社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
1
2
3
4
6
8
9
13
14
16
17
21
22
24
25
27
28
29
30
31
12


「Think global, Act local」を地で行きたい

「Think global, Act local」

今では使い古された言葉ではありますが、広く実践されているかといえばそうでもありません。
しかし、今年取り組んだ「mugee(ムギー)」もそうですが、今やインターネットを通じて様々な国の人々とコミュニケーションできるのでこの言葉の実践は一般市民や中小企業でも可能となってきました。

さて、話は若干変わりますが「 Act local」的な活動として先日来、地元当別町の林業資源活用策を模索しております。

P1010227.jpg

P1010229.jpg

当別から切りだしたトドマツを芦別の吉井木材さんで製材できないか?ということを調べてきました。
吉井社長さんは道産材の活用に関して非常に関心の高くとても頼りがいある方でした。
トドマツのムク材を住宅の柱にはできそうでした。本来ですと建て主さんが決まっていて、正確な使用数量がわかり、更に道産材使用についての価値観の共有があると良いのですが、まだ来年のお客様が見えない中で、なかなか見切り発車が難しいところです。
吉井社長さんとの話の中で内装用の羽目板加工は出来そうであるということと、屋根の下地材としての野地板材としての道産材利用について検討の価値があると思いました。

また、トドマツとエゾマツの違いについてエゾマツはトドマツとカラマツの中間くらいの強度であるとの認識を教えていただきました。
また、山の管理の仕方によっては天然林で60年かかるものを人工林であれば40年くらいで大きな木に育てることができるとおっしゃっておりました。そのためには写真のカラマツのように芯の部分の年輪を幅広くする・・・つまり植林してから数年間の管理をしっかりすることが大事であることでした。

P1010225.jpg

P1010226.jpg

現在、北海道のカラマツは本州向けの合板材料として多く出荷されているそうですが、海外産の木材は少なくなることを考えると、もっと今より広範囲で計画性の高い森林管理をしないと資源が枯渇する可能性があると警鐘をならしておりました。

スポンサーサイト

第36回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。

昨日は第36回まちなか暮らし研究会~エコ編~を行いました。

テーマは「アイヌの生活文化から現代の北海道人が学ぶ知恵」でした。
講師は財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構のアドバイザー貝澤文俊さん。貝澤さんは二風谷生まれです。

アイヌ思想では霊や神が重要。
万物にはカムイ(=神)が宿っていると考えました。
イオマンテ(ヒグマなどの動物を殺してその魂であるカムイを神々の世界に送り帰す祭り)やオプニカ(霊をシカの魂を神の国に送る儀式)があります。人が死ぬ時はその人の生前使っていた茶碗のかけらなどを一緒に埋葬するそうです。
P1010213.jpg

貝澤さんは普段はエコツーリズムのガイドとして山歩きをすることが多いそうです。アイヌの方は山に入る時、米や麦などのお土産を持っていくそうです。また腰にひもを巻き山の悪い神(ウエンカムイ)を追い払うのだそうです。悪い山の神がついてくるので呼び合うのに人の名前は呼ばないそうです。
P1010212.jpg

アイヌの主食はサッペ(サクラマス)、チェプ(サケ)などの魚なので川の近くに住んでいました。
アイヌの人はひもを作るのにオヒョウニレやシナノキを使いました。木の皮を剥ぎその繊維をよってひもをつくりました。ちなみにカラマツはもともと北海道にはなかったそう。
P1010214.jpg

P1010215.jpg

P1010222.jpg

P1010220.jpg

P1010221.jpg

このひもはチセという家の屋根を葺くときに使いました。ちなみにチセは掘立小屋ですが、土に接する部分には腐りづらいドスナラやハシドイ、エンジュなどの木を用いました。また、チセにその原理が多用されている工法として「三脚」があります。3本の木を組み合わせて1tの石を持ち上げる強度にできます。

