FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
4
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


新築住宅ルポ

以前から取材をお願いしてたお客様の記事がいえズームと言うサイトに掲載されました。


サイトはこちらです→いえズーム

辻野建設工業はそれほど多くの注文住宅を建てておりません。
年間6~7棟くらいです。
しかし一軒一軒、いろんな思いや物語、技術的な工夫やデザインを持って建てています。

経営としては良くないかもしれませんが、年数を重ねると、建てた住宅の集合体が何らかの社会的価値を生んでくれると思いながらやってます。

これからもそのスタイルは変わらないだろうなぁ。

スポンサーサイト



当別カフェめぐり

まちづくり会社で企画していた当別カフェめぐりと言う小冊子ができました。


この企画は戦略拠店パワーアップ事業という企画で、町内にあるいくつかの店に元気になってもらう事により商店街に来る人を増やそうとするものであります。

戦略拠店として田西会館や伊藤ジンギスカンを選んで、田西会館だったらお持ち帰り宴会、伊藤ジンギスカンのネット販売を増やそうと言う企画でした。
その一つとしてカフェ何件かをまとめて戦略拠店とみなしか、そこに来る人を増やそうと言う企画。

取材してからかなり時間立ち、コロナで営業時間などが大幅に狂っちゃって内容が正確ではありませんが、少しでも経済の活性化に役立ってほしいと思います。

私はまだ健康観察期間中にて外に出られませんが、終わったら各お店に配布しようと思います。

企業誘致用地取得

辻野建設工業では先日、当別町獅子内に約3200坪の企業誘致用の土地を取得しました。


この場所はもと小学校が立っていたようで、桜の木とか溜池があります。


溜池には湧水が差し込み金魚が住んでいて自然に繁殖しています。

これから境界杭を設置しますが、スウェーデンヒルズの下ですし、石狩湾新港にもやや近いので、エコロジーなオフィスやSDGsに関わる工場用地としても面白いのではないかと考えてます。

取得したばかりでまだ販売開始はしてませんが、興味がある方は今からでもお問い合わせいただければ幸いです。

再生エネルギーと経営方針

当別熱源は系列会社の倉庫屋根を借りて太陽光発電事業を始めました。
当社グループの再生エネルギー使用率は今までゼロでしたが、これからできるところで再生エネルギーを使っていきたいと思います。


パネル228枚を屋根に設置して予想される電力量は85,749kWh。
杉の木3317本から得られる二酸化炭素削減効果に相当し、灯油19,500ℓ(ドラム缶約97本)の石油資源削減になります。

これからの時代は再生エネルギーによる電気を照明や車の燃料などへ、木質バイオマスを暖房などへ使う時代に入っていくと思います。

より効率的に再生エネルギー電気を発電し使う、森林の恩恵を長期間にわたって循環的に使わせてもらう、そのためにシェアや既存の資源や社会資本活用を行う。

ローカルな社会がそんな方向に向かうために企業の立場からできる事をやっていく、そんな経営方針を掲げていきたいと思います。

進化論と会社経営

進化論と会社経営を結びつけるなんて、こじつけであります。
しかし、読書をインプットとすれば、そこから学んだ事をどう活かすか?とアウトプットを求めたくなります。

この本は人間行動が進化論的な基準に則って正しいかどうかで決まっていると言うユニークな主張をします。

私たちの体は遺伝子情報に則って形成されますが、遺伝子情報は長い年月をかけて環境に適応する淘汰圧を受けて変化します。
その結果、例えば今の目の機能が備わったり、私たちの手の長さが決まります。

著者は私たちの行動のみならず文化さえも遺伝子を将来永続的に継続する基準に則って規定されているといいます。

会社には遺伝子と言う物理的束縛はありませんが、環境へ「適応」し、生き残ろうとする面は人間と同じです。


これを会社に変換すると


「裏切り者の検知」が「リスク管理」へ、「言語」が「コミュニケーション手段」に、「配偶者検知」が「人事・採用」に、「子に対する世話」が「社員教育」になります。

進化論的に会社経営を考えると言う視点はアリです。

さとまち末広の建築中住宅

昨日は建築中のさとまち末広の注文住宅の写真を送ってもらいました。


在宅ワークでやってたアンケートづくりがやや終わったので次のメインワークをはじめました。
次のメインワークは辻野建設工業のホームページお知らせ欄の更新です。
いつもは社員がやってる更新作業をひとまず昨日、自分で更新してみました。
辻野建設工業ホームページお知らせ欄

簡単な更新ですが、これから数回に渡り、さとまち末広の特徴を書いていこうと思ってます。

場数が大事

最近、テレワークの事ばっかりだなぁ。
引きこもりの私だから社会復帰できんのかな?

