社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
1
3
5
7
9
13
14
17
19
20
22
23
24
25
28
29
30
04


すごいな、山崎亮。


今日は念願の山崎亮の講演会に参加しました。
エルプラザの会場の一番前の席でかぶりつきで聞いてきました。
山崎亮といえばコミュニティデザインの第一人者。
山崎亮のやっていることは一言で言えばまちづくりですが、よくあれだけ多彩な手法を生み出し、結果をともなっているものだと感心します。
来年4月に山形の東北芸術工科大学に山崎亮が学科長となるコミュニティデザイン学科ができるそうですが、山崎亮は震災復興に役立つ人材をそこから輩出したいそうです。
復興にコミュニティデザインの手法が役立つはず、という事ですが、きっとそうなると思います。
山崎亮の話を聞いているとどんな過疎地や離島でもやる気にさえなればいくらでも再生の手段はあると思えてきます。
ですから、我が当別町の商店街活性化や少子化問題についてもきっといい方法があるはずだと思います。
頭を柔らかくし、いろんな人を巻き込み、多くのパワーを集めれば地方の町こそやりがいがあって面白い事ができるはずです。
それにしてもそのためには我が町に一人でも良いデザイナーが欲しいと強く思います。
辻野グループにデザイン部を新しく作るか新しいデザイン会社を作りたいな!

スポンサーサイト

鈴木茂兵衛商店の提灯

茨城県水戸市に鈴木茂兵衛商店という提灯屋さんがあります。
照明器具の笠をネットで探していて見つけたのですが、なかなか良いデザインです。
今後のこともあるので一つ購入してみました。
単三電池2本が付いて赤いLEDで光ります。なめらかな曲線に日本的美を感じます。
骨の作り方や和紙の張り方を見ていくと、型が結構重要だと分かりました。
自分で作れたら良いなと思っています。

IMG_2515.jpg

IMG_2516.jpg

第63回まちなか暮らし研究会

今日は午後からまちなか暮らし研究会を兼ねた当別田園住宅住人集会を行いました。

今年、家を建てることになった新たなご家族を既に住んでいる皆さんに紹介することが一番の目的です。
今年、住む予定のご家族は若いご夫婦と生後6ヶ月の赤ちゃんです。
当別田園住宅プロジェクトでは住人コミュニティを大切にするというコンセプトを掲げております。
住む前から既に住んでいる人と知り合い様々な生活情報を得たり、事前に顔見知りになることによりスムーズに地域に馴染んで頂くことを願っています。
今日は自己紹介の後、ダニや漆など山に入る時の注意事項や、アイヌネギやキノコなどの山菜情報、除雪の心構え、薪の調達方法など先輩住人から色々なアドバイスが出されました。

田園住宅プロジェクトは今年で始まってから13年になります。
集まった方々とお話すると、その歴史の重みや住人文化と言えるような生活の知恵の蓄積を感じるようになってきました。
それぞれの家庭生活を大切にしつつ、助け合いのある暮らしが営まれています。
ここでの暮らしを楽しみながら新しい住人を歓迎する土壌が育っています。
派手な宅地開発とは違うじっくり型のまちづくりが進んでいます。

包括業務提携調印式


これは何だ?と思う方はいると思います。
辻野グループと名古屋の中日新聞系列(株)中日メディアブレーンが包括業務提携なるものを取り交わしました。
具体的にはこれからですが、一つには北海道と中部首都圏との人事交流を行うことになります。
時空を越えた企業間連携が今後どう花開くかが楽しみです。

農村空間リニューアル

東裏で廃園になった保育園を家具職人さんのアトリエ付き住宅に大規模改修しています。

その方は隣接する廃校を工房としていて、この場所に終のすみかを建てることになり、つい先日、着工をしました。
私はこんなやりがいのある仕事ができて本当にありがたいと思っています。
この家ができるときっと周辺空間の質があがると思っています。

地域の人たちがペンキを塗り少しあか抜けた廃校、土の部分に草が生えそれを地域の人たちが刈り込むと芝生になる緑のグランド、大きな白樺の木々がある学校前庭、学校の職員室をリフォームした週末カフェ、体育館を使った家具工房、80区画ほどある体験農園、防風林に囲まれ遊具が残る保育園の園庭、周りの田んぼや小麦畑とあぜ道、遠くに見える防風林、広い空、更に遠くに見える雪をかぶった山々、周りに散在する農家、まもなく聞こえヒバリのさえずり、常に吹いている風。
この空間の中にデザインされた建物が遠慮がちに2~3棟建ったら…と想像するだけでそれはそれは素晴らしい田園環境が出来上がるだろうと思うのです。

合同企業説明会に出展しています。


今日は北海道中小企業家同友会主催の合同企業説明会に参加してます。
新入社員を採用する事により既存の社員が育ち、またその意識が改革され、ひいては業務の基本を見直し、その改善につながると考えます。
来年、いい新入社員と一緒にいい仕事ができるといいなと思います。

住宅と電気自動車


昨日まで参加していた当別商工会主催の省エネリフォームフェスタに電気自動車が展示されてました。
この自動車にどうやって充電するのか?という事ですが、通常、住宅では100Vを使いますが、電気自動車の充電では200Vが必要なので、電気工事が必要になるようです。
その際、既に引かれている電線の仕様や分電盤の容量などによって工事費も変わってきます。
住宅と自動車が線で結ばれる時代はそう遠くなさそうです。

とうべつ2013省エネ・リフォームフェスタ


辻野建設工業では明日4月13日(土)10:00~17:00、明後日4月14日(日)10:00~15:00とうべつ2013省エネ・リフォームフェスタに出店します。
場所はJR石狩当別駅横のふれあい倉庫。主催は当別商工会。
他の町で同じようなイベントがありますが、実はこのイベント、今回が第一回です。
当社の他に地元業者が5社、出店します。
どのくらいお客様が来ていただけるかわかりませんが、私たち商売をするものは常に待ちではなく、攻めの姿勢でいかなくちゃいけませんね。

こまめちゃんソフト近々販売開始


つじの蔵で4月20日から新しいソフトを販売します。
その名は「こまめちゃんソフト」
今までより少しスリムなソフトクリームで下部はコーンです。
下の写真は豆がついていませんが、実物は炒った小粒黒大豆がついています。

また、先日からつじの蔵では当別町内で浸透しているアウルポイントカードが利用できるようになりました。

山崎亮が札幌にやって来る!