昨日はアイヌの薬(ちなみにアイヌ語で薬はクスリと呼ぶそう)のいくつかを紹介していただきました。朝鮮五味子(レプリハ)、ヒトリシズカ(イネハム)を煎じたお茶をいただきました。レプリハは神経痛に効くそうですがなかなか刺激的な味でした。アイヌの中で特に大事な植物はアイヌネギ(キトピロ、行者ニンニク、プクサなどいろいろな呼び名があります)。魔除けや薬に使いました。
P1010219.jpg


P1010217.jpg

アイヌネギは当別にも沢山ありますが、種が落ちてから一枚目の波が出るまでに4年かかります。その葉が4枚になるのが7~8年目。ですからアイヌネギをとるときは4枚葉のうちの2枚をとるのがよいそうです。

P1010224.jpg

最近、有名になっている「イオル」ですが、はじめてその意味がわかりました。「イオル」とは衣食住から儀式まで、生活に必要なものをすべてまかなう領域のこと。川の支流が一つの「イオル」を形成していたそうです。「イオル」の考え方は現代人にとっても循環型暮らしを考える上で重要なヒントになりそうです。

ということでアイヌの自然を敬い、謙虚で素朴な暮らしぶりと比較すると、我々がいかに自然に対して横暴な振る舞いをしているのか・・・と反省させられました。

さて、次回のまちなか暮らし研究会~エコ編~は

日 時:2011年1月26日(水)18:30~20:00
場 所:札幌市豊平区豊平7条8丁目1-15 NPО法人 手と手 カフェ 「パーリッシュ」
テーマ:「これがピクルス!」
講 師:野菜ソムリエ 長谷部直美さん
参加費:500円
申し込み:辻野建設工業㈱営業中野まで0133-23-2408(電話)n-tomo@tsujino-gr.co.jp(メール)

です。

自給自足事業部の収穫物を販売し始めました。

さて昨年から取り組んでまいりました辻野建設工業自給自足事業部。

第1号さん(第2号さんまでいます)が今年収穫した農産物を「つじの蔵」で販売し始めました。
あずき・豆ご飯の豆(黒千石)・ジャガイモ二種(さやあかね・十勝こがね)です。

中

店頭

もちろん、農薬不使用!

収穫した野菜を貯蔵して自分で食べるのが自給自足です。

しかし幅広い自給自足では物々交換みたいに地域の中で収穫物とサービスの交換とかがあっても結構ですし、そういう意味では地域内の役割分担が大事であるということになると思います。

今後、この自給自足事業の発展形として地域内循環の見える化などもいいかもしれません。

月形町のペレット工場を見に行く。

今日は月形町にある北海道ペレットさんの工場を見てきました。

そもそもの原料は魚を入れる木箱。
P1010197.jpg

それでは足りないのでトドマツを使っています。
山から持ってきたぶつ切りの丸太を薪状にして粉砕しているそうです。
P1010198.jpg

原料をベルトコンベアで粉砕機に投入。ちょっと粉砕機が暗くて写っていませんが・・・。
P1010199.jpg

P1010200.jpg

粉砕したおがくずをいったんストックします。
P1010201.jpg

おがくずを別な建物内のプラントに運び再び投入しさらに細かくします。
P1010202.jpg

続いて乾燥工程。
乾燥させる熱源には規格外のペレットを使います。
P1010204.jpg

風を送り熱いおがくずを冷まします。この段階ではまだペレットになっていません。
P1010205.jpg

P1010206.jpg

加水しながら圧縮してペレットを作ります。
P1010207.jpg

ふるいにかけて製品を作ります。
P1010208.jpg

出てきた製品。白いペレットです。これを手で袋詰めします。
P1010209.jpg

さて、この工場では8時30分から18時くらいまで1時間に300kgのペレットを作っております。
作業員は一人です。

ペレット自体の需要は増えているそうです。今回は当社の関係する森からこちらにトドマツを運びペレット化し、当別熱源のお客様に供給できるかどうかを試してみたいと考えております。

