社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
1
2
3
4
5
6
8
9
11
14
15
16
17
20
22
23
27
28
30
05


エゾシカ施設との関わり


今日は南富良野と占冠のエゾシカ解体施設を見学しました。
それぞれの町でエゾシカ駆除と特産品加工がセットで対処されてました。
エゾシカによる食害と駆除によるハンターへの所得保障、残さのゴミ処理代、食肉としての売り上げ確保や人件費など。
それぞれの段階がお互いに経済的に成立する事により支え合って成り立つシステム構築が大事であると実感しました。

スポンサーサイト

新しい仲間と当別を語る会


と言う会がありました。
埼玉、札幌から移住をしたご夫婦と愛媛からお越しのお試し暮らしをしているご夫婦と楽しいひと時を過ごしました。

若返り作戦


恥ずかしながら年甲斐もなく、準備もさほどせずにTOEIC公開テストを受けてしまいました。
玉砕です。
でも、人生経験として面白かったです。受験生のほとんどは大学生の様でした。
調べたら団体テストと公開テストがあり同じくらいの受験者がいるのですね。
全部で200万人以上の人が受験し、受験者数も増えている様です。
試験会場は北大文学部。
まわりは皆、若者。
会話をしているところをみると知り合いか?
ノンストップで2時間終わると、まわりから疲れた~とのため息が。そうか、若者も疲れるのか?
この玉砕をどうすべきか?考えます。

シイタケGET

2年前に植菌したキノコがようやく出て来ました。

週明けキノコの師匠に報告しなければ!
まだ出ないか?と何度かお電話頂いていたので…。
食べてみるとアワビに似た歯ごたえとキノコらしい風味が伝わって来ます。
これで自給自足キノコバージョンに一歩近づきました。

桜島とマルヤガーデンズ

鹿児島最終日は鹿児島からレンタカーごとフェリーで桜島に渡り、火山見学とその後、鹿児島に戻りマルヤガーデンズと言う山崎亮が再生プロジェクトに関わったデパートを視察しました。

鹿児島ではあんなに灰が降るなんて知りませんでしたし、桜島には町があって人が住んでいるとは知りませんでした。


マルヤガーデンズはB1F食料品、食べ物屋。
1F ユナイテッドアローズなどブランドショップ。
2F ハリスなど婦人用ショップ。
3F アウトドアの他、ガーデンキッズマルヤと言う託児所。
4F 家具・雑貨、デンタルクリニック。

5F・6F ジュンク堂書店鹿児島店。

7F ミニシアター、シンケン スタイルキッチン、屋上ガーデン。


8F・RF ブライダルレストラン&ビアガーデン。


全体的に普通のデパートですが、確かに個々のテナントにこだわりが感じられるのと、デザインやつながりを意識しているのが特徴です。

知覧

鹿児島視察二日目。
午前中は前日に引き続きベガハウスさんにて設計の流れやどんな図面をどなたが描いているのか?など、質問を目一杯させて頂き、その後、現場を視察しました。
前日同様、参考になる事この上なく、ほとんど飛び込みで訪ねて来た私達に対してたくさんのスタッフが入れ替わり立ち代わり教えて下さり、感謝に絶えない次第です。
ベガハウスさん視察は午前中で、終了。
午後はレンタカーを借りて、知覧を訪れました。

知覧では武家屋敷群と知覧特攻平和会館を視察。
知覧は江戸時代、佐多島津氏により上級武士の住居と外敵からの防御を兼ねた武家屋敷が築かれ、その見事な街並みが今でも残っています。
その石垣の街並みは沖縄の原風景に近くイヌマキなど植生も沖縄に近いものを感じました。

知覧特攻平和会館では特攻隊員の様子や気持ちを学びました。
特攻隊員約1000名の内、知覧から飛び立ったのはその約半数。
暗くて悲惨な歴史ですが、それを直視し日本人として何かを感じる事は重要ではないかと思いました。

と言う事で知覧からの帰りは開聞岳を見ながら池田湖となまず池を経由し、指宿の砂湯をざっと見て帰って来たのでした。


鹿児島の工務店に学ぶ





昨日から鹿児島入りしています。
辻野建設工業の設計担当の瀬川君と共に鹿児島のベガハウスさんと言う優れた設計をする工務店を訪れています。
昨日はモデルハウスにておさまりや素材や設計の考え方、社員の役割分担などについて詳しく聞きました。
社長様はじめ全社員約20名の方と社屋で夕食もご馳走になってしまいました。
今日は午前中、工事中の現場を見せていただき、昨日聞き足りなかった事を質問し、午後からは知覧観光の予定です。

世界中がローカルに向かってる?


