FC2ブログ

社長のブログ

北海道当別町にある辻野グループの社長ブログです。

 
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


ありがとう札沼線


つじの蔵で「プレス空知」と言う新聞を売ってます。
1部100円。

さよなら札沼線と言う特集です。

辻野建設工業で広告協賛した縁での販売ですが、札沼線のあゆみが記載されてます。

札沼線の果たした役割はなんだったのか?と言う事に思いを巡らす良い機会だと思います。

スポンサーサイト



月曜日GO!

「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」

この言葉、稲盛和夫さんの経営哲学と言われますが、私が最初に聞いたのはコーセル株式会社の創業者飴 久晴さんの講演です。

講演と言っても行ったわけではありません。
行けなかった中小企業家同友会の大会での飴社長の講演をテープでもらい多分、20回は聞きました。

素晴らしい講演でした。
そしてその中で出てきた言葉の一つが「悲観的に計画し、楽観的に実行する」と言う言葉でした。

今日からまた月曜日。
雪が残って冷たい雨が降ってますが、GO!


世の中にはいろんな事を気付かされる。

こう言う時期だから世の中の人がいろんな考えを持つ事に気づきます。

Facebookではいろんな人がいろんな事を言ってます。
コロナで困ってる会社経営者から相談メールも届きます。

私と言えば世界中の人がコロナと言う共通言語を持つ不思議な一体感を感じますし、家にいる時間をどう過ごす?と言う課題を感じます。

私はここ数週間、週末は家を中心に過ごしてます。

今日は月曜日の朝礼の話を考え、オンライン英会話でフィリピンの先生とお話し。
ここのところ話題はコロナばかり。
フィリピンは規制が厳しく、ほとんど外出しちゃいけません。

その後、日経を読み折口信夫の「死者の書」の記事を読み、更にWikipediaで折口信夫を調べる。
日経の記事をじっくり読むのもこんな時期だからかも。

安全大会で配った田西の折りを朝食に食べた後、外に出てヤギに水と人参をやり、壊れたブランコを片付け、こんもりホールのまわりを片付けました。


このブログを書いたら日本史を読みます。
今日は鎌倉時代の産業です。
この趣味(?)はエンドレス。いつかはやめますが。
日本史を始めてから気づいたのですが世の中に歴史に関する話題がいかに多いことか。
今日の日経でも勝海舟がいかにハト派だったか書いてありました。

何歳になっても世の中には気付かされる事ばかりです。

建設業と事業投資


昨日はとある企業を訪問。
これから作業所を建てようかという話。

私たち建設業は仕事を通じて他の会社の事業立ち上げに関わる事があります。

辻野商店の社長として倉庫事業に投資したり、辻野建設工業でもグループホームに投資した経験があり、新しい事業を立ち上げるという事が人ごとと思えません。
↓建設中の辻野商店倉庫。

なので新しい計画の成功を願う気持ちがあります。

全くの事業立ち上げから入る場合は経営理念やターゲット層を一緒に考えたりします。

土地から入る場合はそのロケーションやインフラ整備状況、地目や法的制限、価格を提示したりします。

設計から入る場合は導線や機能などの使い勝手、規模やグレードとコスト、デザインなどを検討します。

「新しい事業に投資する」・・・
リスクです。失敗したらどうします?
でも素晴らしい事です。



辻野商店→GPS基地局

昨日は辻野商店にてスマート農業への取り組み。

GPSに精通する恵庭の農家さんに教えてもらい辻野商店に基地局をセットする準備をしました。


農家さんご存知、GPSを使いタブレットにトラクターの走行進路を示す画像を表示することができます。

この取り組み、安価なGPSシステムを模索する実験でもあります。

今後、二台のトラクターに受信機をセットして順調に稼働するかどうか確かめる事になります。
仮にアンテナをセットして基地局と受信機がつながることを確認。


その後、受信機に辻野商店に固有なプログラムを受信機側のマイコンにセットする準備。


アンテナセット、受信機のトラクターへのセットなどまだする事はありますが、早く試験運転にたどり着きたいところです。

辻野商店は肥料屋であり米、豆、麦の集荷業者です。
しかし「農家さんと苦楽を共にする」と言う経営理念をかかげており、その実現手段として今後、農業のスマート化は欠かせません。