と言いつつ、その世界に馴染んできてる自分が怖い。
なぜかわからんが毎日が発見に満ちてる。

いつの間にかみんなそれぞれオンラインミーティングに親しんでいる。

昨日の気づき、その一。
バーチャル背景を使ってる人はまあまあいますけど、名刺管理ソフトのエイトのバーチャル背景使ってる人がいるんですって。
早速、私も作ってみました。


バーチャル背景にQRコードがついててそれをかざすとエイトの名刺が出てきます。
私は自分ちのベランダ写真を使いました。

気づき、その二。
会計事務所と決算報告の会議をオンラインでやってて、次回から会社に来なくて良いから定例でオンラインでしようと言う事にしました。
昨日は普段あまり見ない納税申告書の法人税の細目とか、資産の部分に画面を通じてフォーカスする事ができました。
この担当者はGoogleを使いこなしていると言う事で、次回はGoogle meetでやる事に。
その予約をメールで送ってもらって承認したらカレンダーにサクッと入ったので嬉しかったです。
やっぱりこれからはGoogleだなぁ。

気づき、その三。
リクシルとのオンライン打ち合わせ。
スーパーウォールと言う断熱パネルの説明を受けたのですが、次回はオンラインの工場見学に参加する事にしました。

これはうちの会社のオンライン現場見学会にも参考になりそう。

何でもかんでも机上で済んでしまうのが怖い。
実はみんな使ってると言う事を知らなければならない。
普段なにげにやってる事が実はオンラインでできる。
それらは場数を重ね、操作に慣れる事により、効率さが加速する。

強制的な長期間自宅勤務により、自宅勤務ありきの働き方にシフトしてます。



そこにいない自分と空想

今日は朝から資料作り。
やらねばならない仕事の完成度をどの辺に定めるかが定まらない。

空想が膨らんじゃって、時間はあるから、手加減がわからない。

1時間半ほどパソコンを打ってると画面下にコーヒーのアイコンが出てきました。
あれっとカーソルを合わせると、かなり長い時間パソコン使ってますが、一休みしませんか?だって。
気がきくなぁ。
そこで一息する事にしました。

ヤギ達に水と餌をやり、少し残ってた畑の草取りをしました。
我が家のワイルドな庭は次から次へと花が咲いてます。


会社の会議でもそこにいない自分がいます。
そこにいるようでいないと言うのはなんか一歩引いてる感じで雲の上からそこにいるような感覚。

物事を客観的に捉えてるのかなぁと思いつつ、自分の頭の中で1人対話をしてる気にもなり、空想の世界に長くいてもどうなのか?早く空想の世界においとました方が良いのか。

どうなんだろう。

テレワーク3日目

なんで最近、ブログでテレワークの事、書いてんだろ?
きっと行動範囲が狭いと視野が狭まると言う相関関係があるのじゃないか。
ただ、これは個人的な事であり仕事はどうだろう?

家で仕事しながらこれが会社でだったらどうなんだろう、と考えます。
検証作業のつもりで昨日を振り返ってみます。

例えば昨日は8時過ぎから辻野商店の営業会議をzoomで実施。
前年同期比の肥料、農薬売上げを営業マン別に概況把握。
来週は細かい工夫について議論する予定ですが、これは今まで会議室でやってたものを私だけがオンライン参加。
別に困りませんでした。
むしろ会議室は狭いので窓は開けてるものの外部から参加した方がコロナ的には良いかも。

9時半からオンラインでペレット販売の打ち合わせをしましたが、一定の結論は出せました。
この時は向こうからteamsリンクを送ってもらいました。
リアルでもオンラインでも結論が出れば良いだけで、場所は関係ない。

次に11時からの打ち合わせ。
さとまち末広の一棟目記念企画「地元染色家の小島柚穂さんに辻野建設工業のオリジナルデザインを作ってもらおう」企画の図案について小島さんとディスカッションをzoomで実施。


デザインなんで微妙な色や素材感が関係しますが、前回リアル会議の下地があるので、問題なく終了。
リアル会議の時は会わなきゃわからないような点に議題をフォーカスしたら良いんだろう。

小島さんはデジタルリテラシーが高いので画面共有などで助かります。
彼女は日本の伝統的な手仕事にこだわりつつ、テクノロジーをどんどん取り入れるので素晴らしい。

その後、ドツボにハマって停滞してる企業アンケート作成作業を再開。
なぜかつじの蔵の店舗経営理念を仮で作りました。
少しだけ進んだけどこれは今日の仕事。

午後3時からは辻野建設工業のホームページリニューアル打ち合わせをzoomでリプランさんと実施。
私が事前チェックした資料をPDFで送り、そのチェックした意図を伝える事ができたし、不明点がいくつか解消されました。
これも会社に来てもらわなくても良い内容。