私が注目している人である山崎亮が札幌にやって来ます。
「コミュニティデザインの方法 ふるさとを元気にするために私たちは何を学ぶべきか? in 札幌」
2013年4月27日(土)14:30~16:00
札幌エルプラザ 3F男女共同参画センターホール
主催:東北芸術工科大学
開場:14:00/申込不要/入場無料/定員:150名(予定)
東北芸術工科大学が2014年4月にコミュニティデザイン学科を開設する記念イベントのようです。

行って見たい!

久しぶりのリクルート活動


今日は来年4月に向けて採用活動を行いました。採用職種は設計営業職1人です。
4月16日、5月20日、6月26日、10時~17時、札幌芸術文化の館にて開かれる合同企業説明会に当社に関心のある学生に集まってもらいたいということでチラシを配って来ました。
札幌市立大学から始まり、北海学園大学工学部、札幌建築デザインアカデミー、北海道能力開発大学校、北海道工業大学の五カ所を回りました。








就職担当者の話を聞くと現在は大手企業の内定待ち状態で、その結果が判明する4月末くらいから中小企業への問い合わせが増えるだろうとの事でした。
学校を回りながら学校施設や職員、学生達の様子を伺って来ました。
採用する側としては真剣に慎重、かつ大胆な採用をしたいと思っています。

Skypeレッスンライブ


今日は事務所2階でTG青山セミナーの公開授業をやっています。
先程までその様子を見させていただいておりました。
Skypeを使いおそらく東京あたりの生徒さん二名とTG青山セミナーの伊藤代表がGMATという海外の試験対策勉強を行っています。
Skypeを使いながら英語の模擬問題を順に解いて行く学習スタイルです。
伊藤さんに伺うとこのSkypeを使った学習スタイルはつい最近、始めたばかりで現在も随時、改善しているそうです。
「当別に住む」という制約から生まれた学習スタイルですが「必要は発明の母」という言葉のようにもしかしたらこの学習スタイルは今後化けるかもしれないと言う可能性を感じました。

ススキノで「つぼ八」を作ってます。


ススキノにあるオークラビルを訪れたことのある方は多いと思います。
かつて、華やかなりし頃、地下一階に月の法善寺横丁があったと覚えていますか?
この度、辻野建設工業でその一画につぼ八を作る工事を請け負いました。
只今、前のテナントの解体工事を行っていますが、床をめくると人工の川が
出てきました。
これもご記憶の方は多いでしょう。
古いテナントビルの工事というのは遺跡発掘のように壊すと過去の色々なものが出て来るようです。

日々、新しい。


私は今年52才になるのですが、ここのところ、ヘェ~こんな世界があったんだと思う事しばしばです。
それは長男の大学進学に絡むのですが、今日の大学入学式会場の雰囲気、学長始め大学側が生徒達に何を期待するのか?
英語教育、社会性、グローバル人材、社会学。
子供達はどういう気持ちで新しい世界に進むのか?
授業、試験、バイト、サークル、一人暮らし。
私は親としてどう感じるのか?
期待、当てにすまい感、経済支援、自立心。
自分自身の実感、もし自分が子供の立場だったら?
進学を迎える多くの親が当たり前に経験する事を私は妙に新鮮に感じるのです。
その実感をもとに現代がどんな社会なのか?今を生きることの意味、自分や会社の存在価値など、思いは妄想へと広がります。
50才も過ぎ、人生も半ばを過ぎてなお知らない事だらけと感じる今日この頃です。

「選択と集中」か「バランス重視」か

最近は当別町での「商店街活性化」と「都市農村交流」の二つ、補助金事業についての打ち合わせを行っています。
補助金ですからその使い方の良し悪しについて微妙に考え方が分かれます。補助金賛成派は「もらえるものは有意義に使って、それをきっかけに飛躍すれば良い」、という考え、補助金反対派は「そんなのはもらわないで自力でやるべき」というものです。
私は今、前者の立場に関わっている事になります。
次にあれこれやるよりは、何かに的を絞ってやるのが効果的であるとする「選択と集中派」、生活の豊かさは教育、経済、福祉などのバランスの良さとする「バランス重視派」がいると思います。
今、私がやっている事は後者だと思います。
何が正解かわかりませんが、まずはやって見ようと思っています。

FOR RENTAL


大学に進学し一人暮らしを始めた長男の部屋の扉に7才年下の次男が非情にもこのようなテナント募集の看板を貼り付けました。
おそらく我が社、社屋の2階を最近、レンタルオフィスにした事をマネたのでしょう。
4人から3人へと家族の人口密度が減ると何と無く寂しい感じがします。

「つじの蔵」のソフト販売再開

IMG_2359.jpg

本日から「つじの蔵」の冬期間休止していた豆乳ソフトクリームの販売を再開しました。
すでに何人かが店にお買い求め頂いています。
いよいよ、春に向けて人々が動き出しそうな気配です。


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索