かなり寄り道的アプローチですが、今後もスマート農業に関する知識を蓄積したいと思います。

今年の4月1日

4月1日から辻野グループは8時はじまり。
1月から3月は9時始まり。

年度はじめの朝礼で各社の昨年度の振り返りと細かめな今年の方針を話しました。

新年度をピリッとした緊張感で迎えるお花を玄関に飾っていただきました。


日中、合間見て4月1日から道の駅で勤務する人を激励に行きました。


そして朝は我が家にリス🐿が訪問。


コロナ禍の中、新年度が始まりました。

試作は続く

先日はつじの蔵でスウィーツの製造依頼をしている夢工房さんから試作が届きました。

パイ↓


おからクッキー?↓


チョコマドレーヌ↓


おからクッキーとチョコマドレーヌに絞って更に試作をお願いする事になりました。

大豆押しのつじの蔵。
試作は続きます。

エアコン工事終了

昨年、社員アンケートを実施しました。
会社に対して何か要望がないか?と言う内容です。

何人かが夏、事務所内が暑すぎて仕事がはかどらないと書いたので思い切ってエアコンをつける事にしました。


私も事務所が暑いと思ってましたが、快適な職場環境は社員みんなに関係ある事だし仕事も進むと期待してます。


それにしても大掛かりな工事となりました。

家仕事

土日は家仕事に時間を費やしました。

(コロナの)こういう時に家仕事は向いてます。
家仕事のほとんどは外壁のペンキ塗り。


素人ペンキでもそれなりに綺麗になります。
一斗缶使い切りました。


その他、古くなった物干しパイプやブランコを切ったり、ブランコを切った端材でテーブルや椅子を作りました。


雪が溶けてきたので次回は柵の手直しなどをしようかと思います。

リニューアルされたこんもりホール


大工さんが空いてきたので失業対策としてこんもりホールの断熱改修工事をしました。

卓球台が置いてあるのでちょっと違和感がありますが、展覧会などに良いかも知れません。

すごく良くなったのがこの小部屋。


もともとは物置として使ってましたが、物置じゃもったいない部屋になりました。

当別に新しい店がまたできた。

昨日は今日からオープンする「はっぴー」さんで送別会。
この人、社長の「たつ」君↓


場所はジェイボックスさんの2階です。業態は洋風居酒屋さんってところですかね。


カラオケボックスも二部屋あります。




その他に小上がりチックな個室があります。


昨日食べたメニューの中で印象的だったのは油そばと卵かけご飯。
何人かでシェアして食べたのですが、リーズナブルな選択肢だと思いました。

社長も店長も30 才ちょっとでチャレンジャーな奴らだなと思いました。
みんな元気よかったですよ。

ちなみに二次会は一階の串カツ「もとじ」へ。


さて最近、当別では新しい店のオープンが続いてます。

コロナもそうだし、そもそもお客さんの流れが思い通りでなかったり、人のやりくりが難しかったりと、お店の経営はそう簡単ではないはず。

しかし挑戦する気風や、落ち込みから這い上がる粘りは町の財産となるはず、そうしないとならないのだと思うのです。

楽しい設計作業

辻野建設工業は注文住宅を建ててます。

こだわりの多い人が多いので、結構な時間かけて設計作業をします。

でもこの作業が面白いのです。

エスキスと言う言葉があります。
もともと美術用語で、下絵と言う意味だそうですが、私たちはこれを設計段階のスケッチと言う意味で使います。

これは今進めてる設計の何段階か前のエスキスです↓。


エスキスは手書きです。
この住宅は回れる導線や広いデッキが特徴的です。

見積で予算が合わなかったらまた設計をしなおしたりします。
うまく予算と合えば良いのですが。

別な住宅の確認申請の図面(一部)↓。
こちらの家は既に着工してます。




こちらはCADで描いてます。

私たちはナチュラルな家を建てたいので、お客様と打ち合わせしながら、ゼロからそんな家を設計していきます。
今まで何軒も家を建ててるので設計をやってていい家だなとわかります。