今日はなぜかタイから3名のお客様が来社。
そのうちのお一人がタイのローカルな場所に小さなコミュニティ的リゾートを作ろうとしているそうです。
もうお一方はバンコクやチェンマイは忙しく、空気が悪くてダメだ的な事を仰っていました。当別の空気は最高だそうです。
何となくタイの方が考えている事が普段私たちが考えている事に近いような気がしました。と言う事はもしかしたら世界中で田舎が見直され始めているのかもしれません。
その方々とお話するのにもっと英語を勉強しなくてはならないと感じてます。

当別田園住宅で羊パーティー

今日は午後から当別田園住宅の住人の方に誘われ、羊パーティーに参加しました。
羊パーティーとはつい何日か前まで飼育していた羊を屠殺し、ありがたく頂く会です。
田園住宅の住人の方々がたくさん集まり懇談し、和気あいあいの内に羊の肉に舌鼓をうちました。
 
羊肉の焼肉の他、今回はモンゴルでもっとも良く食べられる塩茹料理「シュウパウロウ」が用意されました。
モンゴルの遊牧民は骨付き羊肉の固まりを大鍋で煮てシンプルな塩味だけで食べるそうですが、まさにその料理でした。
これがとっても美味!

羊の肉と言ってもぜんぜん臭みがなくて美味しく頂きました。
こんな経験をさせてくれる田園住宅の人たちに心から感謝です。

まちなか暮らし研究会~エコ編~ムロの調査


昨日はまちなか暮らし研究会~エコ編~「ムロの調査」を行いました。
ムロは昔、当たり前に各家にありましたが、ここ数年、あまり作られなくなりました。
そこで今まで我が社が作ったムロを改めて調査し、記録しておこうと言うのが今回の「まちなか」のねらいです。
昨日は全部で3カ所調査し、そのうち2カ所がムロ、1カ所が食品庫です。
それでは調査の結果を記載して行きます。

Aさん。

じゃがいもは紙袋 段ボールに包んで保存している。
3月位までムロの野菜を食べている。
昔は冬、お店に野菜が無かったのでムロが必要だったけど今はスーパーにいつでも野菜があるのでムロの必要がなくなったんでしょうね、との事。
ムロの広さは1坪、深さ120㎝。深さは程よい。
周りの壁はブロック、床は砂利の上にスノコを敷いている。
夏場は醤油などを保存。
漬物は重いのでムロに入れない。
キッチンの床下という場所は問題なし。
水はたまらない、結露なし。

続いてTさん。

保存しているもの。
じゃがいもを発泡箱や段ボールに入れて保存。
大根、ハクサイ、人参を密封して保存。
ここはムロに温度計がついていたので見てみるとムロの温度11℃、部屋の温度20℃。
広さ2坪、深さ120㎝。
壁はコンクリート。通気用の穴が4カ所程あり。床はコンクリートの上にスノコ敷き。
深さは程よい。
床の下げるためにムロ部分は基礎より深く掘り下げた。
廊下の下という場所は問題なし。
水はたまらない、結露なし。
建て替える前の家にムロがあったが、それには水が入っていた。
ムロに入りきらない野菜は畑に山積みにし土を被せている。ムロの野菜が3月位になくなり、雪が解けると畑から野菜を掘り出し、使っている。しかし、これも4月位まで。その後、畑を使うので。
畑で保存している野菜はじゃがいも、種イモ、ニンジン。
いろいろな種類の野菜をまとめて山にし、その上に厚さ30センチ程の土を被せる。合計の高さ1m。

最後にIさん。

Iさんはムロでなく断熱をした部屋。
保存しているものはじゃがいも、タマネギ、みかん、大根、ゴボウ。
キャベツ、ハクサイは新聞に包み、長ネギは段ボールに入れて保存。
保存期間は一年中。
食品庫の広さ2坪。
以前は冷凍庫を入れてたが、夏に熱を出し、漬物が発酵するなど不具合が生じ冷凍庫は外に出した。
場所的はOK、ドアの向きが少し不便。
結露なし。
本当はムロ欲しかったが、この辺は水位が高いと言う事で断念。
点検口の下使う人いるけど、我が家の点検口はフタが小さい。

調査は以上です。
今回、調査した3軒以外にもムロを作った事はありますが、機会があれば調査したいものです。
農家さんや田舎暮らしで畑をやって、大量に自家野菜を作る家庭であればムロは便利だと思います。
ムロを作ること自体そんなに難しい工事ではありませんが、暮らしの知恵としてのムロのノウハウを工務店が保持し、後世に伝えて行くのも悪くない事だと思っています。

つじの蔵のちょっとした路線変更



つじの蔵は基本的に当別産の農産物を使った加工品を売るお店ですが、食品に固執する事なく柔軟に販売品目を変えて良いと思っています。
少し前から考えていたのですが、当別の農家の奥さんが冬に編み物や手工芸品を作る事があり、それを売って少しでも収入を得て欲しいと思っていました。
今回、町内の花農家さんとそのお友達がつじの蔵を利用したいと言う話があり、本日からカバンと木のクラフトを販売し始めました。
今後は素材に当別産の農産物や当別にちなんだデザインを取り入れて欲しいと要望させてもらいました。
その方といろいろ話しているうちに大豆や小豆、ドライフラワーや乾燥した小麦など意外といろんな農産物が素材に使えそうと言う話になり、なかなか楽しそうな展開になってきました。