その他、辻野商店と辻野建設工業からそれぞれ送られてきた伝票や契約書を確認したりとか、ニューカントリー七月号に掲載予定の記事の校正を返信。

その間、電話したりネットで調べたり。

今後は自宅で気持ちを集中モードに切り替える工夫とか想像力を高める工夫について考えてみたいと思います。

テレワーク2日目

テレワーク2日目。

部屋の中を動きながら考えをめぐらそう、と部屋にソファを、ベランダにアウトドアチェアをセットしました。
形から入るのも時には大事と思います。




セットしてみて自分の家は意外といろんな使い道ができる家だなと認識しました。

ただ、昨日やろうと思ってた仕事が意外と進みませんでした。
冷凍お惣菜をグループで開発する企画で、メンバーに配布するアンケートを考えようと思ったんですが、この企画の意味とか出口について迷い始めちゃったんで、筆?が進まなくなってしまいました。

今日はなんとか仕上げたいと思ってますが、オンラインミーティングも3つ入ってるし、時間あるかな?

テレワーク、理想から言えば「本日の仕事のゴール」みたいな目標を掲げて、できたら達成感を得、できなかったら自己嫌悪感+自己反省会をすればいいんでしょうけどね。

テレワーク初日

昨日から自分の部屋でテレワーク。


初日なんで遠足気分と言うか、物珍しさが手伝い新鮮な気分で仕事しました。

新たに発見した事をピックアップしますと、
◯ペーパーレス化を進めてたが、意外とまだ紙の資料があった。
一部の人の日報(他の人は既にGmail)が紙で残ってた。
伝票も紙だったなぁ。
どうせ綴るので紙で出力しなきゃいけないんですが、私が見る分にはPDFの方が良い。

◯携帯をスピーカーモードにすると良い。
会社だと周りの人に対してうるさいけど、テレワークは基本1人だもんね。
話しながらパソコン打てるし。
ちなみに今日から着信音変えてみる。
辻野商店は和音、辻野建設はスローライズにしてみた。

◯電話は結構使うな。
電話代大丈夫かな。

◯オンラインミーティングは欠かせないな。
昨日は2回。teamsとzoom。そんなに使い勝手は変わらない。
会社側のカメラを別セッティングの広角カメラにしてみよう。
タッチペンを頼んでるので、画面共有でホワイトボード機能ができるかどうか試してみよう。

◯自分がやってみてわかった。テレワークさせる側とテレワークする側にはかなりのギャップがあるな。

◯Schoo(スクー)でいろんな姿勢で仕事した方が腰に良いと言ってたからやってみた。
立ってパソコン打てる高さの棚があったからそこでメールを打ってみたが、丁度良かった。

◯イマジネーションが大事だな。この作業をやってどんな成果が出るのか?と一旦、最終形をイメージする事が大事だな。

◯今までの人間関係や現場感があるからスムーズにできてるって事もある。

テレワーク、これから数日続くのでまだまだ発見がありそう。

少年の夢

アルケミストを読みました。


スペインのアンダルシアで羊飼いをしていた少年がある日、王様に出会い、王様に聞いたエジプトにある宝を探しに旅をする話。

少年のひたむきで諦めない姿が心にジワッときます。

年をとっても少年の夢のような気持ちを持っていたいなと思います。

明日からの準備

明日から約2週間、テレワークとなります。

長いなぁ。
この試練をどうやって無駄なく、効率的に過ごすか?

そのためにはまず場所だ!
快適な仕事空間を準備せねば。

という事で今日は朝から部屋の模様替え。
ひとまずの結論は「押入れをワークスペースにすべし」


押入れを片付け、子供の学習机セットやパソコン他、時計などありあわせのものをセット。

そしてベッドの位置を変え、寝転んでスマホをいじれるように。


コンセントが足りないか?プリンター接続は?会社とのzoom設定は?

現代版成果主義のジョブ型雇用に私自身が対応できるか?が試されます。

嵐が過ぎて

昨日はひどい嵐でしたね。
庭に木の葉がたくさん落ちてます。


私もここ数日、混乱の中におりました。
なんとコロナの濃厚接触者になってしまい6月18日まで外出自粛、健康観察となりました。

本人のプライバシーのため誰からの濃厚接触者とは明かせません。

PCRを受けて陰性となったんですが、その判定が出るまでの約1日、もし陽性だったら私と行動を共にした人に迷惑をかけるんじゃないか?と言うリアルな罪悪感を感じました。