そしてできるのが楽しみになります。
そう言った楽しみがあってやりがいのある仕事が設計だと思ってます。

小麦増収勉強会

昨日は辻野商店の社内勉強会。

テーマは小麦の増収方法。

講師は石狩農業改良普及センターの職員さんでした。


今年の正月に読んだ小麦1トンどりの本に感化され、勉強会をやりたいと会議で言ったらまずは社内勉強会をしようと言う事になり昨日、実現しました。

土壌診断や施肥の量やタイミング、地下潅水、なまぐさ黒穂病対策のその後について学びました。

当社の営業マンはプロではありますが、情報や基本知識は都度変わる事もあり、昨日の勉強会でも学ぶ事はあった様です。

行われなかったイベントの本

中止された第7回春待つ北のひな飾りの本が届きました。

準備は終わってたので、各店舗の写真を撮ってくれた人が製本を手配してくれました。

行われなかったイベントが本として残ると言うのも感慨深いものがあります。

昨日はそのまま残っているメイン会場に知り合いを案内し、つるし雛をつけたままこの空き店舗を借りてくれる人がいないか相談しました。


そういう人がいてくれればありがたいのですが。

森林サービス産業の活性化

「森林サービス産業の活性化」

ほぅ!と思って写真を撮った記事。


当別には道民の森があります。

以前、道民の森を管理する道の森林部局の方と道民の森の観光活用について話した時にあまり乗り気でないようでした。

道民の森の設置理由はあくまでも森林学習であって観光ではない、と言う立場のようでした。

「林業」でも「観光」でも「教育」でもその境界がどこまでなのかと言う事に捉われる必要はないような気がします。

この記事を見ると国は森林をより多面的に活用したがってるのかなと思いました。

穏やかな週末

本当だったら家族でモロッコに行ってた昨日の日曜日。

家のガラス磨きと車庫と自転車小屋の掃除をしました。
掃除にはいい日でした。


この調子だったら次の週末は庭の片付けとなりそうです。

久しぶりニトリ

昨日は久しぶりにニトリで買い物。

コロナとは言え、やっぱりこの時期のニトリは流行ってました。

随分と商品のデザインが洗練されたなと感じました。

照明器具なんかはお安いしデザインもあかぬけ、種類も多かったです。


ただ、照明デザインに関して言えば若干、わたしの好みに合うものはありませんでした。
私の好みはこんな感じ↓


建築と家具は領域が近いので将来お客さんからニトリのキッチンやカップボード、カーテンをご指名で依頼される事もあるかも知れません。

お風呂のリフォーム

わたしん家、築20年。

お風呂の壁が腐ってきたので板を張り替える事に。
ビフォー↓


アフター↓


すぐに飴色になるんでしょうが、メッチャ、キレイになりました。

事業承継税制と圧縮記帳

3月は辻野グループ各社の決算期。

いろいろと考える事、振り返る事があります。

今年は(株)辻野商店で事業承継税制の手続きをしました。
中小企業の株価が高くなってしまい後継者が相続時に困ることがあります。

事業承継税制では事業承継に関する税金の納税猶予や免税の措置の適用を受けることができます。

一定の条件をクリアする事、予定通りに行かなかったらかえって税金を多く払うことになるかもしれないなどハードルやデメリットもありますが、辻野商店では採用することにしました。



やって良かったのか悪かったのかは後になってから評価されると思います。
国のやることはたまに梯子を外しますから要注意ではあります。

次に当別熱源は圧縮記帳をします。

圧縮記帳を検索すると・・・有形固定資産の取得に際して収益(補助金等)が発生した場合、その取得価額を減額(圧縮)することにより圧縮損を計上し、収益金額と圧縮損とを相殺してその年度の税負担を軽減する効果をもたせるものです・・・となります。


当別熱源では今年非常用発電機を2台、補助金を100%使って導入しました。
2つで500万円。

ところが今期はなかなか業績が厳しくて本来ならこの500万円を何年かで減価償却したかったのですが、この圧縮記帳制度により満額償却しなくてはいけないみたい(正確な表現ではありません)。

上記のようなケースはしょっちゅう起きる事例ではありませんが、そもそも経営って同じ事の繰り返しじゃありませんからその都度、社員や会計士さんなど外部支援者と相談しながら判断していくことになります。

すごい人達(農家)

昨日は恵庭の農家さんを訪問。
GPSガイダンスシステムを自作してました。


安いシステムがあるに越したことは無いのですが、海外などからパーツを輸入し組み立て、多少の文字をプログラムに書き込み、衛星サービスを使い2、3センチ程度の精度でトラクターの位置画面を写す、そんな事を自分でやってみようとするチャレンジ精神に脱帽しました。


「ハンダゴテあれば誰でもできるよ。俺だって素人だから」と簡単に言うんですが、それぞれのパーツの役割や仕組みを聞くと理解不能な内容も多々ありました。

しかし。

やってみたいと思います。


プロフィール

Shacho

  • Author:Shacho
  • プロフィール
    氏名:辻野 浩
    辻野建設工業(株)他関連会社4社 代表取締役
    生年月日:昭和36年10月29日
    連絡先:0133-23-2408(会社代表)
    住所(会社):北海道石狩郡当別町末広380番地
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索