「厚別の家」ができました。

厚別で建てていた住宅が完成しました。

外観は品の良いくっきりしたトーンのデザインです。
質感もたっぷりで内容の濃い家づくりが想起される住宅です。

P1010171.jpg

P1010174.jpg

P1010175.jpg

室内は意図的にシンプルに作られています。
玄関。

P1010182.jpg

実はシンプルに作ることこそ施工的には難しいのです。
トイレ。

P1010184.jpg

外に出るテラスドアのすりガラスがなぜか美しい乾燥室。

P1010194.jpg

脱衣室。こちらの住宅の大きな特徴は「光」です。間接照明がとても多く使われています。

P1010179.jpg

キッチン。
黒いカウンターに木調の建具。
品の良い組み合わせです。

P1010185.jpg

一方、機能的なことですがキッチンの食洗機は今回、「ASKO」というスウェーデン製の食洗機が採用されています。
一般的にはヨーロッパの食洗機はミーレが有名ですが、この「ASKO」はナベカマが入る大きいサイズがあり、ミーレより若干安い(今回は約26万円くらい)そうです。

P1010195.jpg

家族並んで仕事や勉強をするコーナー。
後で後ろにカウンター的な本棚が来ます。

P1010181.jpg

大きな吹き抜けに写真では分かりづらいですが壁が円形になっています。
吹き抜けに面した大きな窓から光が室内に入り、円形壁でその影を受け止めるしつらえになっています。

P1010180.jpg

P1010187.jpg

P1010192.jpg

中二階のホール。

P1010188.jpg

2階子供部屋。

P1010190.jpg

2階主寝室。
P1010191.jpg

以上、間接照明やフロアスタンド、吹き抜けに面した大きな窓、そして天窓と、あらゆる角度から人工光、自然光を駆使した光が自由に遊ぶ空間が特徴の住宅です。
設計は建築家の堀尾浩さんでした。

「つじのの森」計画

最近、取り組んでいる山の活用プロジェクト。
プロジェクトというよりはこれから末長く辻野建設工業の家づくりのコンセプトの柱の一つになればいいな・・・との思いです。

P1010167.jpg

P1010166.jpg

「この山の木を我が家の柱に使ってくれ!」と言うと若干、割り高になるというのがなぜか今の木材流通の仕組みです。
しかし今、辻野建設工業として考えていることは多少割り高になってもいいからまずは一度その流通をやってみようということです。山から切り出すこと、製材所で丸太を保管しその後切ること、乾燥させること、半端になった材はどうなるか?購入するといくらになるか?使ってみてどうか?などということです。
そのすべての過程で現場がどうなっているかを確かめたいという気持ちです。

P1010161.jpg

P1010163.jpg

そしてまたさらに最近考えていることは山の全体利用です。
製材をとることを中心に、床材や羽目板を作ること、薪を作ること、ペレットを作ることなど幅広い木材の活用についてこの山でどこまでできるかを考えたいと思っています。

P1010164.jpg

また、原料供給のみならず、山菜やきのこ、山ブドウやシイタケの原木など山の幸の活用についても研究したいと思っています。

P1010165.jpg

更に乗馬や散策、小屋暮らし、ゲスト案内などレクリエーションや会社のPRなどにも山を活用できればいいなと思っております。
もしかしたら落ち葉を肥料化するなど森林と「農業」との関連についてもその可能性を探りたいと思っています。

省エネ支援サービス・・・スマートタップ・・・

北海道庁が行っているエコチェンジファミリー事業。

この事業は家庭で使う電気を見える化することにより省エネ意識を喚起しようというものです。
既に我が家ではエコチェンジファミリーに参加し、10月から家全体の電気使用量を計測していますが、このたび更に詳しいバージョンに取り組みます。

そのために使うのがスマートタップ。

ネット経由でコンセント単位で電気使用量が測定できます。
電気を測定できるということ=電気を制御できる・・・ということになります。
早速今朝、ネット経由で冷蔵庫に取り付けたスマートタップをオフにしたところ、確かに冷蔵庫の電源は切れてました。
その後、ネット経由で復旧しようとしたところこれができませんでした。
調べたらオフ操作はできるけどオン操作はできないとのこと。オン操作は直接、スマートタップの電源を入れないといけないそうです。

P1010155.jpg

P1010154.jpg

ということでしばらく、様子を見てみます。

「mugee」販売デビュー

今日はスウェーデンの伝統的癒し商品の販売デビューを行いました。
場所はスウェーデンヒルズの交流センター。
この商品はもともと英語名をウィートウォーマーと言いますが、私たちの方で「mugee」と名付け直して販売します。