昨日まで被害者ぶってた私が今日から加害者になる、人間立場が変わると違うものだと実感しました。

加えて思ったのは注意していてもなる人はなる、ならない人はならない、それは運や抵抗力の差じゃないか?
人間の立場はもろい。

2週間自宅待機と言う現実に対応する中で新しい発見ができたら良いのですが・・・。

タンクローリーの中古車探し

昨日は当別熱源の関係で旭川へ。

金田自動車さんへタンクローリーの中古車を探しに行きました。


当別熱源にはタンクローリーが3台ありますが、2台はかなり古くなってます。
1台は新車にすることにしましたが、あと1台は中古車にしようかなと考えてます。

社員がネットで見つけた金田自動車さんは中古タンクローリーを整備して販売してます。
在庫も20台近くありました。


スタンド数自体は減ってるのですが、残った燃料会社が規模拡大してるのか、たまたま更新時期が重なってるのか、ここ数年、中古のタンクローリーの引き合いは強いそう。

営業マンと一度顔を合わせておいていい条件の物件が出たら連絡もらうことに。


当別熱源は創業51年になりますが、施設や車両の老朽化によるお金がかかります。

OB客訪問

先日、長沼のOB客を訪問する機会に恵まれました。

外壁が木張の住宅ですが、きれいにメンテナンスされてました。


建主さんは庭も綺麗に手入れされていて、薪を塀がわりに積んでナチュラルな暮らしを楽しんでおられました。

ほのぼのとした家庭を営む農家住宅。
こう言う家づくり、お客様との関係、ありがたい事です。

陰翳評価

日本人には陰翳を好むする気質があると説くのは
「細雪」や「痴人の愛」を書いた作家の谷崎潤一郎。


障子や縁側、床の間などわざわざ暗がりを好み、そこで飲食や茶を楽しんだ先人の風流を忘れてはいけない。

谷崎潤一郎が特に勧めるのが漆器。
あの黒光する器を暗がりで使う事に何とも言えない奥ゆかしさがあると言います。

建築に関わる私としてはとかく明るさを求めたりしますが、そこは少し我慢してか、ケースバイケースを配慮して陰影を評価したいと思います。

週末草刈り

先週の土日は家の周りを草刈りしました。


家の周りを公園のようにしたい。
おそらく草刈りしたところは町有地がほとんどだったと思うけど、スカッとしました。
川の淵は業者さんがやってくれたと見え、助かりました。

孤独と私

坂本龍一にSolitude(ソリチュード)と言う曲があります。
村上春樹原作、映画「トニー滝谷」で流れる曲だそうですが、私はこの曲が好きです。
Solitudeは日本語で孤独と訳されますが、この曲は一人ぼっちの私を彷彿させます。

今回読んだ三島由紀夫の「命売ります」は一旦自分の命を他の誰かに預け、組織や社会に所属しない命の自由を謳歌する場面があります。


そこに三島由紀夫の社会との疎外感に通じる孤独を感じます。

「私の命を売ります」と広告を出した主人公丹羽男のもとに怪しげな依頼が次々と訪れます。

最初のうちはウキウキした気持ちで依頼をこなしてる丹羽男に死にたくない気持ちも湧き上がったりし、最後は孤独を抱えたまま放心する姿が描かれてます。

途中に丹羽男が自分の部屋でネズミの人形と食事する場面があるのですが、その時かける曲がドヴュッシーの「沈める寺」。
「沈める寺」もいいけど坂本龍一の「Solitude」もいいなと。

最近、私の中で「孤独」を評価しようと言う動きがあります。
孤独の前提となる違和感や疎外感って大事だよなと思うからです。

読書と私

これは完全にコロナのせいでしょう。
最近、やたら本を読んでるのは。
マイブームだとしたら、そのうち冷めるかもしれません。

これまで仕事に関する本を読むはずだったのが、ちょっとしたきっかけで仕事以外のジャンルに手を出すことになりました。

与謝野晶子の「みだれ髪」。


399の短歌とその解説、そして与謝野晶子の生涯について書かれてます。
短歌自体は解説がなければ、なんのことかわかりません。
しかし解説を読むと時代背景や短歌の読み方、言葉づかいの技法、みずみずしさや色彩感覚と言った作品性を味わう事ができます。
本では森鴎外や薄田泣菫、石川啄木などとの交流や与謝野鉄幹との出会いから結婚生活とパリ旅行などについて書かれてます。

読書と言うのは奥が深いと言うか、得体知れないと言うか、役に立つのか立たないのかわからない。
若い時に本を読んだ方が良いと言うが、若くなきゃダメなの?
歳をとっても本を読むと自分が深掘りされ、世の中の見方が深くなる。
自分の中に作者目線で世の中を見る自分が生まれる(その自分はすぐにいなくなるが)のが面白い。
共感できる人が勧める本はまず良い。

と言う事で次の読書に進みます。




プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索