社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
15
16
18
21
22
24
25
26
27
30
31
01


ふとみキッズアカデミーでスクラブル

昨日は今日からオープンするふとみデイサービスを使い、地域が子供達を育む社会作りモデル事業行いました。

講師はTG青山セミナーの伊藤伸哉さん。
今回は放課後バージョンとして17時開始でした。
内容はスクラブルという英語の言葉ゲームでした。


大人も混じってやりましたが、英単語が思いつかない時はスクラブル用の英英辞書を使い、英語に親しむにはいいゲームだと思いました。


老人施設を使い放課後学習する機会は貴重な財産となります。

スポンサーサイト

つじの蔵 アラカルト

当別セレクトショップ「つじの蔵」では月一回「蔵会議」と称して、販売作戦を考えています。

その作戦のうちの二つをご紹介。

一つは地元農家のおばちゃんが編んでくれていた毛糸の靴下のデザインを当別が交流するスウェーデン風に変えてもらう事。

スウェーデンヒルズにあるスウェーデン交流センターでスウェーデンの編物の本を見つけたので、早速、取り寄せそれを参考に編んでもらいました。
以前よりは少しいい感じになったと思います。
お値段は400円前後です。
今後はもう少し研究を掘り下げます。



次に「豆乳」。

今まで予約販売していた豆乳を定番商品化させようと言う事になりました。

そこでラベルのデザインを変え、同時に使い方もお客様に提案していこうと言う事で、調べたところ、豆乳2に対して麹1で混ぜ、炊飯器で4~5時間、保温するとヨーグルトの様な食べ物になり、これが整腸作用があって便秘にいいとか、マラソンをする人の栄養補給に良いなどの情報を得ました。
早速、作って食べてみましたところ、ほんのり甘くて上品な和菓子の様な味でした。
今後、身近なところで便秘に悩んでいる方に試食してもらおうとしています。



蔵会議では今度は何がいいかななど一種、楽しみながら話し合っています。
これに売れた結果がついて来るとより面白く、やりがいがでると思います。

辻野グループには色んな業種がありますがどの部所でもアイデアの創出と売り上げUPが図れると良いのですが。

海外で学びたい方向けの学校説明会

最近、グローバルな人材育成について考える機会が多いです。

当別町はスウェーデンとの国際交流に於いて、比較的成功しているとされています。
その流れを加速し、ビジネス化できないか?と思うのですが、そのきっかけになるかもしれないイベントが土曜日にあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビジネススクールHULT Internationalの、北海道史上初!札幌公式学校説明会。
当日の詳細】
----------------------------------------------------------
■日時 2013年1月26日(土)
14:30開場
15:00HULT International Adminによる正規学校説明会(5分前には着席をお願いします。)
16:00質疑応答、懇親会

■場所
T/Gセミナー sapporo front:
札幌大通ドリノキ(南1西4 日之出ビル9F)
http://sapporo-odori.jp/dorinoki/

■フィー
無料

■詳細、お問い合わせ
www.liberal-arts.com
(Click "HULT Come to Sapporo!")
or contact 伊藤伸哉( Shinya Ken ITO, T/G Seminar, Founder/CEO)

HULT International (www.hult.edu) はボストン、サンフランシスコ、ロンドン、ドバイ、シャンハイに展開する名門ビジネススクールで、 2014年にはニューヨーク、リオデジャネイロ校が加わります。

説明会は、現地の大学院、大学双方の現地アドミニストレーターが初来札(日本語も大丈夫です)、MBAのみならず、EMBA (Executive MBA)、またBachelar (学士)留学、語学短期留学のご案内も行いますので、 若手幹部候補生はもちろん、グローバルな視野で次世代のビジネスを生み出したい方、 世界のトップクラスのエグゼキュテイブとのネットワークを強めたいとお考えの経営者、 日本の大学ではなく、海外の大学を目指したい高校生および保護者のみなさま等、グローバルな教育、教養に興味のある方、将来ゴールについて考えたい方は、どなたでも歓迎いたします。(道内もちろん、道外からも!)