当別グローバル人材育成について語る会

5月17日、18時より辻野建設工業において当別グローバル人材育成の会を行います。
はっきり言って会の目的ははっきりしませんが、とにかく、これからの世の中は世界とのつながりをしっかり認識すべきと考え、この小さな町当別においてもそのような認識を持ってビジネスを行ったり、子供達の教育を行う事ができればイイね!という集まりです。
では、具体的に誰がどんな行動を取ればそのイイね!という状況をつくれるのか?という事を議論する予定です。
但し、議論はそもそも、イイね!という状況とはどんな状況なのか?と言う事から始まりそうです。
私が思うに何をするにしても「グローバル三方良し」つまり、「日本良し、相手国良し、地球良し」みたいなアイデアであればどんなアイデアであっても、支持されるだろうと思います。
さてさて、何か良い名案が生まれるでしょうか?
自由参加なので、時間があればどなたでも歓迎いたします。

ネイチャーセンターのお話


今日はアメリカでご自身でもテキサス州でネイチャーセンターを運営する傍ら、様々なネイチャーの取り組みを研究し、そのまとめを本にしたお二人とお会いしました。
お会いした場所は当別町内の金沢のパン屋さん、ノルトエッセン。

今回、お二人は当別エコロジカルコミュニティの山本幹彦さんのセッティングで北海道から京都、そして中国までネイチャーセンターつながりで旅をするそうです。
ノルトエッセンの早川社長からこの金沢地区に自然豊かな環境を求めて移住してきた親達、その子供達の次なる目標をどこに定めるべきか?という問題提起がありました。
結論は当別エコロジカルコミュニティがこの金沢の地でしっかり活動する事により見出されるであろう、という事でした。
山本さんもこれからしっかりやります!と宣言していたので期待したいと思います。

シックなつぼ八



本日、つぼ八オークラビル店の引き渡しがありました。
こちらのつぼ八は直営店で既存店とは少し装いを変えています。



全体的に黒を基調にシックな内装になっています。

18日から営業で、最初の数日は半額セールをするそうです。
メニューは他店と同じですが、落ち着いた雰囲気で一杯やりたい時には良いと思います。

辻野グループ地域密着チラシ2013年5月号

私の入っている経営者の会、中小企業家同友会には尊敬すべき先輩経営者がたくさんいます。
その中のお一人の会社がずいぶん前からその会社のある地域に地域密着型のチラシを配っています。
良いことはまねすべき・・・と言うことで、辻野グループでも2年前くらいから地域密着型チラシを作成し、新聞折り込みしています。

今回は5月13日に2013年5月号を当別町内に折り込みします。
グループ3社から2名ずつ委員を選び、いろいろとアイデアを出し合っています。

今回メイン表ページ担当は辻野商店。

今回の案内は・・・
①アウルポイントカードが「つじの蔵」で使えるようになりました。
②「つじの蔵」でこまめちゃんソフト、豆腐の素、キングモヤシを売っています。
③「つじの蔵」で自家野菜などを売りませんか?
④テージーホームの家具付き部屋を冬期間限定(11月~3月)で格安(4万円/月)貸し出しします。
IMG_2774.jpg

裏面冗談は辻野建設工業から
①旧東裏保育所を改築し、住宅にする工事をしています。
 5月19日(日)、6月23日(日)、7月21日(日)、10:00~13:00に経過見学会を行います。
②辻野商店、当別熱源に建築工事の事を相談して下さい。
③リフォームのキャンペーン情報。

裏面冗談は当別熱源から
①エネオスカードでガソリン経由2円引き
②エネオスカードと共にアウルポイントカードも使えます。
IMG_2773.jpg

という内容です。

グループの社員間でいろいろとアイデアを出し合うことはグループ間交流になりますし、チラシを企画するという作業を通じてグループの結束も図れます。
また、自社から見るとグループ他社は異業種で、その分、素人的な素朴な意見も出てきます。
一方、同じ仕事をし続けると発想が固定化してしまうという弊害を取り除くことができるというメリットもあります。
いずれにしても費用対効果が問題なことは大事で、今回の反応がどうなるか注目しています。

地下歩行空間20130505

先日、5月5日に辻野建設工業では地下歩行空間でイベントを行いました。
積み木を配りながらアンケート記入をお願いするという内容でした。

たまたまですが、昨年訪れたスウェーデンレクサンドの家具をお借りすることができ、その展示も行いました。
合わせて、薪ストーブと無垢のフローリングの展示も行いました。
1367718884048.jpg

1367745866501.jpg

おかげさまでアンケートは130名にご記入頂き、そのうちスウェーデン家具に興味を持たれた方もいて、首尾良くイベントを終えることができました。


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索