「mugee」のサイト

当別の姉妹都市レクサンド市で加工された布に当別産の小麦を入れ電子レンジで温め湯たんぽのようにして使います。
その第1回目の販売を今日、行われたルシア祭というお祭りで行いました。ただし23個くらい持って行って売れたのは1個。

P1010146.jpg

P1010149.jpg

実は私自身このお祭りに参加したのは初めてでした。
子供たちがクッキー作りや、そのほかグレッグというスウェーデンの飲み物やクッキーが販売されていました。

P1010150.jpg

最後には子供たちの行進と歌や笛の演奏がありました。

P1010153.jpg

今後、mugeeはネット販売も行いますが、これから町内プロモーション活動を行います。まずは仕入れた100個を完売すべく頑張ります。

「21世紀型自給自足」

最近、つらつらと辻野建設工業のブランド作りについて考えています。
自分自身でブランド作りのプロセスを考えるのは時間がもったいないので手始めに本で基本的なプロセスを検討することにしました。
購入した本は「小さな会社のブランド戦略」と「企業を高めるブランド戦略」の2冊。
後者のほうが論点がまとまっています。

その中でコンセプト作りの重要性について書かれています。

もちろんわが社では現会長が考えた社訓、私が考えたスローガンと経営理念などがあります。

しかし、今回、住宅を中心としたブランド作りに主眼を置いてコンセプトを改めて考えてみますと、もう少し的確なコンセプトがあるのじゃないかと思いました。
そこで今までやってきたことやこれからやりたいことを振り返ってみて生み出したコンセプトが・・・

「21世紀型自給自足」

という言葉でした。

まだ直観的で意味を深くつめてはおりませんが何となく目指す方向はそういうところなのかなと思っています。

きっとこの言葉、どこかで使われているだろうな思ってネットで検索したら、そう多くはありませんでしたが、どなたかが1999年にこの言葉を使っておりました。

今後もう少し掘り下げて考えていきたいと思っています。

「木のキッチンの家」が完成しました。

木のキッチンの家が完成し、今日と明日、見学会をしています。

P1010131.jpg

建設地は恵庭市。ユカンボシ川という清流の脇に建てました。
P1010129.jpg

玄関。この住宅はひさしぶりの二世帯住宅です。そういえば最近、当社に限ってか?二世帯住宅が少ないような気がします。
家の中に電力メーターがあり見学者にこれは何ですか?と聞かれそういえば変だと思ったら、二世帯別々に電気使用量を計るためについていたのでした。
P1010126.jpg

トイレや浴室は2世帯共通ですから、バリアフリーでかつ幅広く作られています。
P1010127.jpg

脱衣室からトイレ方面の廊下を望む。
親世帯の動線と子世帯の動線が明確に分かれている住宅です。
P1010124.jpg

基本的の木質系の住宅です。
床はトドマツのフローリング。壁はお客様とお友達が自分たちで塗った珪藻土です。聞きましたら最高瞬間6人で塗り、2日間で仕上げたそうです。仕上げた個所は1階壁すべてと2階寝室部分です。とても上手に仕上がっていました。
P1010123.jpg

お客様と聞きますと照明器具選びではずいぶん悩んだとのこと。結局オーデリック(旧オーヤマ照明)にしました。
照明器具に限らず当社の家づくりスタイルは注文住宅ですからある意味一つ一つお客様とモノ選びを行います。このもの選び作業は結構、労力がかかるもので、今回のお客さまからも意外と大変だったとの感想をいただきました。
けれども今となっては良い思い出になったとも言っていただきました。
P1010132.jpg

木が好きなお客様ですから薪ストーブも当然のごとくつきました。
よく「煙突掃除は大変ですか?」と聞かれるのですが、燃やす薪の樹種や乾燥具合にもよりますが、現在の薪ストーブや煙突は燃焼効率が良いのであまりすすがでません。
掃除は最低一年1回程度で良いと思います。
P1010120.jpg