敷地条件の読み取りと住みつなぎ

今年、家を建てたいご夫婦がおりまして、土地の契約が終わったところです。

場所は札幌宮の森。

建設予定地には古い建物が残っていて、壊す前に一度、中から外の景色を見てみようと言う事になりました。

新しく立つ場所は変わると思いますが、概ねの景色は変わらないので設計する上で見ておく事はとても参考になりした。

北側の景色。
琴似の高層マンションが見えます。


南側の景色。
大きな松の木があります。


東側の景色。
山の稜線がきれいです。


同行した不動産屋さんに説明を受けたところ持ち主は現在、東京の方にお住まいの高齢の女性。
10年前までこちらを別荘的に使っていたそうで、部屋にあるもので欲しいものがあれば使って良いとの事でした。
使うかどうか分かりませんが、大きな木の机と面白い形の照明器具がいいね!と言う事になりました。





以前住んでいた方とは見ず知らずではあるものの、この土地が気に入ったという同じ価値観の方かもしれません。

これも何かの縁だと思います。

その方の気持ちを大切に引き継ぐ家になると良いな~と勝手に空想しました。

コワーキング

昨日は札幌市中央区日の出ビル9階にあるコワーキングスペース ドリノキを訪れました。


ここは仕事をしたり、打ち合わせをしたり、セミナーをするスペースです。
基本、会員制です。
知り合いの方が利用しているので様子を見てきました。

比較的自由に使えるフレックスエリアはそこそこに人がいました。
個室的に仕切られているブースはあまり人影が見えませんでした。




現在、4つのテナントが入っている辻野ビル2階のテナント活用を更に加速させようか?と考えているのでドリノキさんを参考にしたいところです。

受付、店子さん同志の交流、音、ネット環境、立地、使用時間帯、セキュリティ、ロッカー、お茶入れ、トイレ、コピーなどなど。

辻野ビルの場合は音環境や駐車場など仕事のしやすさとお互いの仕事のつながりや価値観のすり合わせ等に特徴を持たせたいと考えています。

今のところ後3つくらいテナントを増やそうかと思っています。
約30m2を駐車場、光熱費込みで4万円位でお貸ししようかと思っていますが、詳しい内容が決まったらホームページに載せます。

将来的にこのテナント事業を移住促進や起業家育成、商店街の空き店舗対策に発展させたいと考えています。

ちなみに2月始めに辻野ビルテナント事業者の方針発表会をやります。
それぞれの事業者が今年、何に力を入れたいと考えているかをお互いに知る事により協力しあったり、アドバイスをし、共に発展して行こう!という事です。

今後、当別町にデザイン事務所やイベント企画会社、商品加工業者、農産物流通業者、インターネット関連業者が来てくれるとうれしいところです。

誰かいないかな?

iPadで変わる暮らし方

昨年、iPadを買ってから暮らしのスタイルが少し変わりました。

AmazonやFujisanで買ったデジタルブックをiPadで読み、自宅でSkypeを使って東京にいる方とビデオ会議をし、社員から送られてくる図面を朝、自宅でiPadで見、更にnote anytimeでその図面にチェックをしたりします。

つまり自宅で仕事をする機会が増えたということです。
私としてはこれは楽な状況と思っています。
考える仕事は家でやった方がいい場合もあります。

これが当たり前になると、知らずとだらけてしまう恐れもあると思いますが、逆にこの方が効率的だとするとすごい変化だと思います。

次に考えているのは特にiPadでなきゃできないことではありませんが、Facebookのグループ機能を使って一つのテーマに関して複数の方々と議論する事です。

例えば「当別高校に福祉課程が作れないか?」と言うテーマに関して、大学教授や町の教育関係者、高校の先生、福祉施設経営者とでまずは集まって議論をし、次回までに新たな考えや情報をFacebookグループにコメントをアップし、次の会の議論の中身を濃いものにするとか、別なFacebookグループでは「当別で国際社会に通用する人材を育成するビジネスが構築できないか?」と言うテーマについて、グループメンバーがそれぞれ役割り分担して図面を書いたり、集客案を書いたり、収支計算をしたりと言うように、離れていたり、時間が合わなくても一つのアイデアを実現可能にするプロジェクトチームができないか?と考えています。
そんな事をやる環境を後押しするのがiPadなんじゃないかと考えています。

