが非常に大事になると思います。

その人達がお年寄りを支え、次の世代を育てる息の長い善循環がいずれ役立つと思います。



チョークアート講習会

昨日は中央通り会の商店街でチョークアート講習会を主催しました。
開催場所は商店街内にあるミニホームセンター業態のスマイルショップ山田のレジ前スペース。


黒板はMDFと言う建材に黒板用塗料を塗って作ります。


3回シリーズの1回目の昨日はまず下書きをしました。
参加者の皆さんが動物やお店で売るソフトクリームの絵などを描きました。


ちょっとした看板やメニューの書き方で店の印象が向上し「たかが看板、されど看板」と言うことで看板の書き方一つで店の売り上げも変わると思います。

次回は5月15日17:30~19:00スマイルショップ山田。

次回初参加でもついてけるようにしますので、希望の方はつじの蔵までご連絡ください!

サ高住4連チャン見学

幼稚園時代の先生の老後をどう暮らすか?
「あなた考えて頂戴!」と言うことで今日は先生をお連れし札幌市内のサービス付き高齢者向け住宅を4件見て回りました。

介護サービス輝北42条

新しいのですが入居がどんどん決まっている様子。
南側の部屋から決まっているようです。
理容室がありました。


ココロホーム北35条


マンション改修型。
食事とプライバシーに力を入れているそうです。


モーニング    

医療法人が経営母体。
クリニックを併設してました。


ふるさと山鼻

運営の経営者がお母さんの介護を通じて起業したそうです。

それぞれの施設がそれぞれのコンセプトを持って経営してました。

あくまでも私の立場は付き添い。

勿論、付き添いを口実に大変勉強になったことは間違いありませんが、選ぶのは先生もしくはご家族。

でも高齢者の行く末を考えると色んな事を考えさせられます。

残った家の問題、家具の処分、介護度の問題などなど。
そもそも故郷を離れざるを得ない雪や家の維持の問題。

地元建設業者としても無関心ではいられない問題だと思います。



ゆうゆうのアパート引渡し→岩見沢駅前

昨日の午前中は当別町内春日町に建設中であった「ゆうゆうのアパート」の引渡し。
障害を持つ方が暮らすアパート。


聞きますとアパートを改修してクループホームにするのは珍しいそうです。

全部で12室。
その内約9室は既に入居の目処が立ってるそう。

2階建て各階に共同リビングがあり、管理人とまかないの方が住人のお世話をします。

社会福祉法人「ゆうゆう」が進める先進的福祉の町づくりの中核施設として今後注目を集めそうです。

引渡しの後、午後は岩見沢駅付近にて打ち合わせ。


現在、岩見沢駅前は街路整備事業が行われていて、建物の移転や取り壊しが進んでいます。

既に移転し終わってるお店の中に「天狗まんぢゅう本舗」てのがあり、お勧めと言うことなので「辛いの」と「そうでない?」のを買いました。
「辛いの」を食べましたが周りの生地の甘みと中の具の辛味の組み合わせが良かったですね。

一個90円。

小樽を歩く。

今日は小樽へ。

小樽に住んでる長男はヨサコイの合宿とやらで不在。
最近、小樽によく行く関係で、もちょっと小樽を知りたいと思い、家族3人で小樽散策をしました。
ネパール茶屋と言うカレー屋で長男に昼飯をご馳走してやろうと思ってたのですが、ひとまず我々だけで。
カレーは私には薄味でしたがナンは美味かった。

期待通り色んな発見があって小樽は奥深いと思いました。

発見その1:旧手宮線は散策路になってる。


発見その2:観光客に人気なのはハチミツソフトとザンギとコロッケ。
これは今後のつじの蔵展開の参考にします。


発見その3:小樽には光と影がある。
観光客がメチャクチャいるところと、とっても寂れたガード下や路地があってその対比が面白い。




小樽は人口が減って衰退してると言う人がいますが、なんもいい町じゃないですか?

つるし雛&商店街ぶらぶら



今日はJR石狩当別駅から商店街をぶらぶら歩いて伊達記念館へ。


そこにはつるし雛が飾ってあり、篠笛のミニコンサートが用意されてました。


コンサートの演奏者は山口千那さん、曲目は「こいのぼり(屋根より高い…)」「鯉のぼり(甍の波と…)」「背くらべ」「荒城の月」。


一通り歴史見学を終えてから、創業100年越えのお店に寄り買い物を。

平出菓子店ではべこ餅と柏餅を購入。


小林商店ではさつま揚げ。


短期間かつお金をかけない企画ではありましたが参加者は約30名。
突然、ドヤっとお客が訪れたお店は今日は何なの?って感じでした。

当別らしさを活かした集客手法を試す企画でしたがまずまずの手応えでした。

つじの蔵ホームページリニューアル

http://www.tsujinokura.com

つじの蔵のホームページがリニューアルされてます。

今回のリニューアルコンセプトは「当別に関係する良い物は全て扱っちゃおう!」。
そこでキャッチフレーズを「当別いっかしょっぷ つじの蔵」としました。

「いっかしょっぷ」は一箇所とショップをくっつけた私が考えた造語です。

今のところつじの蔵で扱ってる商品の他に当別在住の画家の絵をアップしますが、今後は雑貨や田園住宅の土地や建物情報を掲載しようと思ってます。

不動産の売主と販売委託は宅建業者である辻野建設工業。

この他、古い農機具や町内で開かれるイベント前売り券も扱おうか?と考えてます。

当別関係の良い物を売りたい方はつじの蔵までお問い合わせを!

ローカルな1日

今年は久しぶりに町内会の班長が当たりましたので今日は朝から今年度一回目の回覧板配りをしました。

引き続きパンケチュウベシナイ川沿いに恒例のこいのぼり立て。
子供が少ない商店街でカラ元気じゃないですがもう10年以上はこうやってこいのぼりを立ててます。


仕事帰りにサービス付き高齢者向け住宅パークアベニューさん牛田社長から寿司パーティーをするから見に来ない?と誘われご相伴に預かりました。



お年寄りにとても受けてる企画だそうです。
祭り囃子のBGMや手作りメニュー、割烹着が寿司屋の雰囲気を出してました。

この間、北海道医療大学生の学生サークルの3人と商店街のコラボ企画などを話し合いました。

一見、経営や商売には結びつかないような活動ですが、何らかの形で人様のお役には立ってるのじゃなかろうか?と思ってます。
また、いろんな角度から町を見てその微かな可能性に光を当てることによって経済活動に繋がれば幸いです。


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索