今回の住宅のオリジナルな特徴はキッチンの天板が木でできていることです。
「水はしみないの?」と思うのですが、製作した「家具工房旅する木」の須田さんによると「特殊な塗装をしているから大丈夫」とのことです。
P1010122.jpg

道産材も柱・梁などにふんだんに使っています。
実は昨日に続き今朝も当社関係の山を見てきました。この山からカラマツを切り出し集成材にするつもりです。こんなことがサクサクとできる喜びは何事にも代えがたいと思います。
P1010119.jpg

2階は書斎や子供部屋、寝室があります。
P1010134.jpg

2階は現在、未造作で引越してからお客様が床材を張り壁を珪藻土で仕上げることになっています。
P1010133.jpg

以上、恵庭に建てた「木のキッチンの家」でした。明日、12月12日(日)も10時~16時までやっています。

さて、実は次週、12月18日(土)、19日(日)10:00~18:00も完成住宅見学会を行います。
こちらの家もなかなか見ごたえのある住宅です。

場所は厚別区厚別南3丁目16番16号。

見学ご希望の方は当社、営業、中野までお申し付けください。
会社:0133-23-2408
携帯:090-8904-9214

山を余すことなく使う

昨年から進めてきた森林活用。
たまたま私の弟が持っている5ヘクタールの山から木を切り出し、柱材にしたり薪やペレットを作りたいと考えました。
そしてその願いが現実となりました。
木を切り出すには林道が必要。地元の森林組合にお願いし、今、林道を作っています。

P1010110.jpg

P1010111.jpg

P1010105.jpg

カラマツは合板に、トドマツは製材やペレットに、広葉樹は薪に使います。
また、林道脇の桜の木の近くにちょっとした広場スペースを作り、できれば来年そこに小屋を置きたいと考えています。

P1010106.jpg

聞きますとこの山にはミヤマクワガタもいるそうで、いろいろと遊べそうです。
この山から切りだしたトドマツは一度、芦別の製材工場に行くそうです。できればその材を確保し、来年建てる家に使いたいと考えております。

「ほくでん電気ご使用量・料金実績照会サービス」を知っていますか?

「ほくでん電気ご使用量・料金実績照会サービス」ってのがあります。
これは何かというと自宅の電気使用量の過去の推移がわかるものです。今ちょっと時間外(閲覧は8:00~2:00まで)なので確認できませんが、確か過去2年分比較できます。
いわゆるエネルギーの見える化です。
パスワードをもらうまでに1か月くらいかかりますが、なかなかいいサービスです。
ときどき閲覧して我が家の電気使用量をチェックしてみましょう!

ほくでん電気使用量照会サービス

木の家の見学会

来週「木の家の見学会」を恵庭で行います。

P1010100.jpg

P1010101.jpg

写真では見づらいですが12月11日(土)、12日(日)10:00~16:00。場所は恵庭市恵南6番11号です。
詳しくは当社営業マン中野日誌にも書いてあります。

この住宅には当別町の旧東裏小学校で家具職人をしている「家具工房旅する木」須田さんが製作した木の天板のキッチンが取り付けられています。
木の天板で水がしみないの?と思いますが、特殊な塗装を施してあるので大丈夫とのこと。今年6月にオープンした須田さんの奥さんがやっているカフェにも木の天板を採用していて水シミはないそうです。逆に手触りがよくて気持ちいいそうです。

木の天板をさわりに来ませんか?

当別田園住宅H邸が完成しました。

先日、完成した当別田園住宅のH邸。
田園住宅の住宅群の中に新たな作品的住宅が誕生しました。

P1010074.jpg

くねくねと体をよじらせたような個性的なプランです。
見ようによっては桂離宮の雁行をほうふつさせます。
P1010077.jpg

今年は雪が遅く12月になってもまだ枯野の景色が続いています。
枯野と背後の枯れ山のモノトーンな空間の中で特異な和風テイストを醸し出す住宅です。
P1010076.jpg

普通ピクチャーウィンドウというと室内から外を見たときに窓が額の役目をして外の景色が写真的に見える状態を言いますが、この場合は外から中に対するピクチャーウィンドウです。
P1010096.jpg


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索