こんな事がどんどん実現すれば、今よりもっと世の中が良くなり、楽しくなると思います。

地域が子供を育む社会作り事業~私たちが見上げる星空とはるかな宇宙



昨日から今日にかけて「地域が子供達を育む社会作り事業」の一環で、横浜にある「はまぎん子ども宇宙科学館科学」コミュニケーターの甲谷保和さんを講師に星空と宇宙についてのプログラムを行いました。

主催は住んでみたい当別推進協議会です。

昨日はサラ回しを工作しながら地球や宇宙の回転について学びました。



今日は会場である西当別コミュニティセンターにて実際にプラネタリウムを設置し、宇宙を旅する体験を行いました。





このプラネタリウムは25人くらいが入るエアドームで球体を作り、その中でパソコン操作で星を映し出し、太陽系を旅したり、太陽系を脱して銀河系を外から眺めたりできる優れものです。

二日間、子供達は工作をしながら宇宙について思いを巡らせることができました。

この事業、主催者としてはこのように大掛かりではなくても何か子供達にこの町でいろんな体験をしたり、学ぶ機会を提供することによって、優秀な人材を排出したり、そうでなくても地域に世話になりながら育った感覚を子供達に身につけてもらいたいという願いで行っています。

また、そのことによって子育てを当別でしたい若い家族の誘致につなげたいという狙いもあります。

大谷地の薬局が完成しました。



昨日は大谷地の薬局の引き渡しがありました。

建物自体が看板の様なデザインです。

現在、向かいにある薬局がこちらに移転するのですが、こちらの建物がやたら目立つので何人もの方が間違って薬を買いにきます。



薬局を経営する社長が言っていた言葉が、とても印象的だったのですが、「患者さんは薬をもらい生きる希望を持って行って欲しい」。

この薬局はどちらかというと精神科、心療内科系の薬を多く取り扱うそうです。

同志



最近、新年会続きです。
昨日はスウェーデンハウス協力会の新年会でした。
前段、北海道神宮にて参拝した後、ススキノにて新年会。

同じ協力工務店である小林住工の小林君他数名の方々と懇親を深めました。

同じ時代に一緒に仕事をする仲間は「同志」であるといつも思います。

特に経営者どうしはそれぞれいい時もあり、つらい時もあり、非常に不安定な立場をお互い知っているからこその連帯感があります。

今日は中小企業家同友会の新年会。

こちらも異業種ではありますが、別な「同志」の集まりです。

iPadってほんとパソコン並み!



子どもの工作づくりの合間にiPadでDM案を一つ作ってみました。
先日、札幌駅前地下歩行空間で積み木配りアンケートに記入してくれた方へのお例のDMですが、iPadでインストールしたnote anytimeでほぼ、できてしまいました。
後は会社に行って、印刷できるか試すだけです。
これじゃ、パソコンとほとんど変わらない使いやすさです。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

今年もブログ(フェイスブックと連動)に、私の日々の様子や考え事を書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

いつも年末年始に本を読んだり、考え事をするのですが、今年はすべてをストップして下の子と冬休みの工作に取り組み、丸2日間、住宅模型を作り続けています。
しかもまだまだ終わりそうにありません。
せっかく買い込んだ本をいつになったら読めるか、見通しが立たない状況です。

ちょっと凝り過ぎたかな?


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索